【専用装備は何がある?】新型セレナ ニスモの外装画像インプレ

2017年11月、日産の人気ミニバン”新型セレナ(SERENA)”をベースに専用のチューニングを施したニスモ(NISMO)仕様を発売しました。

先日、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)を見に行ってきたのですが、ノーマルモデルよりもかなりスタイリッシュなデザインに…。

また、外装・エクステリアには、レッドのアクセントラインが随所にあしらわれており、一目見てニスモ(NISMO)のと分かるデザインになっていました。

>>> 【実車画像レビュー】新型セレナ ニスモ仕様の外装の特徴のわかりやすく紹介

このようにスポーティーさを感じるデザインになっている新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、外装・エクステリアには、どのような専用装備を備えているのでしょうか?
また、専用装備は、どのようなデザインになっているのでしょうか?

実車画像を使って、この新型ニスモ(NISMO)の外装・エクステリアの専用装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモの外装【専用デザインの装備&パーツを紹介】

2017年11月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモ仕様の外装

専用デザインのフロントマスクになっており、ノーマルモデルよりも引き締まった精悍な雰囲気に…。また、ノーマルモデルよりも迫力のあるデザインになっているため、5ナンバーサイズとは思えない存在感がありました。

このようなデザインになっている新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の外装・エクステリアですが、次のような専用デザインの装備を備えていました。

その1:フロントグリル

今回新発売されたニスモ(NISMO)では、ベースとなっているハイウェイスターと同様に3段のVモーショングリルを採用しております。

■ニスモ専用デザインのフロントグリル

しかし、今回新発売されたこの新型モデルの一番下の大きなVモーショングリルには、黒っぽく落ち着いた雰囲気のあるクロームメッキを標準装備。

この専用デザインのフロントグリルのおかげで、ノーマルモデルよりも精悍さが強調されたフロントマスクになっているように感じました。

その2:フロントバンパー

また、フロントバンパーも、2017年11月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用デザインとなっています。

このようにニスモ(NISMO)とノーマルモデルのフロントバンパーを見比べて頂ければ分かると思いますが、今回新発売されたニスモ(NISMO)の方がノーマルモデルよりもロー&ワイドが強調されたデザインに…。

■ニスモのフロントバンパー

■ノーマルモデルのフロントバンパー

また、この専用デザインのバンパーは、見た目のデザイン性だけではなく、空力性能も優れているため、高速走行時の安定性にも良い影響を与えているようですよ。

その3:LEDハイパーデイライト

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、他のニスモ仕様と同様にLEDのハイパーデイライトを標準装備しています。

■ニスモのLEDハイパーデイライト

このハイパーデイライトを点灯すると、このような感じになります。

精悍なフロントマスクにピッタリなスタイリッシュなデザインに…。

また、バンパーの張り出しを強調しているピアノブラック調のハイパーデイライトのまわりのデザインも、ワンランク上の上質感を演出しているように感じました。

その4:ドアミラー

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のドアミラー(サイドミラー)は、他のニスモと同様にブラックカラーに…。

■新型セレナ ニスモのドアミラー

ドアミラー(サイドミラー)には、レッドのアクセントラインが施されており、ニスモらしいデザインになっていました。

その5:アウトサイドドアハンドル

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、黒光りするような重厚感のあるダーククロムメッキをアウトドアハンドルに採用。

■ニスモのアウトドアハンドル

ダーククロムメッキを採用さいたこのアウトドアハンドルも、ニスモ(NISMO)らしい引き締まったサイドビューを演出しているように感じました。

その6:サイドシルプロテクター

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、専用デザインのサイドシルプロテクターを標準装備しています。

■新型セレナ ニスモのサイドシルプロテクター

専用デザインのサイドシルプロテクターは、ニスモの特徴でもあるレッドのアクセントラインを採用。

また、この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のサイドシルプロテクターは、フロントドア前方下側とスライドドア後方下部の2か所に分かれて装着されており、シャープな印象を受けました。

その7:タイヤ&ホイール

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)とノーマルモデルで大きく異なるのは、タイヤ&ホイールのデザインです。

ノーマルモデルのタイヤは、15インチサイズだったのに対し、この新型モデルでは、ひと回り大きい17インチのタイヤ&専用デザインのホイールを標準装備。

また、標準装備しているタイヤメーカー&ブランドも異なり、この新型ニスモでは、ブリヂストンのスポーツタイヤ”ポテンザ アドレナリン RE003(POTENZA Adrenalin RE003)”となっております。

このおかげもあり、この新型ニスモ(NISMO)の乗り心地・走破性は、ノーマルモデルよりも格段にアップしているようですよ。

また、ミニバンとは思えないチカラ強いデザインになっている専用デザインのホイールも見逃せないポイントの一つだと思いました。

その8:リヤスポイラー

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、専用デザインのリヤスポイラーを標準装備しています。

■新型ニスモのリヤスポイラー

このニスモ(NISMO)に標準装備されているリヤスポイラーは、ノーマルモデルのものよりも張り出しが大きくなっており、スポーティーなデザインに…。

また、この新型ニスモのリヤスポイラーは、リヤウインドウのサイド部分を覆うような形状になっており、走行安定性が高められているのも注目ポイントの一つだと思いました。

その9:バックドアフィニッシャー

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、ナンバープレートの上にあるメッキパール(バックドアフィニッシャー)も、アウトドアハンドルと同様に重厚感のあるダーククロムメッキを採用。

■新型ニスモのバックドアフィニッシャー

専用デザインのリヤバンパー&リヤスポイラーと相まって、引き締まったリヤビューを演出していました。

その10:リヤバンパー

今回デビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、専用デザインのリヤバンパーを標準装備しています。

■新型ニスモのリヤバンパー

このリヤバンパーのおかげで、後ろすがたもどっしりとした印象に…。

また、この新型モデルに採用されているリヤバンパーは、レッドのアクセントラインや左右に分割されたディフューザーデザインが採用されるなど、良い意味でニスモ(NISMO)らしいデザインになっているように感じました。

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ(SERENA)をベースにしたカスタマイズモデルのニスモ(NISMO)の外装・エクステリアには、このような専用デザインの装備が採用されていました。

このように見ると、専用デザインのパーツ・装備は、かなり多いですよね。

そのおかげもあり、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、ノーマルモデルよりも迫力のあるデザインになっていました。

また、専用のエアロパールを備えたニスモ(NISMO)は、ハンドルの操舵性・高速走行での安定性&乗り心地が向上したのも注目ポイントの一つです。

もし、ノーマルモデルの顔つきや走破性に満足できなかったら、このニスモ(NISMO)の購入を検討するのも良い方法かもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする