【専用装備を実車画像で確認】新型セレナ ニスモのインテリア画像レビュー

2016年にデビューをした”セレナ ハイウェイスター”をベースに、足回りを強化したスポーツモデル新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)が、2017年11月にデビューをしました。

先日、今回新発売された新型モデルの試乗に行ってきたのですが、個人的にとても気に入ったのが、内装・インテリアのデザインです。

スポーツモデルらしいスタイリッシュさとミニバンらしい使い勝手の良さを兼ね備えた、とても良いデザインになっているように感じました。

>>> 新型セレナ ニスモの内装を実車画像でチェック【ノーマル車との違いを比較】

このように質感の高さが伺える新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアですが、どのような専用装備を備えているのでしょうか?また、専用装備は、どのようなデザインだったのでしょうか?

実車画像を使って、今回新発売されたこの新型ニスモ(NISMO)の内装・インテリアの専用装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモの内装【専用装備は何がある?】

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモの内装

ダッシュボードの上に設置されている”オンダッシュメーター”やセンターコンソールに早変わりをする”スマートマルチセンターシート”を装備するなど、この新型ニスモ(NISMO)の内装のデザインや使い勝手は、ノーマルモデルと同じになっております。

■新型セレナ ニスモのオンダッシュメーター

■新型セレナ ニスモのスマートマルチセンターシート

ただ、この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアには、様々な専用装備を用意しており、ノーマルモデルよりもワンランク上の質感を備えているように感じました。

そんな新型ニスモ(NISMO)の内装・インテリアに用意された専用デザインの装備・パーツを紹介したいと思います。

その1:インパネ

今回新発売された日産のミニバン”新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)”の専用デザインの装備の一つが、インパネです。

この新型モデルのインパネでは、レッドのアクセントラインが入ったスエード調のパネルを採用。ノーマルモデルと異なるスポーティーな内装・インテリアを演出しているように感じました。

また、ハンドルやシフトレバー、送風口などインパネに搭載されている各パーツも専用のデザインに…。レッドの加飾が印象的で、スポーティーなニスモ(NISMO)らしいデザインになっているように感じました。

■ハンドル・ステアリングホイール

■送風口

■シフトレバー

■エンジンスタータースイッチ

■センタークラスター

ちなみに、ハンドルやシフトレバーなど、各装備のデザインや使い勝手、実際に操作してみた感想などは、コチラの記事にまとめてあります。

>>> 専用パーツは要注目!新型セレナ ニスモのインパネを実車画像で徹底チェック

専用デザインのインパネに関して、詳しく確認したい方は、コチラの記事を確認してみてくださいね。

その2:メーター

また、メーターもノーマルモデルとは異なる新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用装備の一つです。

■新型セレナ ニスモのメーター

ノーマルモデルと大きく異なるのは、スピードメーターを囲っている加飾パーツとエンブレムです。

ノーマルモデルは、シルバーの加飾パーツ(フィニッシャー)で囲まれているのに対し、今回新発売されたニスモ(NISMO)では、赤いデザインに…。また、ニスモ専用エンブレムも刻印されています。

■ニスモ専用のレッドフィニッシャー&エンブレム

ノーマルモデルよりもスポーティーさを感じるデザインになっているのは、とても良いと思いました。

また、日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)とノーマルモデルでは、エンジンを始動した時に”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”に表示されるオープニング映像にも違いがあります。

このニスモ専用になっているオープニング演出も注目ポイントの一つなのかなと、思いまいた。

>>> 新型セレナ ニスモ専用のオープニング演出について確認したい方は、コチラから

その3:ドア内側パネル

また、ドア内側パネルも新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用デザインになっています。

■ドア内側パネル(フロントドア)

■ドア内側パネル(スライドドア)

注目なのは、トリム部分のデザインと素材です。

この新型ニスモ(NISMO)では、レッドのアクセントラインが入ったスエード素材のトリムを採用。

スポーツモデルらしいスタイリッシュなデザインになっているように感じました。
また、スエード素材は肌触りが良く、ドアアームレストに腕を置いた時の感触が良いのも好印象でした。

その4:ルーフ&ピラー&サンバイザー

ハンドルやシフトレバーなど各パーツだけではなく、ルーフやピラーも新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用デザインとなっています。

今回新発売された新型ニスモ(NISMO)は、このようにルーフやピラーにブラックカラーを採用しています。

■新型ニスモのブラックルーフ

■新型ニスモのブラックピラー

■新型ニスモのサンバイザー

かなりカッコいいですよね。

ブラックルーフやピラーを採用すると、車内に乗りこんだ時に圧迫感を感じやすいと言う欠点・デメリットもあります。

私は実際にこの新型ニスモ(NISMO)とベースになっているハイウェイスターを乗り比べてみたのですが、ブラックルーフを採用しているニスモの方が、車内が一回り狭く感じました。

ただ、このブラックのルーフやピラーのおかげで、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、ノーマルモデルよりも引き締まった&スタイリッシュな内装・インテリアになっている感じが…。

個人的にはノーマルモデルよりもニスモの内装・インテリアの方が好みでした。

その5:フロアマット

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、ディーラーオプション設定になっているフロアマットも専用デザインになっています。

■新型ニスモのフロアマット

この新型ニスモ(NISMO)のフロアマットは、NISMOエンブレムを採用。

また、このフロアマットの縁の部分には、このクルマのイメージカラーでもある赤いステッチが施されているのも好印象でした。

ちなみに、新型ニスモ(NISMO)では、荷室・ラゲッジスペースにもフロアマットが採用されるのも注目ポイントの一つですよ。

>>> 新型セレナ ニスモの荷室のフロアマットを確認したい方は、コチラから

その6:シート

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、このようにレッドのステッチが入った専用デザインのシートを標準装備しております。

■新型ニスモのフロントシート

■新型ニスモの2列目シート

■新型ニスモの3列目シート

フロントシートの背もたれには、このようにNISMOのエンブレムが刻まれており、ノーマルモデルよりもスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

また、この新型ニスモの専用シートの素材には、サラサラ&しっとりとしたスエード素材を使用。

スポーツモデルらしいスタイリッシュなデザインだけではなく、肌に触れた時の感触が良いのも好印象でした。

ちなみに、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、メーカーオプションでフロントシートをレカロシートに変更する事が可能です。

ミニバンで、レカロシートを装着できるのは、珍しいですよね。

私はメーカーオプションのレカロシートを見る事はできなかったのですが、ディーラーさんの話によると、新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のレカロシートは、このクルマ用に専用のチューニングが施されており、長時間座っても疲れにくいデザインになっているようですよ。

このメーカーオプションのレカロシートも注目ポイントの一つかもしれませんね。

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の内装・インテリアは、このような専用装備を備えていました。

この専用装備のおかげもあり、この新型ニスモ(NISMO)の内装・インテリアは、引き締まった高級感のあるデザインに…。また、基本的なデザインは、ノーマルモデルと全く同じなのですが、別のクルマに乗っているような錯覚に陥りました。

また、日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)は、内装・インテリアのデザインが良いだけではなく、カーブを曲がった時の安定性や自動運転技術のプロパイロット機能を使った時の乗り心地も、ノーマル車よりも良くなっています。

ノーマルモデルでよりもワンランク上の高級感や上質感を欲しいと思っている方には、この新型ニスモ(NISMO)は、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする