新型セレナe-POWERの2列目と3列目のテーブル【サイズなどの違いを徹底解剖】

2018年3月、充電なしでモーター駆動が楽しめる”e-POWER”の第2弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、2列目に独立キャプテンシートを採用するなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とは異なる専用のデザインに…。個人的には、ガソリン車/マイルドハイブリッド車より車内の居心地が良くなったように感じました。

>>> 新型セレナe-POWERとガソリン車の内装比較【2台のモデルの違いは?】

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、2列目シートだけではなく、3列目シートにも折り畳みテーブルを用意しているのも注目ポイントの一つです。

ただ、今回新発売された新型モデルの2列目と3列目に用意されている折り畳みテーブルは、サイズや使い勝手に違いがありました。

今回新発売された新型モデルの2列目/3列目シートの折り畳みテーブルは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、サイズや使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目シートに用意されている折り畳みテーブルのサイズや使い勝手の違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの折り畳みテーブルのサイズの違いをチェック

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目に用意されている折り畳みテーブルは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの2列目折り畳みテーブル

■新型セレナe-POWERの3列目折り畳みテーブル

新型e-POWERに用意されている2列目シート用の折り畳みテーブルと比較すると、3列目シート用のテーブルのデザインは、若干シンプルな感じが…。

また、テーブルのサイズにも違いがありました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目シートに用意されている折り畳みテーブルのサイズを確認してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型セレナe-POWERの折り畳みテーブルのサイズ
・2列目シート用テーブル
横幅   :約390mm
奥行き:約190mm
・3列目シート用テーブル
横幅   :約390mm
奥行き:約160mm

2列目シートと3列目シートのシートバックテーブルの横幅は、同じになっています。

ただ、3列目シート用よりも2列目シート用の折り畳みテーブルの方が約3cmほどテーブルの奥行きが広い結果に…。なので、テーブルとしての使い勝手は、サイズが大きい、2列目シート用テーブルの方が良いように感じました。

一方、2列目のシートバックテーブルと比較すると、奥行きが一回りが小さかった3列目シート用のテーブルですが、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の事を考えると、このくらいのサイズがちょうど良いのかなと思いました。

ただ、それでも少し3列目シートの足元空間(ニークリアランス)にゆとりを持たないと、テーブルを使用する際、窮屈な思いをしますが…。

>>>  使い勝手は良い?新型セレナe-POWERの3列目テーブルのメリットとデメリット

新型セレナe-POWERの折り畳みテーブルの使い勝手の違いをチェック

このようにサイズが異なる新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目のシートバックテーブルですが、装備や使い勝手にも違いがありました。

この2列目と3列目のテーブルの大きな違いの一つが、装備です。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートテーブルに左右には、スーパーの袋を掛けて置けるコンビニフックを2個用意。

■2列目シートに用意されているコンビニフック

なので、このシートバックテーブルを使用して、お菓子やサンドウィンチ・おにぎりなどの軽食を食べる時にとっても便利。また、この2列目のシートバックテーブルに用意されているコンビニフックは、テーブルを閉じた状態でも使用をすることが可能です。

この使い勝手の良さも、この新型e-POWER(eパワー)のシートバックテーブルの魅力の一つなのかなと思いました。

一方、この新型e-POWER(eパワー)の3列目のシートバックテーブルには、スーパーの袋などを掛けて置けるコンビニフックは用意されていません。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目のシートバックテーブルは小さく、食べ物やアイテムをを置けるスペースが狭いです。3列目シートのテーブルにこそコンビニフックを用意して貰いたかのですが…。

実際にこの新型モデルの3列目のシートバックテーブルを使ってみて、少々残念に感じてしまいました。

シートバックテーブルの開け閉めのしやすさにも違いが…

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目シートの折り畳みテーブルでは、開け閉めのしやすさにも違いが…。

2列目シートのテーブルはスイッチ一つでテーブルを開ける事ができます。

また、このシートバックテーブルを収納する際も、上に持ち上げるだけなので、テーブルの開け閉めがとってもラクです。

一方、シンプルな作りになっている3列目シートのテーブルは手動で開け閉めをしないと行かないのですが、テーブルが固く、引き上げる際や収納する際に少しチカラが必要です。また、3列目のシートバックテーブルは、開け閉めをする際に手を挟む恐れも…。

なので、個人的には、小さいお子さんが一人で3列目シートのテーブルを開け閉めをするのは、ちょっと避けた方が良い感じが…。

この開け閉めのしやすさも、この新型e-POWER(eパワー)の2列目と3列目シートの折り畳みテーブルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目と3列目に用意されている折り畳みテーブルのサイズや使い勝手は、このようになっていました。

実際に2列目と3列目シートの折り畳みテーブルを比較してみると、サイズ&使い勝手ともに2列目シートの方が圧倒的に良い感じがしました。

一方、3列目シートは足元空間(ニークリアランス)が狭い事もあり、また、テーブル自体がシンプルな作りになっているため、使い勝手や開け閉めのしやすさは、2列目シートのものよりも格段に劣ります。

特に開け閉めのしやすさに関しては、雲泥の差です。
また、この新型モデルに用意されている3列目シートの折り畳みテーブルは、開け閉めをする際にケガをする恐れもります。

お子さんが多いご家庭など、3列目シートを日常的に使用する方は、3列目シートに用意されている折り畳みテーブルの使い勝手、開け閉めのしやすさを入念にチェックをしてみてくださいね。

>>> 【使いやすい!?】新型セレナe-POWERのセンターコンソールを徹底検証

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする