乗り心地はガソリン車と全然違う!?新型セレナe-POWERの試乗インプレッション

2018年3月、電気自動車のような走りが楽しめるe-POWERの第2弾として、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、もっさり感のない走りだしや静寂性の高さなど様々な魅力がありますが、乗り心地の良さも注目ポイントの一つです。

先日、この新型e-POWER(eパワー)を試乗してきたのですが、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なる乗り心地になっていたのが印象的でした。

>>> ノートよりエンジン音は静か!?新型セレナe-POWERの静寂性レビュー

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の乗り心地は、どのような感じだったのでしょうか?また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の乗り心地と、どのような違いがあったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)を試乗した際、乗り心地も確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの乗り心地レビュー:試乗して分かったガソリン車との違いとは?

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、ノーマルモデルと上位モデルのハイウェイスター(Highway Star)それぞれ2つのグレードを用意していますが、今回私が試乗させて頂いたのは、一番人気の”ハイウェイスター XVグレード”です。

■新型セレナe-POWERのハイウェイスターVグレード

先日、この新型モデルを一般道と高速道路を合わせて約1時間ほど試乗させて貰ったのですが、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なり、”しっとり”&”しなやか”な乗り心地に…。

また、発進時から途切れなくスムーズに加速していく感じは、ハイブリッド車というよりも電気自動車に近い感じがの乗り心地になっていました。

ディーラーさんが仰っていた、「雲に乗っているかのような滑らかな乗り心地」と言うのは、ちょっと言い過ぎのような感じがしましたが、静寂性も含め、この滑らかな乗り心地は、この新型e-POWER(eパワー)の魅力の一つのように感じました。

新型セレナe-POWERの乗り心地で特に良いと思った事は…

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗していて、良いと思った事がありました。

それは、エンジンが作動する時のタイミングです。

今回新発売されたe-POWER(eパワー)では、エンジンはバッテリーを発電するために使用されているため、アクセルワークと同調させる必要はありません。

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWERでは、アクセル操作とエンジンが掛かるタイミングがよりリンクした制御に…。そのおかげもあり、この新型e-POWER(eパワー)は、運転をしていて、違和感を感じない乗り心地になっているように感じました。

ちなみに、初めてe-POWERが搭載された日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”は、アクセル操作とエンジンの駆動がほとんどリンクしていません。

減速している時に急にエンジンが掛かるなど、運転操作とエンジンの駆動のタイミングがバラバラで、これが運転のしにくさに繋がっているように感じました。

今回新発売された新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)は、ノートe-POWERの欠点・デメリットが解消され、違和感のない乗り心地になっていたのは、良い意味でビックリとしました。

e-POWERとガソリン車の乗り心地で特に違いを感じたのは…

このような乗り心地になっていた新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、ガソリン車/マイルドハイブリッド車を乗り比べをしてみて、特に違いを感じたのは、路面からの入力です。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車は、燃費優先のためかサスペンションが固めのセッティングになっていたためか、路面の細かな凹凸を拾う感じの乗り心地になっていました。

また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の場合、マンホールや高速道路の接続部分を乗り越えると、”ガツン”と下から大きな衝撃が伝わってきます。

しかし、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、当たりがマイルドになったため、キレイに舗装された路面を走行している時は、コツコツとした硬さや下からの突き上げは一切なし。

また、高速道路の接続部分を乗り越えた時の衝撃や突き上げ感も、”バフ バフ…”と衝撃がマイルドになっている感じが…。

この新型e-POWER(eパワー)は下からの突き上げ感や衝撃が少なく、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも万人受けする乗り心地になっているように感じました。

ちなみに、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハイウェイスターとガソリン車/マイルドハイブリッド車のハイウェイスターでは、タイヤのサイズに違いがあります。

■新型セレナe-POWER ハイウェイスターの標準装備タイヤ
タイヤサイズ:15インチ(195/65 R15)

■新型セレナ ハイウェイスターの標準装備タイヤ
タイヤサイズ:16インチ(195/60 R16)

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のハイウェイスターのタイヤは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のものよりもひと回り小さいデザインに…。

新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車では、サスペンションなどのセッティングを変更しているようですが、このタイヤサイズの違いの影響もかなり大きいのかなと感じました。

>>> 新型セレナe-POWERのタイヤ画像レビュー【サイズ&タイヤメーカは何だった?】

車体重量も重さも良い方向に作用している感じが…

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗をしていて意外と良いと思ったのが、走行安定性です。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも車体重量が最大で約80kmほど重くなった事もあり、よりドッシリとした安定感のある乗り心地になっている感じが…。

■新型セレナe-POWERとガソリン車の車体重量比較
・新型e-POWER
グレード:ハイウェイスターV
車体重量:1,760kg
・ガソリン車/マイルドハイブリッド車
グレード:ハイウェイスターG
車体重量:1,700kg

また、このように新型e-POWER(eパワー)は車体重量が増えたためか、カーブを曲がった時のタイヤの接地感も格段に良くなっている印象を持ちました。

相変わらずハンドルの軽さは少々気になったものの、カーブを曲がった時の安定性が良くなったのも、ガソリン車/マイルドハイブリッド車には無い新型e-POWER(eパワー)の良さだと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の乗り心地を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型e-POWERは、電気自動車のようなしっとりとした滑らかな乗り心地に…。ガソリン車/マイルドハイブリッド車を試乗した際に気になっていた突き上げ感やコツコツ感も解消され、よりファミリーカーらしい乗り心地になっているように感じました。

また、この新型e-POWER(eパワー)の乗り心地で、若干気になる部分もありましたが、競合車・ライバル車と比較しても、十分に満足できる乗り心地になっているように感じました。

>>> 新型セレナe-POWERのプロパイロットは一般道で使える?【試乗の感想】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする