新型セレナe-POWERの運転席周りの収納レビュー【ガソリン車との違いも…】

エンジンで発電をして、モーターのチカラで走るe-POWERの第2弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売されたe-POWER(eパワー)は、2列目に独立キャプテンシートを採用するなど、既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車とは異なるデザインの外装・内装のデザインに…。

>>> 【様々な専用装備が…】新型セレナe-POWERの内装の実車画像レビュー

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、運転席周りの収納スペースにも違いがありました。

今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)の運転席周りには、どのような収納スペースを用意しているのでしょうか?また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と、どのような違いがあったのでしょうか?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席周りの収納スペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの運転席周りの収納スペース画像レビュー

2018年3月にデビューをした日産のミドルクラスミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのインパネ

専用デザインのシフトレバーなど若干の違いはあるものの、D型シェイプのハンドルや高い位置にレイアウトしたメーターなど、e-POWER(eパワー)の基本的なインパネのデザインは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同じになっています。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インパネには、運転席から手が届く範囲に様々な収納スペースが用意されており、使い勝手が良いデザインになっているのも好印象でした。

そんな新型モデルに用意されている運転席周りの収納スペースを確認してきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

その1:運転席アッパーボックス

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席の目の前にある大容量の収納スペースが、”運転席アッパーボックス”です。

■運転席アッパーボックス

この”運転席アッパーボックス”は深さも十分で、女性のもの化粧ポーチなども収納できるサイズに…。また、この運転席アッパーボックスには、USBポートが備わっているので、スマホや携帯ゲームを充電するのにもピッタリな収納スペースになっているのかなと思いました。

その2:運転席ロアボックス

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールの右側、スイッチ類の下に備わっている小さな収納スペースが、引き出して使用する小型の収納スペース”運転席ロアボックス”です。

■運転席ロアボックス

収納スペース自体は小さめですが、外から死角になりやすい位置なので、コインやカードなど貴重品を収納するには、良い収納スペースなのかなと思いました。

その3:インパネ中央ドリンクホルダー

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のインパネ中央下段には、引き出して使用するドリンクホルダーが用意されています。

■中央ドリンクホルダー

2つ置けるこの新型モデルのドリンクホルダーは、内部が繋がっているので、飲み物を置くスペースとしてだけではなく、小物入れとしても重宝するのかなと思いました。

また、この引き出して使用をするドリンクホルダーのサイドには、スーパーの袋などを掛けておけるコンビニフックが用意されているのも好印象でした。

その4:インストセンタートレイ

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のインパネの中央、空調パネルの下には、小さな収納スペース”インストセンタートレイ”が用意されています。

■インストセンタートレイ

サイズは少し小さめなのですが、奥行きは十分。
このようにiPhoneがスッポリと収納できるサイズになっています。

また、手前よりも奥の方が低くなっており、置いたアイテムが落ちにくいように工夫が施されているのも好印象でした。

その5:大型センターコンソール

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用の装備の一つが、運転席と助手席の間に備わっている大型のセンターコンソールです。

■大型センターコンソール

このセンターコンソールの高さが低めの設定になっているのが、個人的には、少々気になりましたが、置き場に困るボックスティッシュをスッポリと収まるサイズになっているのは、とても良いと思いました。

また、この新型モデルに用意されている大型センターコンソールは、サイズが大きいため、女性用のハンドバックやトートバックを置くのにもピッタリなのかなと思いました。

その6:助手席アッパーボックス

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は助手席側の収納スペースが充実しているのも特徴の一つなのですが、助手席側のダッシュボードの一番上には、開閉式の収納スペース”助手席アッパーボックス”が用意されています。

■助手席アッパーボックス

この助手席アッパーボックスは、薄型のボックスティッシュなら収納できるサイズを備えており、比較的使い勝手の良い収納スペースの一つなのかなと思いました。

その7:助手席オープントレー

助手席アッパーボックスとグローブボックスの間に備わっている収納スペースが、気軽にポンポンとアイテムを置ける”助手席オープントレー”です。

■助手席オープントレー

使い勝手がとても良さそうなこの”助手席オープントレー”ですが、実際に使用をしてみて少し気になったのが、思ったよりも高さが無い事です。なので、薄型のボックスティッシュなどを置くのには、ちょっと難しい感じが…。

横幅や奥行きは十分だったのですが、個人的には、「もう少し高さを確保した方が、使い勝手は良かったのに…。」と、思いまいた。

その8:グローブボックス

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のグローブボックスは、このようなデザインになっています。

■グローブボックス

ご覧の通り、今回新発売されたこの新型モデルのグローブボックスの内部は2つに分かれており、収納力は抜群。車検証を置いておいても、まだまだ余裕があります。

グローブボックスの位置が低く、アイテムの出し入れのしにくさはちょっと気になりましたが、車検証を入れてもまだまだ余裕のある収納力は、とても良いと思いました。

その9:フロントドア用ドア内側パネル

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ドア内側パネルにも収納スペースを用意しています。

こちらは、小物を入れるのに便利な取っ手部分の収納スペース。

■ドア内側パネルの小物入れ

また、ドア内側パネルの下の部分には、ドリンクホルダー付きのフロントドアポケットを用意しています。

■フロントドアポケット

このフロントドアポケットは大きめのサイズになっているため、また、ドリンクホルダーとの仕切りもないため、大きなサイズの雑誌や地図も収納する事が可能です。

また、ドアアームレストの張り出しまで距離があるため、ドリンクや雑誌の出し入れがしやすくなっているのも好印象でした。

ただ、個人的には、ドア内側パネルの収納スペースの使い勝手は、ドア内側パネルの中間層にも収納スペースを用意てあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が良いように感じました。

>>> 使い勝手が良い新型ステップワゴンの収納スペースを確認してみる

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席周りの収納スペース・小物入れの配置やサイズ、使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、運転席周りに十分すぎる程の収納スペースを確保。

運転席から手が届く位置にたくさんの収納スペースが用意されているのが、とても良いと思いました。また、何よりこの新型モデルは、意外と困るボックスティッシュの置き場がしっかりと確保されているのが好印象でした。

今回新発売されたこの新型モデルは大小様々なサイズの収納スペースを用意しており、小さいお子さんがいるご家庭でも、荷物の置き場に困る事は無いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする