荷物は積みやすい?新型セレナe-POWERの荷室開口部の広さをチェック

内外装に施されたブルーのアクセントラインが印象的な新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

この新型セレナe-POWERには、同一車線自動運転技術のプロパイロット機能など、様々な便利な機能が備わっていますが、その中で特に私が良いと思ったのが、テールゲートをふた通りの方法で開け閉めをする事ができる荷室の”デュアルバックドア機能”です。

先日、このe-POWER(eパワー)を試乗した際に改めてこのデュアルバックドアを確認してきたのですが、意外と使い勝手が良い感じが…。後方のスペースが狭い駐車場でも、テールゲートを開ける事ができるので、意外と重宝するのかなと思いました。

>>> 新型セレナのデュアルバックドアは便利!?【競合車には無いメリットとは?】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載されているデュアルバックドアの開口部は、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、デュアルバックドアを採用しているこの新型モデルの荷室開口部の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

先日、デュアルバックドアを採用しているこの新型モデルの荷室開口部の使い勝手、広さ・サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの荷室”デュアルバックドア”の開口部の広さ&デザインを確認

先ほども申し上げた通り、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、通常の開け方に加え、テールゲートの上半分のみを開閉できる”デュアルバックドア”を採用しています。

実際にこの新型モデルに搭載されている”デュアルバックドア”を使用してみると、このような感じになります。

こちらは、テールゲートを全体を開けた時の様子です。

■新型セレナe-POWERのテールゲート全体を開けた時の様子

テールゲート全体を開けると、このように四角くて広い荷室開口部が登場します。

また、荷室フロアの高さも低いため、荷物が積み下ろしがしやすいデザインになっているように感じました。

一方、エンブレム部分にあるスイッチを押して、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の特徴でもあるテールゲートの窓枠のみを開けてみると、このような感じ。

■新型セレナe-POWERの窓枠部分のみを開けた時の様子

開口部の高さは若干気になりますが、後ろへの張り出しは少なめ…。

後方が狭い駐車場で開閉でテールゲートを開閉できるようになっているのは、この”デュアルバックドア”のメリットの一つなのかなと思いました。

新型セレナの荷室開口部のサイズはどのくらい?

このように二通りの開閉方法”デュアルバックドア”を備えている日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースですが、それぞれの開け方をした時の荷室開口部の広さ(サイズ)は、どのくらいだったのしょうでしょうか?

実際にデュアルバックドアをしあようしているこの新型モデルの荷室開口部を計測をしてきたので、紹介したいと思います。

テールゲート全体を開けた時の荷室開口部のサイズ

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲート全体を持ち上げた時の荷室開口部のサイズは、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERの荷室開口部の広さ:テールゲート全開け
荷室開口部の高さ :約1,210mm
荷室開口部の横幅 :約1,190mm
開口部下端までの高さ:約 480mm

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室開口部は、競合車・ライバル車と比較しても、十分に満足できる広さを確保。この新型モデルの荷室開口部は極端に狭くなっている部分がないので、背の高い荷物や横幅の広い荷物もスムーズに積み下ろしできるのかなと思いました。

また、テールゲートをすべて開いた時の地上から荷室の床面までの高さは約480mmとなっており、競合車のホンダのステップワゴン(STEPWGN)よりも少し高くなっています。

■新型ステップワゴンの地上から荷室の床面までの高さ

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の荷室フロアの高さは、これでも十分に低くなってなので、重たい荷物の積み降ろしも難なく行えるのかなと思いました。

テールゲート全体を開けた時の後方への張り出しは、どのくらい?

ただ、テールゲート全体を開けた時の欠点・デメリットは、後ろへの張り出しです。

■新型セレナのテールゲートを開けた時の後方への張り出し

この新型モデルのテールゲート全体を開けた時の後方への張り出し量を確認してみたところ、約1,000mmとなっており、若干大きめ。

ちなみに、一般的な駐車場の後方スペースのゆとりは広くても700mm前後となっているようです。なので、後方のスペースによほど余裕がなければ、テールゲート全体を開けるのは、ちょっと難しいのかなと言った印象を持ちました。

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲート全体を持ち上げた時のグリップの高さは約1,820mmとなっており、小柄な女性でも開け閉めがしやすい高さに設定してあるのは、好印象でした。

テールゲート上半分を開けた時の荷室開口部のサイズ

一方、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲート上半分(ハーフバックドア)を開けた時の開口部の広さは、どのようになっていたのでしょうか?

実際に計測をしてみたところ、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERの荷室開口部の広さ:テールゲート半分開け
荷室開口部の高さ :約 700mm
荷室開口部の横幅 :約1,020mm
開口部下端までの高さ:約1,020mm

テールゲートの上半分を開けた時の荷室開口部の高さは約700mmとなり、テールゲート全体を開けた時と比較すると、サイズはかなり小さくなります。

ただ、実際に使ってみると、思ったよりも開口部は広く、思ったよりも使い勝手が良い感じが…。なので、旅行用のボストンバックやスーパーの買い物袋くらいの大きさなら、難なく積みこめるのかなと思いました。

地上から開口部の下端の高さも意外と低い

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲートの上半分のみを開けた時の開口部の高さを気にする人もいるかと思いますが、実際に確認してみると、意外と低め。

この新型モデルの荷室開口高の高さは約1,020mmとなっており、開口部の下端はちょうど女性の腰くらいの高さに…。

荷物を高く持ち上げる感じが強いので、スーツケースや家電など、重たい荷物を積みこむには少々不向きですが、女性用のハンドバックやトートバック、スーパーの買い物袋くらいの大きさや重さなら女性でもラクに出し入れをする事ができるのかなと思いました。

後ろの張り出し量の小ささも魅力の一つ

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のテールゲートの窓枠部分のみを開けた時(ハーフバックドア)の魅力&メリットの一つは、後ろへの張り出しの少なさです。

■新型セレナのテールゲートの窓枠部分を開けた時の様子

実際にテールゲートの窓枠部分を開けた時の後ろへの張り出し量を確認したところ、ハイウェイスター/ノーマルモデルそれぞれこのようになっていました。

■新型セレナのハーフバックドア時の張り出し量
ハイウェイスター:約480mm
ノーマルモデル :約510mm

若干上位モデルのハイウェイスター(Highway STAR)の方が張り出し幅が大きくなっていますが、どちいのモデルもテールゲートを全部開けた時と比較すると、半分くらいのサイズに…。

これなら後方に十分なスペースが確保されていない駐車場でも、クルマを前方に移動することなく、開け閉めができるのかなと思いました。

また、ハーフバックドアにすると、全部開けた時と比べて、グリップの位置が若干高くなってしまいます。ただ、この新型モデルには、ストラップが標準装備されており、小柄な女性でも手が届くように配慮されているのも好印象でした。

■新型セレナe-POWERの荷室に備わっているストラップ

日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の装備の一つでもあるデュアルバックドアの開口部の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

テールゲート全体を開けた時の開口部が広いのは良そうしていましたが、上半分を開けた時も思ったよりも広い感じが…。また、テールゲートの上半分を開けた時の開口部の下端が低く、小柄な女性でも安心して使えるようなデザインになっているのも好印象でした。

テールゲートの上半分のみ開けると、力を入れることなく開け閉めをすることができますし、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載されているデュアルバックドアは女性の強い味方なのかなと思いました。

【次のページ】>>> デュアルバックドアとわくわくゲート【使い勝手が良いのはどっち?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする