新型セレナe-POWERの荷室サイズを確認【競合車よりも広くて使いやすい!?】

2018年3月、電気自動車のような乗り心地が楽しめるe-POWERの第2弾として新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの注目ポイントの一つが、テールゲートの上半分のみを開閉する事ができる荷室”デュアルバックドア”です。私も実際に確かめてみたのですが、後方への張り出しが少なく、手軽に開け閉めできるのが好印象でした。

>>> 新型セレナのデュアルバックドアは便利!?【競合車には無いメリットとは?】

このように使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースですが、広さはどうだったのでしょうか?競合車・ライバル車よりも広くて、使い勝手は良かったのでしょうか?

先日、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの荷室サイズを徹底チェック

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは荷室アレンジのバリエーションの多さなのですが、アレンジによって、荷室サイズが大きく変わります。

>>> 【関連記事】使い勝手は良い?新型セレナe-POWERの荷室アレンジ画像インプレ

今回新発売された新型モデルは、3列目シートの使用状況、2列目シートのシート位置によって、荷室の広さが大きく異なるのですが、

・3列目シート使用時
・3列目シート収納時
・3列目&2列目シート収納時

に分けて、荷室サイズを紹介したいと思います。

その1:3列目シート使用時の荷室サイズ

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースの様子です。

■新型セレナe-POWERの荷室:3列目シート最後端

■新型セレナe-POWERの荷室:3列目シート最前端

今回新発売された新型モデルは、ミドルクラスのミニバンの中で唯一3列目シートのスライド機能を採用。乗車人数や荷物の大きさによって、3列目シートの位置を調整できるようになっているのが好印象でした。

この時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナの3列目シート使用時の荷室サイズ
荷室長:約 500mm ~ 約620mm
荷室幅:約 930mm
荷室高:約1,220mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

3列目使用時の荷室の奥行きは、競合車よりも広い

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート使用時の荷室サイズはこのようになっていましたが、実は競合車のホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノアよりも若干広め…。

■新型ステップワゴン&ヴォクシーの荷室サイズ
・ホンダ新型ステップワゴン
荷室長:約 460mm
荷室幅:約 985mm
荷室高:約1,335mm
・トヨタ新型ヴォクシー
荷室長:約 470mm
荷室幅:約 980mm
荷室高:約1,245mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

荷室高や荷室幅は、競合車・ライバル車の方が一回り大きくなっているのですが、荷室の奥行きに関しては、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が一回り大きいサイズになっているのが好印象でした。

また、何よりこの新型モデルの3列目シートは、前後にスライドでき、荷室の奥行きを調整できるのが良いと思いました。

個人的には、3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車・ライバル車よりも新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が使い勝手は、良いのかなと思いました。

その2:3列目シート収納時の荷室サイズ

今回新発売された新型モデルの3列目シートを収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型セレナe-POWERの荷室:3列目シート収納時

この時の荷室・ラゲッジスペースの広さ(サイズ)を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナの3列目シート使用時の荷室サイズ
荷室長:約1,200mm
荷室幅:約 750mm
荷室高:約1,220mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

3列目シート収納時の使い勝手は、一番悪い!?

今回新発売された新型モデルの3列目シートの収納は、左右に跳ね上げる方式を採用しているのですが、シートの張り出しが大きめ…。

そのため、3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの横幅は、同じ跳ね上げ式を採用している新型ヴォクシー(VOXY)よりも狭くなっています。

■新型ステップワゴン&ヴォクシーの荷室サイズ
・ホンダ新型ステップワゴン
荷室長:約1,180mm
荷室幅:約 985mm
荷室高:約1,245mm
・トヨタ新型ヴォクシー
荷室長:約1,200mm
荷室幅:約 980mm
荷室高:約1,245mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは収納位置が低く、シートを収納した状態でも、斜め後方の視界がしっかりと確保されているのは、このクルマの魅力の一つです。

ただ、純粋に荷室・ラゲッジスペースの使い勝手だけを考えると、競合車・ライバル車よりも新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が使い勝手は、悪いのかなと感じてしまいました。

その3:3列目&2列目シート収納時の荷室サイズ

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目と2列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このような感じになっています。

■新型セレナe-POWERの荷室:3列目&2列目シート収納時

今回新発売されたこのe-POWERは、2列目に独立キャプテンシートを採用しているのですが、シートの収納は非常にシンプルな仕組みで、前方へスライドするのみ。

この時の新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナの3列目シート使用時の荷室サイズ
荷室長:約1,200mm
荷室幅:約 750mm
荷室高:約1,220mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

3列目&2列目シートを収納した時の荷室の奥行きは問題ないけど…

ちなみに、3列目シート&2列目シートを収納した時の競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■新型ステップワゴン&ヴォクシーの荷室サイズ
・ホンダ新型ステップワゴン
荷室長:約1,180mm
荷室幅:約 985mm
荷室高:約1,245mm
・トヨタ新型ヴォクシー
荷室長:約1,200mm
荷室幅:約 980mm
荷室高:約1,245mm
※荷室幅は最小部分で計測をしています。

2列目シートを一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と競合車・ライバル車でそれ程大きく変わりません。

また、この新型モデルの2列目シートを一番前までスライドすれば、自転車もラクに積み込めるサイズを確保しているのも、とても良いと思います。

ただ、競合車の荷室・ラゲッジスペースを見比べてみると、収納した3列目シートの張り出しが大きい新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が、競合車・ライバル車よりも狭いように感じてしまいました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室サイズは、このようになっていました。

また、ホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシーの荷室サイズと比較してみると、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車と比較しても、勝るとも劣らない荷室サイズを確保しています。

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を実際に見て気になったのは、3列目シートを収納した時の横幅の狭さです。荷室・ラゲッジスペースの容量・使い勝手は、競合車・ライバル車よりも劣る感じが…。

荷室・ラゲッジスペースを頻繁に使う方は、この新型モデルを試乗する際、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手をしっかりと確認した方が良いかもしれませんね。

>>> 新型セレナe-POWERの床下収納レビュー【サイズ&使い勝手を徹底チェック】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする