前方の視界は良く、運転しやすかった?新型セレナe-POWERの試乗インプレ

2018年3月、モーター駆動の滑らかな乗り心地が特徴の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は比較的ボディサイズが大きいミドルクラスのミニバンと言う事で、やはり気になるのは、視界の良さや運転のしやすさです。

同一車線自動運転技術のプロパイロット機能やe-POWERならではのスムーズな走りなど、様々な魅力があるこの新型モデルですが、前方や斜め前の視界、見切りは、どうだったのでしょうか?運転をしていて、不便を感じるシーンはあったのでしょうか?

先日、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗した際、前方の視界や安全性、運転のしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの前方の視界性をチェック

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、ノーマル車と上位モデルの”ハイウェイスター”の2種類が用意されていますが、私が試乗をさせて貰ったのは、上位モデルの”ハイウェイスター”の方。

■新型セレナe-POWER ハイウェイスター

このようなデザインになっている新型e-POWER(eパワー)の運転席に乗りこんで、驚いた事の一つが、運転席からの視界の高さ(アイポイントの高さ)です。

この新型モデルのアイポイントの高さは約1,440mmとなっており、トヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ホンダの新型ステップワゴンなど競合車・ライバル車よりも運転席に座った時の視界が高い感じが…。

そのおかげで、前方の視界&見晴らしは、とても良いように感じました。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントウィンドウは、縦方向だけではなく、横にも広いデザインに…。運転席からの見晴らしが良いだけではなく、開放感のあるデザインになっているのも好印象でした。

ただ、前方の見切りはあまりよくないような感じが…

このようにアイポイントの高さが魅力の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、運転をしていて少し気になったのは、前方の見切りのしやすさです。

今回新発売された新型モデルは、フロントガラスは大きいのですが、ボンネットが長い事もあり、また、ダッシュボードの位置が長いためか、通常のドライブポジションでは、運転席からボンネットの半分少し先くらいまでしか確認する事ができません。

実際に運転席から前方を確認した時の視界は、このような感じ。

クルマのボンネット部分が全く見えませんよね。

なので、この新型モデルの車体感覚に慣れるまでは、細い路地の運転は、ちょっと怖いかもしれません。

また、今回新発売された新型e-POWERは、ダッシュボードの上に設置されている”オンダッシュメーター”を採用しているのですが、このメーターも前方の視界を少し妨げている感じが…。

■新型セレナe-POWERのオンダッシュメーター

試乗をした際、同行をしてくれたディーラーさんは、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、「前方の視界を確保するために、メーターバイザーの高さを10mm程度下げました。」と、説明をしてくれました。

ただ、同じオンダッシュメーターを採用しているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)と比較をすると、今回新発売された新型e-POWERの方がメーターが大きく、前方の見切りを少し妨げているように感じました。

■新型ステップワゴンのオンダッシュメーター

この前方の見切りの悪さは、この新型e-POWER(eパワー)を試乗していて、少し残念に感じました。

斜め前方の視界にも気なる点が…

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗していて、斜め前方の視界も欠点・デメリットの一つのような感じが…。

この新型e-POWER(eパワー)ですが、このように縦に長い三角窓(フロントクォーターガラス)をフロントガラス横に備えています。

■新型セレナe-POWERの三角窓

この縦に大ききいデザインになっているフロントクォーターガラスはとても良いと思ったのですが、運転をしていて気になったのが、三角窓を囲っているピラーの太さです。

この新型e-POWER(eパワー)に採用されているAピラーがちょっと太いため、新型ステップワゴンなど競合車・ライバル車と比較して、少し死角が多いような…。

ちなみに、ホンダから発売されている新型ステップワゴン(STEPWGN)の三角窓は、このようなデザインになっていました。

■新型ステップワゴンの三角窓

明らかに新型ステップワゴン(STEPWGN)の三角窓のフレームが小さいのが分かりますよね。

私がこの新型e-POWERを試乗をした時には、歩行者や自転車が完全に死角に隠れて、ヒヤッとした事はありませんでした。ただ、この新型モデルは、斜め前方の死角も少し多いため、歩行者が多い横断報道を右左折をする際は、少し注意をする必要があるのかなと思いました。

>>> 【試乗インプレ】新型ステップワゴンの視界【前方視界は良かったけど、後方は…】

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”の前方の視界や見切りを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、ミドルクラスのミニバンの中でも特にアイポイントが高いため、運転席からの見晴らしが良かったのは、好印象でした。

ただ、ボンネット(フロントオーバーハング)が長いため、また、オンダッシュメーターのサイズが意外と大きいため、前方の見切りは、それ程良いとは思いませんでした。また、試乗をしていて、斜め前方の視界を遮るAピーラーの太さも若干気になりました。

この新型e-POWER(eパワー)には、同一車線自動運転技術”プロパイロット”や電気自動車のような乗り心地を楽しめるなど、競合車・ライバル車に無い魅力があります。

ただ、運転のしやすさや視界の良さに関しては、競合車よりも若干劣る感じが…。

もしこれからこの新型e-POWER(eパワー)の試乗をする方は、このクルマの前方の視界や運転のしやすさを、しっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> どんな安全装備を用意している?新型セレナe-POWERの安全性を徹底チェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする