新型セレナ ニスモの外装画像レビュー【ノーマル車より精悍なデザインに!?】

2017年の東京モーターショーで初お披露目をした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)が、2017年11月にデビューをしました。

このクルマのベースになっているノーマルモデルでは、Vモーショングリルを採用するなど押し出し感の強い迫力のデザインになっていますが、今回新発売されたニスモ(NISMO)は、ノーマルモデルよりもさらに精悍な顔つきに…。

また、外装・エクステリアの様々なパーツに施されているレッドアクセントもニスモ(NISMO)らしさを演出していて、とても良いと思いました。

2017年11月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、どのような専用装備を施しているのでしょうか?

今回新発売されたニスモ(NISMO)の外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモの外装画像レビュー

2017年11月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモの外装画像

新型セレナ(SRENA)は、比較的カジュアルな顔つきが特徴の”ノーマルモデル”と、上位モデルの”ハイウェイスター”が用意されていますが、今回新発売されたニスモ(NISMO)のベースになっているのは、上位モデルの”ハイウェイスター”です。

■ニスモのベースとなっている新型セレナ ハイウェイスター

 

ただ、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアは、前後左右すべてに専用デザインの装備を装着しており、ベースとなっているハイウェイスター(Highway Star)よりも精悍な見た目になっているように感じました。

また、実際に見てみると、どっしりとした安定感もあり、5ナンバーサイズのミニバンとは思えない存在感がありました。

このように精悍なデザインになった新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、外装・エクステリアの特徴を紹介したいと思います。

特徴1:シャープさが際立つフロントマスク

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアの特徴の一つは、フロントマスクです。

このニスモ(NISMO)では、ダーククロームメッキを採用した専用デザインのフロントグリルを採用。

■新型セレナ ニスモのフロントグリル

Vモーショングリルの内側は、ブラック塗装されたバー(横棒)になっており、ノーマルモデルよりも引き締まったデザインになっているように感じました。

また、フロントグリル内には、”ニスモ”の専用エンブレムも装備。

■新型セレナ ニスモの専用エンブレム

そして、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、ニスモ(NISMO)の特徴の一つでもあるハイパーデイライトを標準装備しているのも好印象でした。

■新型セレナのLEDハイパーデイライト

特徴2:前後左右すべてに専用のエアロパーツを標準装備

ニスモ(NISMO)の特徴の一つは、エアロパールを備えたスポーティーなデザインですが、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、前後のバンパー、サイドシルプロテクター、リヤスポイラーなど、前後左右すべてに専用デザインのエアロパーツを標準装備しています。

■フロントバンパー

■リヤバンパー

■サイドシルプロテクター

■リヤスポイラー

エアロパーツに施されているレッドのアクセントラインが良いですよね。

このレッドのアクセントラインが印象的な新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、良い意味でニスモらしいデザインになっていてるように感じました。

ちなみに、このクルマに装着されているエアロパーツは見た目のデザイン性だけではなく、空力性能もしっかりと考慮して設計されているので、カーブの安定性が高くなっているようですよ。

特徴3:クロームメッキを採用して引き締まったデザインに…

また、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアで印象的だったのは、アウトドアハンドルやリヤのナンバープレートの上の部分のガーニッシュ”バックドアフィニッシャー”のデザインです。

ノーマルモデルのセレナ(SERENA)のアウトドアハンドルやバックドアフィニッシャーは、キラキラと輝くメッキ調のパーツを装備していたのですが、このニスモ(NISMO)では、専用デザインのダーククロム調のメッキを採用。

■ダーククロムメッキのアウトドアハンドル

■ダーククロムメッキのバックドアフィニッシャー

このダーククロム調のメッキのおかげで、横や後ろからのデザインが引き締まった感じが…。

このダーククロムメッキ調のアウトドアハンドルも、ニスモ(NISMO)らしいスタイリッシュなデザインに一役かっているのかなと、思いました。

特徴4:スポーツモデルらしいデザインのタイヤ&ホイール

また、タイヤ&ホイールも日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の注目ポイントの一つです。

ノーマルモデルでは、ダンロップのエナセーブなどエコタイヤが装備されていたのに対し、今回新発売されたニスモでは、17インチ(205/50R17)サイズのブリヂストンの”ポテンザ・アドレナリンRE003″を標準装備。

■新型セレナ ニスモのタイヤ

また、ホイールもガンメタ塗装されたニスモ専用デザインのものを標準装備しており、スポーツモデルらしい引き締まった足回りになっていて、好印象でした。

ちなみに、今回新発売され新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は専用のサスペンションを装着しているため、車高がノーマルモデルよりも15mmほどローダウンしています。

この事もあり、今回新発売されたこの新型モデルでは、ビシッと引き締まった乗り味になっているようですよ。

この乗り心地・走破性の違いも注目ポイントの一つかもしれませんね。

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

専用のエアロパーツなどを標準装備しているこのニスモ(NISMO)は、ノーマルモデルよりも精悍なデザインに…。また、ニスモ(NISMO)は存在感があるので、実際のサイズ以上に大きく見えました。

日産から発売されているコンプリートモデルの”ニスモ”は、スタイルやカラーリングの良さから、また、普段使いにもピッタリな事から、走りにこだわる従来のファン以外からの人気もかなり高いようです。実際にノートe-POWERニスモは、かなり売れているようですし…。

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)も、デザイン性は優れているので、個人的には、かなり人気がでるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする