【収納は十分!?】新型セレナe-POWERの後部座席の収納スペースを徹底チェック

ブルーを基調にしたスタイリッシュなデザインが特徴の日産のミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売されたe-POWER(eパワー)の運転席周りには、ファミリカーらしく十分な数の収納スペース・小物入れを用意。運転席から手が届く範囲に多数の収納スペースが用意されているのが、個人的には好印象でした。

>>> 新型セレナe-POWERの運転席周りの収納レビュー【ガソリン車との違いも…】

このように運転席周りの収納スペースは充実している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、2列目シート/3列目シート周りの収納スペースは、十分に用意されているのでしょうか?また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

今回新発売されたこの新型モデルの2列目シート/3列目シート周りの収納スペースの数や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの2列目シートの収納スペース画像インプレッション

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シート周りのデザインは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの2列目シート周りのデザイン

今回新発売されたこのe-POWERは、独立キャプテンシートを採用しており、2列目の中央シートとしてだけではなく、小物入れとしても使用する事ができる”スマートマルチセンターシート”が備わっていません。

■ガソリン車のスマートマルチセンターシート

そのため、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも、収納スペースの数や使い勝手は若干劣るように感じました。

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シート周りにも、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に折り畳み式のシートバックテーブルが備わっており、十分に満足できる収納スペースを備えているように感じました。

そんな新型モデルの2列目シート周りの収納スペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

2列目シートの収納スペース1:シートバックテーブル

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシートバックには、このようなデザインの折り畳み式のテーブルが備わっています。

■2列目シート用シートバックテーブル

今回新発売されたこの新型モデルの2列目シートのシートバックテーブルは、カニのハサミのようなデザインのドリンクホルダーを2個装備。

このハサミのようなデザインになっているドリンクホルダーは、置いたドリンクをしっかりと固定できる安定感のあるデザインになっており、置いたドリンクがカタカタと動かないのが好印象でした。

また、このドリンクホルダーを使わない時は、上に持ち上げる事ができ、狭いシートバックテーブルを有効活用できる工夫が施されているのが、とても良いと思いました。

2列目シートの収納スペース2:シートバックポケット

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席と助手席の裏側には、シートバックポケットも用意されているます。

■シートバックポケット

シートバックポケット自体は他の車種でも良く見かけるので、それほど珍しい装備ではありません。

ただ、今回新発売されたこの新型モデルのシートバックポケットは他の車種と異なり、左右に区切られているデザインに…。

大きいサイズになっている右側は冊子や地図などを収納しておくのに、また、左側の小さいサイズの収納スペースは、スマホやiPhoneなどを入れておくのにちょうど良いデザインになっているのかなと思いました。

2列目シートの収納スペース3:ドリンクホルダー

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のスライドドア部分の左右のポケットにも、ドリンクホルダーが1つずつ用意されています。

■ドリンクホルダー

このスペースのドリンクホルダーは、ペットボトル専用デザインになっており、缶やカンプのドリンクは収納する事ができません。

ただ、今回新発売されたこの新型モデルの2列目シートには、ドリンクホルダーが2個用意されたシートバックテーブルも用意されていますし、このペットボトル専用のドリンクホルダーを使用する機会は、それ程多く無いのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの3列目シートの収納スペース画像インプレッション

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート周りのデザインは、このようになっています。

■新型セレンe-POWERの3列目シート周りのデザイン

この新型モデルの3列目シートは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様にスライド機能を装備。

また、この新型モデルは、2列目シートだけではなく、3列目シートにもシートバックテーブルも装備しており、競合車・ライバル車よりも快適に過ごせるように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート周りの収納スペース・小物入れを確認してきたので、紹介したいと思います。

3列目シートの収納スペース1:シートバックテーブル

先ほども申し上げた通り、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、2列目シートの裏側にも、ドリンクホルダーを1つ備えた折り畳み式のシートバックテーブルが用意されています。

■3列目シート用のシートバックテーブル

3列目シートにもシートバックテーブルが用意されているのは、嬉しいですよね。

ホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノアなど、競合車・ライバル車の3列目シートの3列目シートにシートバックテーブルは、用意されていないので…。

個人的には、3列目シートにシートバックテーブルを備えている事は、競合車・ライバル車には無い新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の大きなメリットの一つなのかなと思いました。

3列目シートの収納スペース2:ドリンクホルダー兼小物入れ

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの横には、ドリンクホルダーとしても、小物入れとしても使用する事ができる収納スペースが用意されています。

■3列目シート用ドリンクホルダー兼小物入れ

この3列目シート横の収納スペースには、左右それぞれ2個ずつ飲み物を置けるようなっています。

ただ、3列目シート周りにはシートバックテーブルも用意されているので、スマホやiPhoneなどを置いておく”小物入れ”として使った方が良いのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の後席周りの収納スペースは、このようになっていました。

収納スペースが多い運転席周りと比較すると、2列目シート/3列目シート周りの収納スペースは、若干少なめになっています。

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWERでは、各シートにシートバックテーブルを備えており、乗車中のスマホや財布の置き場に困る事は無いのかなと思いました。また、2列目/3列目どこに座っても、快適に過ごせるようになっていたも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる際は、収納スペースのデザインや使い勝手をしっかりと確認してみてください。収納スペースの使い勝手の良さ、充実度にきっと驚くと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする