新型セレナe-POWERの人気オプションとは?【ディーラーに聞いてきた】

2018年3月、100%モーター駆動をするハイブリッド車e-POWERの第二弾として、日産セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が登場しました。

今回新発売された新型e-POWERは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と比較すると、ちょっと高めの価格設定に…。ただ、静寂性やワンペダル走行の乗り心地の良さなどの機能の事を考えると、この価格差を払う価値は十分にあるように感じました。

>>> 乗り心地は良かった?新型セレナe-POWERのSモードの試乗インプレ

先日、そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の見積もりを貰って来たのですが、カラーやグレード選び以上に悩んだのが、オプション選びです。

今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)は、競合車・ライバル車と比較して、後付けできないメーカーオプションが特に多くなっているので…。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、どのようなオプションが用意されているのでしょうか?また、多くのお客さんが注文する人気のオプションは、何なのでしょうか?

この新型e-POWER(eパワー)の見積もりを貰った際、ディーラーさんおススメのオプションを教えて貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの人気オプションは何?ディーラーに確認してみた

見積もりを貰う際、いつもお世話になっているディーラーさんに確認したところ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、このようなオプションの人気が高くなっているそうです。

■人気が高い新型セレナe-POWERのメーカーオプション
●寒冷地仕様/セットオプション
オプション価格:83,160円
・オートデュアルエアコン
・前席クイックコンフォートヒーター付シート
・本革巻3本スポークステアリング
・ステアリングヒーター
・寒冷地仕様(ヒーターダクト<サード足元>、高濃度不凍液、ヒーター付ドアミラー)
●プレミアムインテリア
オプション価格:54,000円
セーフティパックA
オプション価格:113,400円
セーフティパックB
オプション価格:243,000円

>>> 新型セレナe-POWERのセーフティパックAとBの違いに関しては、コチラから

■人気が高い新型セレナe-POWERのディーラーオプション
●ナビレコツインモニターパック+ETC2.0
オプション価格:422,259円
・日産オリジナルナビゲーションMM517D-L
・後席専用モニター
・ドライブレコーダー
・ETC2.0車載器
●ベーシックパック
オプション価格:99,360円
・プラスチックバイザー
・ナンバープレートリムセット+ナンバープレートロック
・フロアカーペット
●スペシャルLEDパック
オプション価格:89,299円
・LEDフォグランプ
・グリルイルミネーション

このようなオプションの人気が高くなっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、「どのオプションが特におススメですか?」と確認したところ、次の2つを紹介して頂きました。

ディーラーさんおススメのオプション1:セーフティパックB

ディーラーさんおススメのオプションの一つが、ふらつき警告(インテリジェントDA)やアラウンドビューモニターなどの安全装備システムがセットになったメーカーオプションの”セーフティパック”です。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に標準装備されている主な安全装備は自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)のみ。標準装備されている安全装備だけでは、少し心もとないとの事。

なので、事故の予防や被害の軽減の事を考えると、安全面を強化できるセーフティパックは、絶対に押さえておきたいおススメのオプションのようですよ。

セーフティパックAよりもBをおススメする理由は?

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、セーフティパックAとセーフティパックBの2種類を用意していますが、ディーラーさんのおススメは、セーフティパックBの方のようです。

その理由は、セーフティパックBのみに用意されている機能とその価格差です。

今回新発売された新型e-POWERに用意されているセーフティパックAとBを比較すると、次のような違いがあります。

■セーフティパックBのみに用意されている機能
・同一車線自動運転技術のプロパイロット機能
・インテリジェントルームミラー
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・電動パーキングブレーキ

また、この2つのメーカーオプションの価格差を比較してみると、約13万円となっています。

この価格差で高速道路の運転をラクにしてくれるプロパイロット機能や後方の視界を確保してくれる”インテリジェントルームミラー”などを装着できるのなら、セーフティパックBの方を強くおススメするとの事でした。

>>> 新型セレナe-POWERのインテリジェントルームミラー【視認性&使い勝手インプレ】

ディーラーさんおススメのオプション2:ナビレコツインモニターパック

また、いつもお世話になっているディーラーさんが絶対に注文すると言った新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のオプションの一つが、ナビレコツインモニターパック+ETC2.0です。

このナビレコツインモニターパックは、後席モニターやETC車載器などがセットになってお得感があるのも理由の一つですが、ディーラーさんが強くおススメした理由の一つは、ナビ(MM517D-L)とアラウンドビューモニターの相性が関係しているようです。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、真上から見下ろすような視点でクルマや周囲の状況を確認できるアラウンドビューモニターがメーター部分にあるマルチインフォメーションディスプレイに表示されるような仕様になっていました。

■ガソリン車のアラウンドビューモニター

なので、ナビと車体本体の機能の連動性も低く、わざわざ価格の高い純正のナビを装着するメリットはそれ程無いと、ディーラーさん自身も感じていたそうです。

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、アラウンドビューモニターの映像をナビに表示させるように変更。そのおかげもあり、アラウンドビューモニターの視認性は格段に向上し、バックや駐車をする際、確認しやすくなったとの事。

■新型セレナe-POWERのアラウンドビューモニター

私もこの新型e-POWER(eパワー)を試乗した際、ナビに表示されたアラウンドビューモニターを確認する事ができたのですが、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と比較すると、視認性・使い勝手の良さは雲泥の差。

この新型e-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車では、バックのしやすさが全く違いました。また、アラウンドビューモニターが装着されるセーフティーパックを注文するのなら、このナビは絶対に必須な感じがしました。

>>> 新型セレナe-POWERのナビ”MM517D-L”の使い勝手など詳細はコチラから

ちなみに、このナビレコツインモニターパックのオプション価格だけを見てしまうと、ちょっと高く感じてしまいます。ただ、ナビや後席モニターなどを別々に購入する時よりも実は7万円近くもお得になっているそうです。

このお得感も、ディーラーさんがナビレコツインモニターパックをおススメする理由の一つのようですよ。

先日、新型セレナe-POWERの試乗に行った際、ディーラーさんに人気のオプションを確認してみたところ、このようになっていました。また、おススメのオプションを確認してみたところ、”セーフティパックB”と”ナビレコツインモニターパック”の2つを紹介して頂きました。

ディーラーさんにお話を聞いたところ、この2つのプションの装着率はかなり高く、お客さんからの人気もかなり高いようです。また、もし私がこのクルマを購入するのなら、この2つのオプションは絶対に装着するのかなと思いました。

ちなみに、実際にディーラーさんがおススメをしたオプションを装着した時の見積もりは、このようになります。

>>> 新型セレナe-POWERの見積もり【ハイウェイスターvsノーマル車の価格差は?】

ちょっと高めになってしまいますが、この新型e-POWERの良さを十分に満喫するには、このくらいの乗り出し価格になってしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする