新型セレナ ニスモの内装を実車画像でチェック【ノーマル車との違いを比較】

日産の人気ミニバン”セレナ”に専用のチューニングを施した高性能モデル新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)が、2017年11月にデビューをしました。

この新型モデルは、専用デザインのエアロパーツやアルミホイールが標準装備されており、ノーマルモデルよりもスタイリッシュな雰囲気に…。5ナンバーサイズのミニバンとは思えない程、上質なデザインになっているように感じました。

>>> 新型セレナ ニスモの外装画像レビュー【ノーマル車より精悍なデザインに!?】

また、今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、内装・インテリアも専用デザインの装備・パーツを多数用意しており、スタイリッシュ、かつ、スポーティーに生まれ変わっていました。

この新型ニスモ(NISMO)の内装・インテリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、このクルマのベースになっているハイウェイスターの内装・インテリアと比較すると、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアを詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモの専用デザインの内装をチェック

2017年12月にデビューをした新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモの内装・インテリア

ちなみに、こちらは新型ニスモ(NISMO)のベースになっているハイウェイスター(Highway STAR)の内装・インテリアです。

■新型セレナ ハイウェイスターの内装・インテリア

ノーマルモデルは、ブラック基調の落ちつた雰囲気の内装・インテリアになっていましたが、今回新発売された新型ニスモ(NISMO)の内装・インテリアは、ブラックをベースにレッドのアクセントカラーを採用。

また、メーターフードなどのインパネの各パーツや、ドア内側パネルに採用されている素材は、サラサラ&しっとりとした肌触りが特徴のスエード素材を採用。

ルーフもブラックになっており、この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、ノーマルモデルよりもスポーティーで、引き締まった印象の内装・インテリアになっているように感じました。

内装・インテリアにも専用装備が多数

このようなデザインになっている新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアですが、注目ポイントの一つが、ニスモ専用デザインの装備です。

今回新発売されたこの新型モデルの内装・インテリアでは、次のような専用デザインの装備・パーツを用意していました。

■NISMOロゴが刻印されたメーター

■赤いセンターマークが印象的な本革&アルカンターラ巻のハンドル

■赤いステッチが印象的なシフトレバー

■レッドのステッチがオシャレなスエード調のドア内側パネル

また、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、オプションで次のような専用デザインのアイテムも用意しています。

■NISMOのロゴが刻印された専用デザインのフロアマット

■ステップ部分を彩るNISMO専用デザインのエントランスプレート

このレッドのアクセントカラーに彩られたの専用デザインのパーツ&アイテムのおかげで、スポーツモデルらしい内装・インテリアに…。

この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアは、運転手の気持ちを高めてくれるとても良いデザインになっているように感じました。

シートも専用デザインを採用

シフトレバーやメーターなど、内装・インテリアに様々な専用デザインのパーツ・アイテムを用意している日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、シートも専用デザインになっています。

■フロントシート

■2列目シート

■3列目シート

今回新発売された新型ニスモ(NISMO)のフロントシートは、赤のドット状のデザインが印象的なスポーツモデルらしいシートを標準装備。また、シートのサイドにあしらわれている赤いステッチも良いアクセントカラーになっているように感じました。

この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のシートのメイン部分には、毛足が長くやわらかな肌触りが特徴のスエード素材が採用されており、座り心地が良いのも好印象でした。

ただ、この新型モデルの運転席は、スポーツモデルにしては、サイドのサポートがあまりないのが、少々残念でした。

ちなみに、今回新発売された新型ニスモ(NISMO)では、このクルマ用に専用のチューニングが施されたメーカーオプションでレカロシートが用意されています。

オプション価格が約27万5000円と若干高いのですが、私のようにサポート力の甘さが気になった方は、専用デザインのレカロシートの購入を検討しても良いかもしれませんね。

内装・インテリアの使い勝手の良さはそのまま

このようにインパネやシートはスポーツモデルらしいデザインになっている新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、収納スペースやUSBの数、使い勝手は、基本的には全く変わりません。

例えば、2列得mシートの中央シートにもセンターコンソールにもなるセレナ(SERENA)の
オリジナルの装備でもある”スマートマルチセンターシート”は、このニスモ(NISMO)にも用意されています。

■ニスモのスマートマルチセンターシート

ちなみに、ニスモのスマートマルチセンターシートの表皮は、インパネやシートの素材にマッチしたスエード調になっていました。

また、ノーマルモデルと同様に新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)でも、シートバックテーブルやUSBポートもしっかりと装備されておりました。

■ニスモのシートバックテーブル

■USBソケット

このように日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、ミニバンらしい機能・装備も充実しているので、小さいお子さんがいても困る事はありません。

ミニバンとしてのレベルの高さも、今回新発売された日産の新型ニスモ(NISMO)の魅力の一つなのかなと、思いました。

ちなみに、メーカーオプション設置になっているレカロシートを注文すると、2列目シートようのシートバックテーブルやUSBソケットは装着されないようなので、注意をしてくださいね。

日産の人気ミニバンのセレナをベースにしたコンプリートモデル”新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、ブラックをベースにレッドのアクセントカラーを組み合わせたスポーツモデルらしいデザインに…。

ミニバンの内装・インテリアは、デザイン性よりも使い勝手の方が重要視されますが、今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、使い勝手の良さとスポーツモデルらしさを上手に両立させた良いデザインだと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする