スライド量は思ったより小さい!?新型ステップワゴンの2列目シート画像レビュー

2017年9月にホンダの人気ミニバンの新型ステップワゴン(STEPWGN)が、初のビッグマイナーチェンジを行い、新たなデザインに生まれ変わりました。

マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの魅力の一つが、内装・インテリアの機能やの充実度です。

後部座席に搭載されている空調のコントローラーやLEDのルームランプなど、競合車には装備されていない装備が、新型ステップワゴン(STEPWGN)に標準装備されているのは、とても良いと思いました。

その一方、2列目シートの作りやスライド量に関しては、競合車・ライバル車に劣っている感じが…。また、2列目シート周りの利便性や快適性に関しても、物足りなさを感じてしまいました。

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、どのようなデザインだったのか?
また、2列目シートのスライド量など快適性や居住性は、どうだったのか?

マイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートを確認してきたので、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの2列目シート画像インプレ

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンの2列目シート

この新型ステップワゴン(STEPWGN)では、左右のシートの間に隙間があるキャプテンシートを標準装備しています。

また、今回私が見たのは、ハイブリッド車の最上位モデルの”スパーダ ハイブリッドG EX”だったのですが、シートのサイドの部分は、合成皮革のような見た目をしているプライムスムースとファブリックのコンビシートを採用。

ファブリック素材のシートを標準装備している競合車・ライバル車の日産のセレナ(SERENA)やトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアよりもスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

ベンチシートはオプション設定

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、は、このようなデザインの独立キャプテンシートを標準装備しています。

ただ、メーカーオプションで3人掛けのベンチシートをオプションで設定しています。

オプション価格がかかってしまうのが、個人的には腑に落ちないところですが、乗車人数が1人増える事やフルフラットになるシートアレンジなど、ベンチシートにも様々なメリットがあります。

注文後に独立キャプテンシートからベンチシートに変更する事はできないので、購入前にどちらのシートにするか、しっかりと考えた方が良いのかなと、思いました。

ちなみに、個人的には、3人掛けのベンチシートの方が座り心地が良く、好印象でした。

機能や装備面では、物足りなさも…

このようなスタイリッシュなデザインになっているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートですが、機能面や装備面では、若干の物足りなさが…。

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの2列目シートに座ってみて、欠点だと思った事、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じた事を、包み隠さず紹介したいと思います。

不満 その1:2列目シートのスライド量

今回マイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を確認して、残念に思った事の一つが、2列目シートのスライド量です。

実際にこの新型モデルの2列目シートを前後にスライドしてみると、このような感じ。

■2列目シートを一番前にスライドした時の様子

■2列目シートを一番後ろにスライドした時の様子

ディーラーさんに確認してみたところ、この新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートのスライド量は、約610mmとの事。

新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートでも、一番後ろにスライドすると、足を前に投げ出して座れるくらい広い足元空間(ニークリアランス)は確保されているので、窮屈感や狭さを感じる事はありません。

ただ、2列目シートのスライド量は、約810mmの超ロングスライド機能を搭載しているトヨタのヴォクシー、日産のセレナには、遠く及びません。

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、競合車・ライバル車の中で唯一横にスライドする事ができません。

この新型モデルの後部座席のスライド量は悪い訳では無いのですが、競合車・ライバル車と比較すると、物足りなさを感じてしまいました。

不満 その2:2列目シート周りの装備

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートを見て、気になったのが、シート周りの装備です。

この新型モデルでも、2列目シートに座った人のために、ドリンクホルダーが2個備わったシートバックテーブルが用意されています。

■新型ステップワゴンのシートバックテーブル

このシートバックテーブルには、ドリンクホルダーだけでなく、サイドには、コンビニやスーパーの買い物袋をぶら下げておけるコンビニフックを用意しております。

また、それ以外にも、スマホやiPhoneなどを置いておくのに便利なアッパーポケットも用意されております。

■シートバック アッパーポケット

ただ、2列目シート周りにUSBソケットが用意されている日産のセレナ(SERENA)と比較すると、新型ステップワゴン(STEPWGN)は、装備面で見劣りがする感じが…。

今回マイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)が一番の後発車種と言う事を考えると、2列目シート周りの装備や機能にも、もう少し気を配っても良かったのかなと思いました。

2017年9月にビッグマイナーチェンジをしたホンダの5ナンバーサイズのミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、このようなデザインになっていました。

2列目シートのデザインや使用されている素材はとても良かったのですが、スライド量や装備に関しては、競合車・ライバル車よりも若干劣る感じが…。また、競合車・ライバル車と見比べると、物足りなさを感じてしまいました。

個人的には、もう少し新型ステップワゴン(STEPWGN)らしさを感じる特徴の2列目シートにしても良かったのかなと、思いました。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、2列目シートの座り心地やスライド量などもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする