新型セレナe-POWERの床下収納レビュー【サイズ&使い勝手を徹底チェック】

外装・内装に様々な専用装備を施した新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月、日産からデビューをしました。

ブルーのアクセントカラーが印象的なこの新型モデルの魅力の一つは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さです。

今回新発売された新型モデルの荷室には、テールゲートの上半分のみを開ける事ができる”デュアルバックドア”を装備。後方のスペースが狭い駐車場でも荷室を使えるのは、本当に便利だと思いました。

>>> 新型セレナのデュアルバックドアは便利!?【競合車には無いメリットとは?】

また、今回新発売されたこのe-POWERは、ガソリン車(マイルドハイブリッド車)と同様に広い床下収納(サブトランク)を備えているのも、注目ポイントの一つです。

そんな日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、サイズ・寸法は、どのくらいだったのでしょうか?

荷室・ラゲッジスペースの下に備わっている床下収納(サブトランク)の使い勝手やサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの床下収納インプレ【サイズ&使い勝手を徹底チェック】

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの荷室・ラゲッジスペース

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースのフロアを持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場します。

■新型セレナe-POWERの床下収納

かなり広いですよね。

ディーラーさんの話によると、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納は、ゴルフバックを横にした時にスッポリと収まるサイズを確保しているようです。

また、今回新発売されたこの新型モデルでは、床下収納部分にバッテリーなどを搭載していないのも好印象。

床下収納にバッテリーを配置しており、荷物が置けるスペースに制限がある新型ヴォクシー ハイブリッドの床下収納(サブトランク)よりも使い勝手は、良いように感じました。

■新型ヴォクシー ハイブリッドの床下収納

ちなみに、この新型モデルの床下収納(サブトランク)の蓋の裏側には、持ち上げた蓋を固定をしておくためのフックを用意。蓋を固定しておくと、両手が使え、床下収納への荷物の出し入れがスムーズに行えるのも好印象でした。

新型セレナe-POWERの床下収納を見て気になったところとは?

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納を見て少し残念だったのは、蓋(リッド)のデザインです。

この新型モデルの床下収納(サブトランク)はご覧の通り広いため、蓋(リッド)も大きめになっています。なので、荷室・ラゲッジスペースに荷物を置いている時は、床下収納(サブトランク)開け閉めをするのが、ちょっと大変な感じが…。

個人的には、競合車・ライバル車のトヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの床下収納の蓋(リッド)のように2分割にして、開け閉めがしやすいデザインにしても良かったのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの床下収納のサイズはどのくらい?

このように使い勝手が良いデザインになっていた新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納ですが、どのくらいの広さを確保しているのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、このe-POWERの床下収納(サブトランク)のサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

■新型セレナe-POWERの床下収納のサイズ
奥行き:約 400mm
横幅 :約1,080mm
深さ :約 210mm

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヴォクシーの床下収納(サブトランク)のサイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴォクシー ハイブリッドの床下収納のサイズ
奥行き:約 570mm
横幅 :約1,200mm
深さ :約 200mm

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヴォクシーの床下収納のサイズと比較すると、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納のサイズは、ひと回り小さくなっています。

ただ、バッテリーを積んでいるトヨタの新型ヴォクシー ハイブリッドよりも、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納(サブトランク)の方が容量は大きく、使い勝手は良い感じが…。

個人的には、競合車のトヨタ新型ヴォクシー ハイブリッドよりも、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納の方が使い勝手が良いように感じました。

2018年12月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納(サブトランク)の使い勝手やサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの床下収納(サブトランク)は、十分な広さを確保。
また、何よりバッテリーなどがなく、荷物の積載を妨げないデザインになっているのが好印象でした。

ミドルクラスのミニバンの場合、3列目シートを使用すると、荷室・ラゲッジスペースの広さはかなり狭くなってしまのが欠点・デメリットの一つです。

しかし、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、十分に広い床下収納(サブトランク)を備えているので、近所のスーパーの買い物など普段使い程度なら、3列目シートを使用している状態でも困る事は無いのかなと思いました。

>>> 競合車よりも使い勝手は良い?新型セレナe-POWERの荷室アレンジ画像インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする