新型セレナe-POWERの加速力インプレ【運転していてパワー不足は感じる?】

2018年3月、エンジンは発電のみで使用し、100%モーター駆動をするハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

先日、新型e-POWER(eパワー)を試乗してきたのですが、試乗前にしっかりと確認をしてきたいと思っていた事の一つが、パワー&加速力です。

この新型e-POWER(eパワー)では、は、ノートe-POWERに採用されているのと全く同じ1.2リットルの直列3気筒エンジンが搭載されています。エンジンは発電専用とはいえ、車体重量が重たいミニンバンを動かすのに十分なのかと言う疑問が…。

>>> 乗り心地はガソリン車と全然違う!?新型セレナe-POWERの試乗インプレッション

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の加速力・パワーは、どうだったのでしょうか?また、試乗をしていて、加速力やパワー不足を感じるシーンは、あったのでしょうか?

先日、この新型e-POWER(eパワー)を試乗した際、加速力やパワーを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの加速力レビュー【試乗でパワー不足は感じた?】

今回私が試乗をされて貰ったモデルは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の中で一番人気が高いハイウェイスターのVグレードです。

■新型セレナe-PWOERのハイウェイスターV

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、”ノーマルモード”・”Sモード”・”エコモード”の3つのドライブモードを用意していますが、まず初めは、一番オーソドックスな乗り心地を楽しめる”ノーマルモード”を選択して、試乗をスタート。

専用のデザインになっている電子式のシフトレバーを”D(ドライブ)”に入れて、アクセルペダルを踏みこむと、ス~~ッと滑らかに、そして、チカラ強く加速を開始。

そして、そのままアクセルを踏みこむと、まるで新幹線のようにシルキー&スムーズにスーっと自分が期待をするスピードまで加速をしていってくれます。

スタート直後からいきなり最大のトルクが出せるモーターならではのトルクフルな加速力と角の無いシルキー&スムーズな滑らかさは、ハイブリッド車と言うよりも電気自動車(EV車)に近い感じがしました。

もっさり感の無い発進も魅力の一つ

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗していて良いと思ったのは、アクセルを踏みこんだ時のレスポンスの良さです。

車体重量があるミニバンの欠点・デメリットの一つは、発進時の出足の悪さ(所謂もっさり感)です。そして、以前、発進時にモーターがエンジンをアシストする新型セレナのマイルドハイブリッド車を試乗した際もこのもっさり感が気になっていました。

しかし、今回新発売されたこの新型e-POWERでは、このデメリットを解消。

アクセルペダルを踏み込んだ瞬間に、タイムラグを感じる事なくス~っと前に動き出していってくれるので、とっても快適でした。

そんな新型e-POWER(eパワー)の試乗をしていて、レスポンスの良さを特に実感したのは、交差点を右折した時です。

新型セレナ(SERENA)のマイルドハイブリッド車で右折をする場合、アクセルセルを一気に踏み込みこんで、ようやく期待する加速が得られる感じでした。しかし、この新型e-POWERの場合は、軽くスッと踏み込むだけで、十分な加速力が…。

アクセルを踏みこんだ瞬間にレスポンス良く動き始めてくれるので、マイルドハイブリッド車よりもストレスなく、また、ゆとりを持って右折ができるのは、この新型e-POWER(eパワー)の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、同じe-POWERを搭載している日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”や電気自動車”新型リーフ”のようにアクセルを踏みこんだ瞬間にグググっと前に飛び出すような加速力はありません。

>>> ガソリン車では味わえない加速にビックリ!新型リーフの試乗の感想

ただ、車体重量が重たいミニバンとしては、十分すぎる程のパワーと加速力を備えているように感じました。

新型e-POWERの高速域での加速力は、どうだった?

一方、高速道路での追い越し加速など、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の高速域での加速力や走破性は、どうだったのでしょうか?

モーター駆動の欠点・デメリットの一つは高速域での加速力やパワーと言われていますが、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、高速域での加速力も全く不満の無いレベルに…。

私は高速道路を試乗した際、何度か合流や追い越し/追い抜きをしたのですが、全くパワー不足を感じませんでした。むしろアクセルを踏みこんだ時のレスポンスが良いため、新型セレナのガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも追い越しがしやすい感じが…。

高速道路を試乗している際、隣に座っているディーラーさんに「高速域での加速は、e-POWERの欠点と言われているので、高速道路での追い抜きのパワー不足を心配していたのですが、思ったよりも良いですね。」と、話したところ、

「この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、高速道路で追い越しをする時など、アクセルの踏みこみが多い場合、エンジンで発電をした電力(84馬力)に加え、回生エネルギーを貯めた走行用バッテリーからの電力(52馬力)も上乗せして走行します。

多くの方がこのような心配をされるのですが、実際に試していただいた通り、高速道路での合流や追い越しの時でも、パワー不足を感じる事は無いと思います。」

と、ディーラーさんに教えて貰いました。

正直に言って、アクセルを深く踏みこんだ時の加速力は、エンジンとモーターの両方からエネルギーを供給するホンダの人気ミニバン”新型ステップワゴン ハイブリッド”の方が、加速力やパワーがあると思います。

ただ、”新型ステップワゴン ハイブリッド”の場合、エンジンを直接繋いで加速した時のエンジン音が大きくて、ちょっと”うるさい”のが、欠点です。

個人的には、エンジン音が大きくて騒々しい新型ステップワゴン ハイブリッドよりも、多少加速力は落ちても静かな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が、深い感が少なて良いと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の加速力、パワーを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型e-POWERは、アクセルを踏み込んだ時のレスポンスが良く、車体重量が思いミニバンとは思えない程の加速力が…。

この新型e-POWER(eパワー)は、搭載しているエンジンを発電用にしており、モーターのチカラで車両を動かすため、一般的なガソリン車やハイブリッド車とは異なるシルキー&スムーズな加速感になっているのも印象的でした。

以前、このクルマを試乗した際、ディーラーさんが、「マイルドハイブリッド車からこの新型e-POWER(eパワー)に乗り換えたお客さんもたくさんいます。」と仰っていました。

しかし、実際にもっさり感のない加速感や電気自動車のようなスムーズな乗り心地を味わってしまうと、「乗り換えてでもe-POWERが欲しい。」と、思うお客さんがいるのも納得できるなと、思いました。

もし、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が気になるのなら、ぜひ一度試乗をしてみてください。今まで乗っていたガソリン車やハイブリッド車と異なる未来感のある乗り心地や加速感を味わえると思いますよ。

>>> 乗り心地は良かった?新型セレナe-POWERの注目の機能”Sモード”の試乗インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする