【ステップワゴンと比較】新型セレナe-POWERの方が見劣りする部分・欠点とは?

2018年3月、モーターのチカラのみで駆動するストロングハイブリッド”e-POWER”の第2弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

そんな新型e-POWERの競合車・ライバル車の一つが、ホンダから発売されているミドルクラスミニバンの新型ステップワゴン(STEPWGN)です。

どちらのモデルも魅力的な機能を備えているこの2台のモデルですが、実際に見比べてみると、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が見劣りする部分が…。

今回新発売された日産の新型e-POWER(eパワー)の方がホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)よりも見劣りする部分は、どんな違いがあったのでしょうか?また、日産の新型モデルの方が見劣りする部分は、何だったのでしょうか?

実際にこの2台のモデルを試乗してみて、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が劣ると感じた欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの欠点1:高速域でのパワー

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を比較して、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が劣っていると感じた事の一つが、高速域でのパワー&走破性です。

100%モーター駆動をするe-POWERの欠点・デメリットは高速域での走行と言われていますが、実際にこの新型e-POWER(eパワー)で高速道路を運転してみたところ、思ったよりも高速域での加速に不満は感じませんでした。

実際に高速道路を試乗をした際、何度か追い越し・追い抜き加速をしてみたのですが、アクセルを踏みこむと、静かにス~~っと加速をしていき、左車線を走行しているクルマを難なく追い抜いていってくれます。

しかし、ホンダから発売されている新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が全体的にパワーや加速力に余裕がある感じが…。

セレナe-PWOERとステップワゴンで特に違いを感じたのは…

この2台のモデルの高速域の加速で特に違いを感じたのは、グッと一気に深くアクセルを踏みこんだ時の加速感です。

高速域ではe-POWERのようにモーター駆動からエンジンを直接クラッチに繋いで駆動をする”エンジンドライブモード”に切り替えるホンダの新型ステップワゴンでは、アクセルをグッと深く踏みこむと、後ろから押し出したかのようにチカラ強く加速をしていってくれます。

さすがこの新型ステップワゴン ハイブリッドは、ガソリン車で言うと3.5リットルクラスのパワー&加速力を備えていると言うだけの事はあると、試乗をしていて感心をしてしまいました。

一方、日産の新型セレナe-POWERでもそれなりに加速をしてくれるのですが、新型ステップワゴンのように前に飛び出すようなチカラ強い加速力は体験する事はできません。

エンジン駆動でパワフルな加速をしていってくれるホンダの新型ステップワゴンと比較すると、この新型e-POWER(eパワー)の高速域での加速力には、少し物足りなさを感じてしまいました。

また、日産の新型e-POWERは、高速道路をガンガンと飛ばして運転したい人には、ちょっと物足りない加速性能になっているのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの欠点2:内装・インテリアの装備

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴンよりも劣っていると感じたのが、内装・インテリアの装備です。

各シートにUSBポートや折り畳みテーブルを用意しているのは、ホンダの新型ステップワゴンにはないこの新型e-POWERの魅力の一つなのですが、その一方、内装・インテリアに物足りなさを感じた部分もありました。

その一つが、アクセサリーコンセントです。

ホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)では、AC100Vのアクセサリーコンセントをメーカーオプションで用意しており、最上位モデルの”ハイブリッドG EXグレード”に装着する事が可能です。

■新型ステップワゴンのアクセサリーコンセント

しかし、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、AC100Vのアクセサリーコンセントは、用意されていません。

また、エアコン/ヒーターの使い勝手も新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも劣る部分の一つです。

新型ステップワゴンの最上位モデル”ハイブリッドG EXグレード”では、運転席と助手席だけではなく、後部座席も独立して温度や風量を調節できる”トリプルゾーンコントロール
フルオートエアコンディショナー”を標準装備しています。

■新型ステップワゴンのエアコン/ヒーター

しかし、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、運転席と助手席を別々に温度や風量の調整を行う事ができる左右独立式のエアコンは、用意されていません。

■新型セレナe-POWERのエアコン

また、この新型e-POWER(eパワー)では、後部座席のエアコン/ヒーターの温度や風量を独立して調節できる”オートデュアルエアコン”は、全グレード通じてメーカーオプション設定になっています。

■新型セレナe-PWOERのオートデュアルエアコン

これはちょっと残念ですよね。

日産から新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、3列目シートのスライド機能など競合車・ライバル車に用意されていない機能や装備が搭載されいますが、このような欠点・デメリットもあるので、注意が必要なのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの欠点3:荷室・ラゲッジスペースの使い勝手

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が競合車・ライバル車の新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも劣ると感じたのが、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

この2台のモデルの3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、それぞれこのようになっています。

■新型セレナe-POWERの荷室・ラゲッジスペース

■新型ステップワゴンの荷室・ラゲッジスペース

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースで注目をして貰いたいのは、横幅の広さです。

日産から新発売された新型e-POWER(eパワー)は、3列目シートを左右に跳ね上げる方法を採用しているのですが、収納時のシートの張り出しはかなり大きめ…。

なので、この新型e-POWERの荷室・ラゲッジスペースは、3列目シートを収納すると、思ったよりも狭く感じてしまいまいました。

一方、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、新型e-POWERと異なり、床下にシートを収納する方式を採用。そのおかげもあり、3列目シートを収納してみると、まるでシートを取り外したかのように広々とした空間に…。

このように荷室・ラゲッジスペースが広々としているので、エアコンや大型テレビなど横幅がある荷物もラクラク積みこみができちゃいそうです。

このように3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手も、新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が若干劣っているのかなと感じました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を見比べたところ、このような違いがありました。

そんな2台のモデルを実際に見比べて、特に大きな違いを感じたのは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手に、大きな差がある感じが…。

小さいお子さんがいるご家庭やミニバンに乗ってアウトドアレジャーに行こうと思っている方にとっては、新型e-POWER(eパワー)の荷室・ラゲッジスペースでは、少し心もとないのかなと感じました。

現在大ヒットをしている新型e-POWERですが、このように競合車の新型ステップワゴンよりも見劣りする部分もあるので、購入を検討している方は、事前にしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> どっちが高い!?新型セレナe-POWERとステップワゴンの見積もり比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする