日産 新型セレナe-POWERで車中泊はできる!?【広さ・居住性を徹底チェック】

2018年3月、フロントグリルに施されたブルーのアクセントラインが目を引く新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、遂にデビューをしました。

先日、この新型e-POWER(eパワー)を試乗させて貰ったのですが、意外と良いと思ったのが、シートアレンジのバリエーションの多さです。

2列目シートのデザインが異なるため、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とは若干シートアレンジの種類が異なりましたが、この新型e-POWERでも十分すぎる程のシートアレンジを用意しています。

>>> 新型セレナe-POWERの2列目レビュー【シートアレンジの種類を徹底チェック】

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の魅力の一つは車内の広さですが、家族みんなで車中泊をする事ができるのでしょうか?また、どのシートアレンジが車中泊をするのにピッタリなのでしょうか?

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)で車中泊をする事ができるのか、車内の広さや居住性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERで車中泊!シートアレンジを徹底チェック

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、車中泊をするのには、次のシートアレンジにするのが一番良いのかなと思いました。

・スーパーカーゴモード
・2-3列フラットシートモード

どちらのシートアレンジも車中泊をする上で十分な広さと快適さを備えていますが、実際に確認してみたところ、若干気になる部分も…。

そんな車中泊にピッタリのシートアレンジのメリットとデメリットを、包み隠さず紹介したいと思います。

車中泊にピッタリのシートアレンジ1:スーパーカーゴモード

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている”スーパーカーゴモード”とは、3列目シートを左右に跳ね上げ、2列目シートを一番前にスライドをするシートアレンジです。

実際にスーパーカーゴモードをしてみると、このような感じ…。

■新型セレナe-POWERのスーパーカーゴモード

“スーパーカーゴモード”にすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなりますよね。

この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約1,770mm。

身長が180cm以上ある大柄な男性では、横になった時に窮屈さを感じるかもしれませんが、私くらいの大きさ(身長175cm)なら、身体をかがめる事なく、横になれるサイズを確保しているのが好印象でした。

スーパーカーゴモードのメリット

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているシートアレンジ”スーパーカーゴモード”を実際に確認してみて、良いと思った事が一つが、車中泊のしやすさです。

このようにこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは段差がなく、フラットになっているので、このまま布団やマットレスを敷けば、車中泊ができちゃいます。また、寝袋を持っているのなら、もっと手軽に車中泊ができちゃいます。

この手軽さが、この”スーパーカーゴモード”の一番の魅力なのかなと思いました。

車中泊をするのがとっても簡単

また、シートアレンジのしやすさも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”スーパーカーゴモード”の魅力の一つです。

後ほど紹介をする”2-3列フラットシートモード”は、2列目と3列目シートのヘッドレストを取り外したりしないといけないので、意外と作業が多いんですよね。

しかし、この”スーパーカーゴモード”は、3列目シートを跳ね上げて、2列目シートを前方にスライドするだけなので、とっても簡単。慣れればほんの数分でこのシートアレンジにすることができちゃいます。

シートアレンジの煩わしさを感じる事なく、手軽に車中泊をしたいと言うのなら、”アレンジが簡単な”スーパーカーゴモード”は、ピッタリなのかなと思いました。

スーパーカーゴモードのデメリット・欠点

ただ、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている”スーパーカーゴモード”にもデメリット・欠点がありました。

まず私が気になったのは、サイズ。

先ほどもお話しましたが、この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,770mmとなっているので、身長が180cm以上ある大柄な男性が横になるには、若干狭いです。

荷物の置き場に困る可能性も…

また、”スーパーカーゴモード”は、荷物を置いて置けるスペースが若干少ない感じが…。

もしこの”スーパーカーゴモード”で車中泊をする場合、荷物を置くスペースは、フロアの下に用意されている床下収納(サブトランク)、もしくはフロントシート周りのみとなってしまいます。

■新型セレナe-POWERの床下収納

単身で車中泊をするのなら、十分に収納スペースも確保する事ができますが、家族みんなで車中泊をするには、少し収納スペースを工夫する必要があるのかなと思いました。

車中泊にピッタリのシートアレンジ2:2-3列フラットシートモード

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートと3列目シートのシートをくっつける”2-3列フラットシートモード”も、車中泊をするのにおススメのシートアレンジです。

実際にこの2-3列フラットシートモードのシートアレンジを試してみると、このような感じ。

■新型セレナe-POWERの2-3列フラットシートモード

この”2-3列フラットシートモード”は横になれるスペースも広く、車中泊をするのに、ピッタリなシートアレンジだと思います。

ただ、”スーパーカーゴモード”と同様にこの”2-3列フラットシートモード”もメリット&デメリットがありました。

2-3列フラットシートモードのメリット

この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意された”2-3列フラットシートモード”のシートアレンジで横になってみた良いと思ったのが、居住スペースのゆとりです。

荷室・ラゲッジスペースを最大限に広げた”スーパーカーゴモード”で、身長が175cmの私が横になると、スペースにほとんどゆとりがありませんでした。しかし、この”2-3列フラットシートモード”で横になると、頭上空間と足元空間にゆとりが…。

大柄な男性が車中泊をするのなら、”スーパーカーゴモード”よりも居住空間にゆとりがある”2-3列フラットシートモード”の方が良いのかなと思いました。

使い勝手の良さも魅力の一つ

また、車中泊をする際の収納スペースの多さも、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”2-3列フラットシートモード”の魅力の一つです。

例えば、”2-3列フラットシートモード”の場合、床下収納などだけではなく、元々2列目シートの足元空間(ニークリアランス)だった部分に荷物を置いておくことが可能です。

また、フルフラットにした2列目シートや3列目シートの背もたれの下の部分にも荷物を置いておけます。なので、この”2-3列フラットシートモード”の場合、荷物の置き場で困る心配は、それ程ないような…。

このように室内空間を有効活用できるのも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”2-3列フラットシートモード”の良さだと思いました。

2-3列フラットシートモードのメリットのデメリット・欠点

一方、新型e-POWER(eパワー)に用意されているこのシートアレンジ”2-3列フラットシートモード”にも、デメリット・欠点があります。

まず私が気になったのは、この”2-3列フラットシートモード”にする時の手間の多さです。

このシートアレンジをする際は、2列目シート&3列目シートすべてのヘッドレストを取り外さないといけません。これが意外に面倒です。また、取り外したヘッドレストの置き場にも困ります。

“スーパーカーゴモード”よりも手間が多く、シートアレンジを行うのに倍以上の時間がかかるのは、”2-3列フラットシートモード”の大きな欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

デコボコ感も欠点の一つ

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”2-3列フラットシートモード”を試してみて気になったのは、シートの段差です。

この”2-3列フラットシートモード”では、このように背もたれと座面の部分で段差ができてしまいます。なので、この状態でマットや布団を敷いてもデコボコとしてしまい、横になる事ができません。

この段差を埋めてないといけないのも、この”2-3列フラットシートモード”の面倒な事の一つなのかなと思いました。

2列目シートの間のスペースも欠点の一つ

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は2列目に、独立キャプテンシートを採用しているため、”2-3列フラットシートモード”にすると、シートの間に隙間ができてしまいます。

もし家族3人以上で車中泊をするのなら、この独立キャプテンシートの間にできた隙間も埋めないといけません。

このようにシートの隙間や段差を埋める必要があるのも、この”2-3列フラットシートモード”の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、スマートマルチセンターシートを採用しているガソリン車/マイルドハイブリッド車の場合、このような隙間は生まれません。

車中泊だけを考えるのなら、新型e-POWER(eパワー)よりもガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。

■ガソリン車の2-3列フラットシートモード

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、このように車中泊ができるシートアレンジを用意していました。

ただ、車中泊ができるシートアレンジ”スーパーカーゴモード”・”2-3列フラットシートモード”のどちらも一長一短があります。

個人的には、車中泊をする人数やシチュエーションによって、車中泊に使用をするシートアレンジを使い分けても良いのかなと思いました。

>>> セレナe-POWERのキャプテンシートの座り心地【ガソリン車には無い魅力とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする