何個用意されている?新型セレナe-POWERのUSBポートの設置場所レビュー

他のハイブリッド車とは全く違う乗り心地を楽しめるe-POWERの第2弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月に日産からデビューをしました。

静寂性や走りの良さが話題になっているこの新型モデルですが、ドライバーや乗車する人にとって嬉しい機能や装備が充実しているのもこのe-POWERの魅力の一つです。

>>> 【様々な専用装備が…】新型セレナe-POWERの内装の実車画像レビュー

その中で特に良いと思ったのが、USBポートです。

先日、この新型e-POWERを試乗した際、USBポートの数や使い勝手を確認してきたのですが、競合車・ライバル車とは比べ物にならないくらいの数が…。これなら走行中、USBポートの取り合いにならなくて済みそうです。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、車内にいくつのUSBポートが設定されているのでしょうか?また、USBポートは、どこに設置されているのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWERのUSBポートについて確認してきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのUSB【使い勝手や設置場所を徹底レビュー】

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インテリアを確認したところ、各シートに用意されているUSBポートの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型セレナe-POWERのUSBポートの数
1列目シート周りのUSBの数:1個
2列目シート周りのUSBの数:2個
3列目シート周りのUSBの数:2個

新型セレナe-POWERのUSBの合計個数:7個

ノーマル車の上位モデル”e-POWER XV”とハイウェイスターの上位モデル”e-POWER ハイウェイスターV”グレードのみとなってしまうのですが、なんと新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、合計7個のUSBポートを用意。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの人気ミニバン”新型ステップワゴン ハイブリッド”で用意されているのは2個だけと言う事を考えると、これは驚きですよね。

>>> 【関連記事】ハイブリッドとガソリンで異なる!?新型ステップワゴンのUSBポート事情

しかも、2列目シートだけではなく、3列目シート周りにもしっかりとUSBポートを用意しているのが、とても良いと思いました。

このように各シートにUSBポートが用意されていた新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、各シートのUSBポートの使い勝手や設置場所などを、詳しく確認していくことにしましょう。

フロントシートのUSBポートの設置場所は?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシート周りには1つUSBポートが用意されているのですが、設置されていた場所は、運転席の目の前にある収納スペース”運転席アッパーボックス”でした。

■USBポートが用意されている運転席アッパーボックス

実際にこのUSBポートを使ってみると、このような感じ。

USBポートが収納スペース内に用意されているため、スマホや携帯ゲーム機など充電するアイテムの置き場に困らないのが、とても良いですよね。

ただ、この収納スぺースの底面はプラスチック素材になっているので、走行中、カーブを曲がるたびに、充電中のスマホなどが収納スペース内を移動してしまいます。

私は実際にこのこのクルマを試乗する際にiPhoneをこのスペースに収納したのですが、カーブを曲がるたびに「シャーーーー」っと言った感じのiPhoneが移動する音が気になりました。

スマホやゲーム機に傷がつくのがイヤな方は、USBポートがある運転席アッパーボックスの底面にゴムマットを敷くなどして、傷が付かないようにした方が良いのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシートのUSBポートは、運転席側に一つしかありません。ただ、ディーラーオプションのナビを購入すると、助手席側にも一つUSBポートが追加されるようですよ。

2列目シートのUSBポートの設置場所は?

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シート周りでは、どこにUSBポートが用意されているでしょうか?

今回新発売されたこの新型モデルでは、運転席と助手席のそれぞれのシートバックに1つずつUSBポートが用意されています。

■2列目シート周りのUSBポート

このようにリッド(蓋)が付いており、USBポート内にホコリなどが入らないようになっているのが、とても良いと思いました。

そんな2列目シートのUSBポートに私が所有しているiPhoneに繋げてみると、このような感じ。

充電中のスマホやiPhoneは、大きいスペースと小さいスペースに分かれているシートバックポケットに収納する事ができますし、また、使用するケーブルの長さによっては、折り畳み式のシートバックテーブルに置く事も可能です。

■2列目シート用の折り畳みテーブル

なので、2列目シート周りのUSBポートの使い勝手は、とても良いのかなと思いました。

3列目シートのUSBポートの設置場所は?

また、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、3列目シート周りにもUSBポートを2個用意しているのが魅力&メリットの一つですが、設置場所はどこなのでしょうか?また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型e-POWERの3列目シート周りでは、シートの左右の壁面、ドリンクホルダーの上の部分にUSBポートが用意されています。

■3列目シートのUSBポート

実際にこの3列目シートのUSBポートを使用してみると、このような感じ。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート周りには、ドリンクホルダー以外の収納スペースが用意されていません。

ただ、このようにドリンクホルダー部分に充電中のアイテムを収納する事ができるようなデザインになっているので、特に使い勝手の悪さを感じる事はありませんでした。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のUSBポートの数&設置場所を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルは、十分すぎる程の数のUSBポートを用意。
また、各シートに用意されているので、どこに座ってもスマホやタブレット端末、ゲーム機の充電を気軽にできるのが、とても良いと思いました。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノアなどでは、これ程の数のUSBポートを用意していません。

このUSBの数&使い勝手の良さは、競合車・ライバル車には無い新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメリットの一つなのかなと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERの運転席周りの収納レビュー【ガソリン車との違いも…】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする