新型セレナのe-POWERとガソリン車【ウォークスルー幅の違いはどのくらい!?】

フロントグリルに施されたブルーのアクセントラインが印象的な日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWERは、2列目シートに独立キャプテンシートを採用するなど、既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車とは異なる内装・インテリアのデザインに…。

そのおかげもあり、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車では、2列目シートのウォークスルーできる幅(スペース)にも若干の違いが…。

>>> 室内移動はラク?新型セレナe-POWERのウォークスルーしやすさ徹底チェック

今回新発売されたe-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車のウォークスルーの幅は、それぞれどのくらいなのでしょうか?また、この2台のモデルでは、2列目シートのウォークスルーの幅は、どれくらい異なるのでしょうか?

日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートのウォークスルーの幅を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERとガソリン車のウォークスルーの幅をチェック

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートは、それぞれこのようになっています。

こちらは、2018年3月にデビューをしたe-POWERに採用されている2列目独立キャプテンシードです。

■e-POWERの2列目独立キャプテンシート

新型e-POWER(eパワー)に採用されている独立キャプテンシートは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車に備わっている2列目シートと異なりシートの左右にアームレストを標準装備。

■e-POWERの2列目シートに備わっているアームレスト

また、アームレストが標準装備されているだけではなく、クッション素材やサイドサポートの形状を変更しており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートよりも快適に座れるシートデザインになっているように感じました。

一方、新型セレナのガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートは、このようなデザインになっています。

ちなみに、こちらは、様々な用途で使用する事ができるスマートマルチセンターシートを2列目シートの中央にセットをして、3人掛け仕様にした状態です。

■ガソリン車の2列目シート:3人掛け仕様

また、スマートマルチセンターシートを前方にスライドして、1列目シートにセットすれば、このように独立キャプテンシートのようにする事も可能です。

■ガソリン車の2列目シート:2人掛け仕様

このように2列目シートを2人掛け/3人掛けどちらとしても使用する事ができるのが、新型セレナのガソリン車/マイルドハイブリッド車の魅力の一つなのかなと思いました。

このように2列目シートのデザインが異なる新型セレナ(SERENA)のe-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車ですが、シートのデザインや機能性に違いがある事もあり、ウォークスルースペースの幅(隙間)に若干の違いがありました。

新型セレナe-POWERのウォークスルーの幅はどれくらい?

独立キャプテンシートを採用している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートですが、シートを左右にスライドした状態でのウォークスルーの幅(スペース)は、このようになっています。

■e-POWERのウォークスルースペースの幅

そして、この時の2列目シートのウォークスルーの幅を確認したところ、このようになっていました。

・新型セレナe-POWERのウォークスルースペースの幅…約190mm

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートのウォークスルーの幅は約190mmとなっており、若干狭め。

身長約175cm、中肉中背の私がこの2列目シートの間を通るには、身体を半身にして、何とか通れるくらいのスペースしかありません。なので、通り抜ける際、若干窮屈さを感じました。

また、座っている時の快適性を高めるe-POWER専用デザインのアームレストも、ウォークスルーをした時に窮屈さを感じた原因の一つなのかなと思いました。

新型セレナのガソリン車のウォークスルーの幅はどれくらい?

一方、新型セレナ(SERENA)のガソリン車/マイルドハイブリッド車のウォークスルーの幅は、どうなっていたのでしょうか?

シート中央にスマートマルチセンターシートを一列目にセットして、2人掛け仕様にした状態でのウォークスルー幅は、このようになっていました。

■ガソリン車のウォークスルースペースの幅

この時のガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートのウォークスルースペースの幅を確認してみたところ、このようになっていました。

・新型セレナe-POWERのウォークスルースペースの幅…約225mm

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートのウォークスルースペースの幅は、e-POWER(e-POWER)よりも約35mmほど広い結果に…。

たかが35mmと思うかもしれませんが、実際にこの2台のモデルをウォークスルーをしてみると、足の運びのスムーズさ、通り抜ける際の窮屈感が全く異なります。

走りの良さや燃費、静寂性など走破性に関しては、2018年3月にデビューをしたe-POWER(eパワー)の方が格段に良かったですが、ウォークスルーのしやすさに関しては、スペースが広く取られているガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が良いように感じました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートのウォークスルーの幅を確認してみたところ、このようになっていました。

シートのデザインなどの違いもあり、e-POWER(eパワー)よりもガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が、ウォークスルーの幅が一回り大きい結果に…。また、実際に2台のモデルをウォークスルーをしてみると、このサイズの違いを実感します。

独立キャプテンシートを採用しているe-POWER(eパワー)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車には無い様々な魅力がありますが、ウォークスルー性に関しては、個人的には、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が圧倒的に良いように感じました。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、ぜひともウォークスルーのしやすさをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> セレナe-POWERの内装のデメリット【ガソリン車よりも見劣りをする3つの事とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする