新型セレナe-POWERのマルチインフォメーションディスプレイ【専用のメニューに注目】

今までストロングハイブリッド車を用意していなかった新型セレナですが、待望のハイブリッドモデル新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、内装や外装に様々な専用装備や機能を備えていましたが、メーターのデザインにも違いが…。この新型e-POWERのメーターは、ブルーが基調になっており、他のモデルよりもスタイリッシュな雰囲気になっていました。

>>> 新型セレナe-POWERのメーター画像レビュー【視認性&デザインを徹底解剖】

また、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、マルチインフォメーションディスプレイも、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる専用デザインになっていました。

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のマルチインフォメーションディスプレイは、どのようなメニューや表示項目を用意していたのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)のマルチインフォメーションディスプレイはどのような情報を表示してくれるのか確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのマルチインフォメーションディスプレイの使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのメーター

このメーターの左側に用意されているディスプレイが、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイです。
(ちなみに、このマルチインフォメーションディスプレイの正式名称は、アドバンスドドライブアシストディスプレイです。)

■新型セレナe-POWERのマルチインフォメーションディスプレイ

この新型e-POWERに用意されいるマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは7インチ。画面サイズが大きいため、運転中の視認性も良いです。また、何よりこの新型e-POWER(eパワー)のディスプレイは、画面が鮮明なのが、好印象でした。

マルチインフォメーションディスプレイには、どんなメニューが用意されているの?

このようなデザインになっている日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のマルチインフォメーションディスプレイですが、どのようなメニューや項目を用意しているのでしょうか?

この新型e-POWERに用意されているマルチインフォメーションディスプレイのメニューや表示項目を確認してきたので、紹介したいと思います。

ちなみに、この新型e-POWER(eパワー)では、ハンドルの左側に用意されているステアリングスイッチでマルチインフォメーションディスプレイのメニュー(表示項目)を変更する事ができますよ。

■マルチインフォを切り替えるステアリングスイッチ

メニュー1:現在の出力や回生状況を表示するパワーメーター

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用デザインになっている表示項目の一つが、エネルギーの出力や回生状況を表示してくれるパワーメーターです。

■新型e-POWERのパワーメーター

11時くらいの位置に白いラインがありますが、一定のスピードで走行している時や加速をしている時などエネルギーを出力している時は、この白いラインよりも右側にゲージが増えていきます。

一方、減速した際などエネルギーを回収・回生している時は、白いラインよりも左側にゲージが増えていきます。

このように現在の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の出力&回生状況を直感的に分かるようになっているのは、とても良いと思いました。

ちなみに、このパワーメーターの中央に表示されている数値は、航続可能距離を表しています。長距離ドライブをする際に気になる航続可能距離を大きく表示してくれるのも、とても良いと思いました。

メニュー2:エネルギーの流れを表示するエネルギーモニター

エンジン、バッテリー、モーターのエネルギーの流れやバッテリー残量などハイブリッドシステムの状況をグラフィック形式で表示してくれるのが、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用の表示項目になっている”エネルギーモニター”です。

■エネルギーモニター

アイドリング中など、エネルギーの流れが無いときはこのように何も表示されないのですが、エネルギーの流れがあると、矢印で流れを表してくれます。

例えば、エンジンを駆動して、発電をしている時は、このようにクルマの前方に描かれているエンジン部分からバッテリーの方向へ矢印が流れます。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、静寂性が良いので、いつエンジンが駆動しているのかわかりずらいです。ただ、このエネルギーモニターを使用すれば、いつエンジンが駆動しているのか直感的に把握するのが、とても良いと思いまいs田。。

メニュー3:EV走行をした距離を表示するEVオドメーター

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているEVオドメーターも、注目の表示項目の一つです。

■EVオドメーター

この新型e-POWERに用意されているEVオドメーターは、通常の走行距離ではなく、マナーモード走行など燃料を消費せずに走った距離のみを計測して表示してくれる項目です。

どれだけエコな運転をしているのかを把握するのに、重宝するのかなと思いました。

メニュー4:エコな運転をしているのか分かる燃費情報画面

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のマルチインフォメーションディスプレイでは、燃費情報(平均燃費&瞬間平均燃費)を表示してくれる画面を用意しています。

■燃費情報画面

上に表示されている数値は、リセットしてから現在までの平均燃費、そして、下に用意されている横バーは、瞬間燃費を表しています。

ちなみに、今回の試乗では急加速などを試したこともあり、実燃費(平均燃費)は15.7km/Lと若干低め…。

ただ、ディーラーさんの話によると、普通に運転をすると、実燃費は18km/L~20km/Lくらいに落ち着くようですよ。

メニュー4:回生量も表示してくれる燃費充電履歴

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、今までの平均燃費と回生ブレーキによって充電された電力量の履歴を表示してくれる”燃費充電履歴”画面を用意しています。

■燃費充電履歴

上向きのグラフが平均燃費、そして、下向きのグラフが充電された電力量の履歴になっています。

このグラフを見る限り、ちょっと回生量が少なすぎるような…。

ただ、今までどのくらいの平均燃費で走行していたのか、また、回生力はどこくらいだったのか一目で確認できるのは、とても便利だなと思いました。

メニュー5:プロパイロット画面

プロパイロット画面は、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能の一つ同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”の動作状況を表示してくれます。

■プロパイロット画面

ハンドル・ステアリングホイールの右側にあるプロパイロットスイッチを押すと、このプロパイロット画面がマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

また、実際にプロパイロット機能が作動し、ハンドル支援が開始されると、このようにホワイトからグリーンに変化をします。

このようにマルチインフォメーションディスプレイの画面で作動状況が一目で確認できるのは、とても良いと思いました。

その他のマルチインフォメーションディスプレイの画面

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のマルチインフォメーションディスプレイでは、次のような表示項目も用意していました。

■走行支援システムの状態を確認できるセーフティ・シールド

■平均燃費など走行情報を表示するドライブコンピューター

■エンジン冷却水の温度を表示してくれる水温計

また、この新型e-POWERでは、パワースイッチをオフにすると、エコな運転ができたかどうかを★(星)の数で評価をしてくれる”エコドライブレポート”も用意しています。

■エコドライブレポート

このようなエコドライブレポートを表示するクルマは増えてきましたが、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、過去のデータと見比べる事ができるようになっているのが、とても良いと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されていたマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、このようになっていました。

この新型e-POWERのマルチインフォには、パワーメーターやエネルギーモニターなど、専用の表示項目を用意しており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なるデザインに…。

ただ、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも情報量が多く、デザイン性にも優れているこの新型e-POWERの方が良いように感じました。

>>> 新型セレナのマルチインフォメーション比較【e-POWERとガソリン車の違いは何?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする