専用デザインになった新型セレナ ニスモのメーターを実車画像でチェック

専用のチューニングを施しスポーティさに磨きをかけたカスタムモデル新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)が、2017年11月に日産からデビューをしました。

先日、デビューをしたばかりの新型モデルの試乗に行ってきたのですが、専用装備を施されたこの新型モデルは、ベースとなっているノーマルモデルよりも精悍なデザインに…。

また、内装・インテリアもレッドの加飾が施されるなど、スポーツモデルらしいデザインになっていました。

>>> 新型セレナ ニスモの内装を実車画像でチェック【ノーマル車との違いを比較】

このようにスポーツモデルらしい内装になった日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、メーターのデザインもノーマルモデルと異なります。

今回新発売された新型ニスモ(NISMO)のメーターは、どのようなデザインになっているのでしょか?また、ノーマルモデルとの違いは、何だったのでしょうか?

今回新発売をした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のメーターについて、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモのメーター画像レビュー

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモのインパネ

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネは、ブラックを基調にニスモのイメージカラーでもあるレッドをあしらった専用デザインに…。

インパネの上段にあしらわれているサラサラしっとりとしたスエード調の素材や、ハンドルやシフトレバーなどの専用装備おかげで、このニスモ(NISMO)は、ノーマルモデルよりもスポーティーな雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

>>>【関連記事】新型セレナ ニスモのインパネを実車画像で徹底チェック

そして、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、このようなデザインのメーターになっていました。

■新型セレナ ニスモのメーター

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、ハンドル・ステアリングホイールの上からメーターを確認する”オンダッシュメーター”を採用しているのは、ノーマルモデルと共通になっています。

また、メーターの右側にスピードメーターを配置し、左側には、様々な情報を表示してくれる7インチサイズの液晶ディスプレイ”アドバンスドドライブアシストディスプレイ”が標準装備されているのも共通です。

■新型セレナ ニスモのスピードメーター

■新型セレナ ニスモのアドバンスドドライブアシストディスプレイ

ただ、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)とノーマルモデルでは、スピードメーターを囲っている加飾パーツのカラーに違いがありました。

ノーマルモデルでは、シンプルなシルバーの加飾パーツをスピードメーターまわりに採用していたのに対し、新型ニスモ(NISMO)では、このクルマのイメージカラーでもあるレッドの加飾パーツを採用。

■ノーマルモデルのスピードメーター

■ニスモのスピードメーター

ノーマルモデルよりもニスモの方がインパクトのあるデザインに…。

また、ニスモ(NISMO)のスピードメーターの左側には、専用デザインのエンブレムも刻印されています。

このニスモ専用エンブレムを見ると、気持ちが高まりますね。

このようにワクワク感を演出してくれるのも、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の魅力の一つなのかなと、思いました。

アドバンスドドライブアシストディスプレイの表示項目に違いはあるの?

先ほども申し上げた通り、今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)でも、メーターの左側に7インチサイズの液晶ディスプレイ”アドバンスドドライブアシストディスプレイ”が標準装備されています。

そんな新型ニスモ(NISMO)の”アドバンスドドライブアシストディスプレイ”ですが、ニスモ専用の表示項目は用意されていたのでしょうか?

実際にこの新型モデルの”アドバンスドドライブアシストディスプレイ”の画面を切り替えて表示項目を確認してみたところ、次のような表示項目を用意していました。

■タコメーター

■プロパイロット画面

■ドライブコンピューター

■セーフティーシールド

■水温計

■アイドリングストップ時間&節約燃料

■アイドリングストップ累計時間&累計節約燃料

■燃費情報

■5分間燃費

■エコペダルガイド

■警告画面

このように日産から新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”の情報は充実しています。ただ、残念ながら、ニスモ専用の表示項目やデザインは、ありませんでした。

個人的には、ニスモ(NISMO)はスポーツモデルなので、タコメーターを専用デザインにしても面白かったのかなと、思いました。

エンジンを立ち上げた時のオープニング画面に違いが…

このように新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の”アドバンスド ドライブ アシスト ディスプレイ”は、ニスモ専用のデザインになっていませんでしたが、エンジンを立ち上げた時の画面に若干違いがありました。

ノーマルモデルでは、このように白いセレナ(SERENA)の画像が”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”に浮かび上がります。

しかし、今回新発売された新型モデルでは、ボディ下部にレッドのアクセントラインが入ったニスモ仕様に変更…。

このニスモのフォルムを投影した演出は、プレミアム感を高めるのにとても良いと思いました。

2017年11月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用装備の一つでもあるメーターは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのメーターは、ニスモ専用エンブレムを刻印するなどプレミアム感があるデザインに…。また、スエード調のパッドを採用したインパネにもマッチをしていて、とても良いと思いました。

特にエンジンを立ち上げた時に”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”に表示されるNISMO使用のオープニング画面は、良かったです。

もし新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)を試乗する機会がある方は、ぜひとも”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”に表示されるオープニング画面に注目してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする