乗り心地は良かった?新型セレナe-POWERのSモードの試乗インプレ

2018年3月、ミドルクラスのミニバンの中でNo.1の低燃費を誇る日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、静寂性や乗り心地の良さなど様々な魅力がありますが、アクセルペダルの操作だけで、発進から停止まで行えるワンペダル走行も魅力の一つです。

>>> ノートよりエンジン音は静か!?新型セレナe-POWERの静寂性レビュー

先日、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗した際、ワンペダル走行を楽しめる”Sモード”で運転をしてみたのですが、使い方によっては、かなり便利な感じが…。

Sモードは、ノーマルモードとドライブフィールが全く異なるので、慣れが必要だと思いますが、使いこなせれば、運転の疲労度が全く違うように感じました。

そんな新型e-POWER(eパワー)に用意されているSモードの乗り心地は、どうだったのでしょうか?また、Sモードで走行した時の加速力や減速力は、どうだったのでしょうか?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載された注目のドライブモード”Sモード”で運転した時の乗り心地や走破性を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのSモードの試乗インプレッション

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載されているSモードとは、アクセルペダルの操作のみで発進から停車まですべてを行える機能の事です。

そんな新型e-POWER(eパワー)の走行モードをSモードにするためには、ハンドルの右側にあるドライブモードスイッチを押すだけ。

■新型セレナe-POWERのドライブモードスイッチ

このドライブモードスイッチを数回押し、Sモードを選択すると、メーターの左側に設置されているマルチインフォメーションディスプレイに”S MODE”と表示され、ワンペダル走行が開始されます。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているSモードの最大のメリットと言えば、アクセルとブレーキを踏み替える煩わしさから解放される事です。

ディーラーさんの話によると、Sモードで運転をすると、アクセルからブレーキに踏み替える回数が70%以上も減るとの事。

今回の試乗では、市街地を走行している時は、ワンペダル走行をできるSモードやエコモードを使って運転をしていたのですが、個人的には、アクセルとブレーキの踏み替える回数がもっと減った感じが…。

この新型e-POWER(eパワー)に用意されているSモードでは、アクセルペダルのみで発進から停車まですべて行え、ブレーキペダルに踏み替える必要がほとんどなくなるため、運転をした時の疲労度が全く違うように感じました。

新型セレナe-POWERのSモードの乗り心地はどうだった?

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードで運転をすると、ノーマルモデルと全く異なる乗り心地になっていました。

一般的なドライブフィーリングに近いノーマルモードとワンペダル走行ができるSモードを使用してみて、大きく違いを感じたのは、減速していく時のドライブフィーリングです。

ノーマルモードで走行中は、アクセルペダルから足を離しても、惰性でそのままのスピードで前に進んでいきます。

しかし、この新型e-POWER(eパワー)に搭載されているSモードを使用すると、アクセルペダルの踏みこみを緩めた瞬間に、まるでエンジンブレーキがかかったかのようにグググ~と減速をしていていき、そのまま停止します。

また、アクセルペダルの戻し方によってブレーキの回生力が変わりるのも、この新型e-POWER(eパワー)に搭載されているSモードの特徴の一つです。

例えば、パッとアクセルペダルから足を離すと、まるで強いエンジンブレーキがかかったかのように強いブレーキが作動します。一方、ゆっくりと足をアクセルペダルから戻すとと、徐々に減速していく弱いブレーキに…。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードを使用していると、いつも以上にアクセルペダルの戻し方に気を使わないといけませんが、ブレーキの強弱も調整できるのは、とても良いと思いました。

ただ、このSモードの減速を自由自在に操るためには、少し慣れが必要です。

ちなみに、私はこの新型モデルを試乗している際、赤信号で白線直前で停止を使用と思ったのですが、予想以上にSモードの減速力が強く、白線のかなり手前で停車してしまった事も…。

このようにノーマルモードとSモードでは、減速感が全く異なるため慣れないといけない部分はありますが、ブレーキのフィーリングに慣れれば、本当に便利な機能だと思いました。

ノートe-POWERのSモードよりも乗り心地が良くなった!?

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードを使用してビックリとしたのが、ノートe-POWER(NOTE e-POWER)よりも乗り心地が良くなった事です。

ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、アクセルペダルからパッと足を離すと前につんのめるくらい強い回生力が働ので、アクセルペダルから足を戻す際には注意が必要でした。

しかし、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、アクセルペダルからパッと足を戻した時の減速力(回生力)がマイルドになった感じが…。

試乗をしている最中に、ディーラーさんに、「この新型モデルでは、Sモードの回生力(減速力)がマイルドになりましたね。」と、聞いてみたところ、

ディーラーさんは、「今回のSモードは、ノートe-POWERと異なり、ミニバンらしいセッティングにしています。」と仰っていました。

この新型e-POWER(eパワー)のSモードは、ちょっとラフなアクセル操作をしてもカックンブレーキになりにくく、家族みんなが安心&快適に過ごせる乗り心地になっていたのは、好印象でした。

ちょっと残念だった新型セレナe-POWERのSモードの加速力

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードで運転をしていてちょっと残念だったのが、加速力です。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のSモードの加速力は、ノーマルモードと走行時と同等の加速力に…。

ちなみに、先だって発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、Sモードにすると、のノーマルモードよりもワンランク上の加速力に…。なので、アクセルを軽く踏み込んだだけで、レスポンス良く前に飛びだしていく感じの走破性になっていました。

■新型ノートe-POWER

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードの加速力は、ノートe-POWERよりも控えめな感じが…。

個人的には、今回新しく新発売された新型e-POWER(eパワー)のSモードでも、ノートe-POWER(eパワー)のような加速力&走りを楽しみにしていただけに、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能”Sモード”で走行してみたところ、このような乗り心地・走破性になっていました。

この新型e-POWERのSモードの加速力はノーマルモードと変わっていなかったのは少々残念でしたが、アクセルペダルの踏みこみを緩めた時の減速感はかなりユニーク。ノーマルモデルと全く異なる乗り心地を楽しむ事ができました。

また、アクセルペダルの踏み込みを緩めるだけで減速されるので、ノーマルモデルよりもメリハリの効いた運転を楽しむ事ができたのも好印象でした。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)に用意されているSモードの乗り心地は、ノーマルモードと全く異なります。もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、Sモードのワンペダル走行にもチャレンジをしてみてくださいね。

>>> 乗り心地は本当に良かった?新型セレナe-POWERのSモードの試乗インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする