e-POWERとガソリン車の4つの違いとは?新型セレナのメーターを比較

2018年3月、エンジンで発電をして、モーターで走るハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、パワートレーンが変わっただけではなく、運転席まわりのデザインを変更。ガソリン車/マイルドハイブリッド車と雰囲気の異なるスタイリッシュなデザインになっていました。

>>> 新型セレナe-POWERとガソリン車の内装比較【2台のモデルの違いは?】

また、今回新発売された新型e-POWERの専用装備の一つが、メーターのデザインです。

どちらも同じレイアウトになっているのですが、フレームのカラーやマルチインフォメーションディスプレイに表示される情報などに違いが…。e-POWERのメーターの方がよりスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のそれぞれのメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルでは、どのような違いがあったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターのデザインの違いを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERとガソリン車のメーター画像比較

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターは、それぞれこのようなデザインになっています。

■e-POWERのメーター

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーター

どちらのモデルもデジタル表示のスピードメーターと7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたメーターを採用。

このように基本的なメーターのデザインは同じになっているものの、新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターでは、次のような違いがありました。

違い1:フレームのカラー

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車の大きな違いの一つが、デジタル表示になっているスピードメーターを囲っているフレームのカラーです。

■e-POWERのメーターフレーム

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターフレーム

既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターのフレームはシルバーカラーになっていたのに対し、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、ブルーのフレームを採用。

速度計を取り囲んでいるフレームのカラーが異なるだけで、メーター全体の印象がだいぶ変わる感じが…。

また、この専用デザインになっている新型e-POWER(eパワー)のメーターは、ブルーのアクセントラインが入っているインパネとの相性も、とても良いように感じました。

違い2:マルチインフォメーションディスプレイの表示項目

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存モデルとなるガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターの大きな違いの一つが、マルチインフォメーションディスプレイに用意されているメニュー(表示項目)です。

例えば、エネルギーモニターやパワーメーターは、新型e-POWER専用の表示項目になっています。

■新型e-POWERのエネルギーモニター

■新型e-POWERのパワーメーター

一方、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイにも専用のメニューが…。

その一つが、エンジンの回転数を表示するタコメーターです。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のタコメーター

また、エネルギーモニターやタコメーター以外にも、この2台のモデルのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目には、様々な違いがあります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、専用の表示項目やメニューを用意しているマルチインフォメーションディスプレイのの違いにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、下記の記事では、新型e-POWERのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を用意しています。

もし、この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイの各メニュー・表示項目を確認したい方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

>> 新型セレナe-POWERのマルチインフォメーションディスプレイの詳細はコチラ

違い3:アラウンドビューモニター

また、アラウンドビューモニターの映像の表示に関しても、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターで違いがありました。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車の場合、バックや駐車をする際、真上からの俯瞰した視点でクルマの位置や周りの状況を確認できる”アラウンドビューモニター”を、7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイに表示をしてくれます。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のアラウンドビューモニター

ただ、運転席からマルチインフォメーションディスプレイまで距離がある事もあり、アラウンドビューモニターを確認するには、ちょっと画面サイズが小さい感じが…。

しかし、2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、アラウンドビューモニターの表示場所をマルチインフォメーションディスプレイからナビの画面に変更しました。

■新型e-POWERのアラウンドビューモニター

画面サイズが大きくなったため、バックや駐車をする際、アラウンドビューモニターの確認が明らかにしやすくなった感じがしました。

ちなみに、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のナビにアラウンドビューモニターの映像を表示するには、市販のアダプターを購入して、ご自身で接続をしないといけません。

個人的には、今回の新型e-POWER(eパワー)が発売されたタイミングで、ガソリン車/マイルドハイブリッド車でも、ナビにアラウンドビューモニターを映し出すように変更しても良かったのに…と、思いました。

違い4:標識表示機能

また、標識表示機能も新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターの大きな違いです。

先日、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗していて気づいたのですが、今回新発売されたe-POWER(eパワー)では、マルチインフォメーションディスプレイの上部、時計の横の部分に検知した標識を認表示してくれる機能が…。

■新型セレナe-POWERの標識認識機能

ちなみに、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の場合、このように標識認知機能は搭載されていません。

■新型セレナ ガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーター

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が検知できるのは、速度制限や進入禁止、一時停止などまだまだ制限がありますが、安全運転を心掛けるには、とても良い機能だと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車のメーターを比較してみたところ、このような違いがありました。

この2台のモデルのメーターを見比べてみたところ、マルチインフォメーションディスプレイのメニューだけではなく、アラウンドビューモニターの表示場所や標識の表示機能など予想以上の違いがありました。

また、実際にこの2台のモデルのメーターを見比べた感じでは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも新型e-POWERのメーターの方が機能性が格段にアップしているように感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、専用のデザインになっているメーターのデザインや使い勝手にも注目をしてみてくださいね。

>>> ガソリン車と違いが…!?新型セレナe-POWERのナビ”MM517D-L”の画像レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする