足元空間は広い!?新型ステップワゴンの2列目シート乗り心地インプレ

2017年9月、ホンダの人気ミニバンの新型ステップワゴン(STEPWGN)がビッグマイナーチェンジを行いました。

今回のビッグマイナーチェンジでは、ハイブリッド車が追加されただけではなく、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング”が全グレード標準装備されるなど、機能面や装備面でも大幅に進化をしました。

ただ、この新型モデルで、ちょっと残念だったのは、2列目シートの作りです。

日産のセレナやトヨタのボクシーなど競合車・ライバル車と比較して、スライド量が少なく、また、装備面も若干見劣りする感じが…。

>>> スライド量は思ったより小さい!?新型ステップワゴンの2列目シート画像レビュー

このようにスライド幅などで若干見劣りをする新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートですが、足元空間(ニークリアランス)の広いのでしょうか?また、乗り心地や快適性は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、2列目シートの足元空間の広さや居住性、座り心地などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの2列目シートの頭上&足元空間の広さをチェック

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンの2列目シート

この新型モデルの2列目シートは、左右独立したキャプテンシートを標準装備。
3人掛けのソファーシートは、メーカーオプションになっていました。

また、シートのデザインはブラック×シルバーのスタイリッシュなデザインに…。

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の上位モデルでは、シートのサイド部分に合成レザーのような質感のあるプライムスムースを採用。競合車・ライバル車よりも上質感のあるデザインになっているのが、好印象でした。

頭上空間は、トップクラスの広さを確保

このようなデザインになっている新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、背の高いミニバンと言う事もあり、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、かなり余裕があります。

私は身長175cmあるのですが、2列目シートに座った状態で、頭のてっぺんから天井まで、約250mmのゆとりが…。なので、手を伸ばしてストレッチなどもできちゃいます。

また、シートの着座位置の関係もあるのかもしれませんが、頭上空間(ヘッドクリアランス)に関しては、日産のセレナやトヨタのヴォクシーなどよりも少し広いように感じました。

成人男性が座っても広々と感じる頭上空間(ヘッドクリアランス)は、新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力の一つだなと、改めて実感しました。

足元空間の広さは、どうだった?

一方、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの2列目シートを一番前にスライドすると、このようにフロントシートのシートバックにピッタリとくっついてしまうので、座る事はできません。

■2列目シートを一番前にスライドした時の様子

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートを一番後ろにスライドすると、このような感じ。

■2列目シートを一番後ろにスライドした時の様子

2列目シートを一番後ろにスライドした状態で座った時の、足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

この新型モデルのスライド量は約610mmと、競合車・ライバル車よりも少な目なので、競合車・ライバル車のように広々と言う感じではありません。

ただ、膝からフロントシートのシートバックまで約300mmの余裕があり、一番後ろにスライドした状態では、足回りに窮屈感を全く感じませんでした。

3列目シートを使用した時の足元空間の広さは?

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートを使用すると、2列目シートを中間位置くらいまでスライドする必要があります。そうしないと、3列目シートの足元空間の広さを確保する事ができないので…。

この時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになります。

2列目シートを一番後ろにしていた時と比べると、かなり足元空間は狭くなりましたよね。

この時の足元空間(ニークリアランス)の広さを簡単に計測してみたところ、ちょうど拳2個分くらいの広さに…。また、この時の足元空間の広さは、ちょうどコンパクトカーの後部座席に座った時の広さと同じように感じがしました。

ただ、3列目シートを使用した状態でも、これだけ広い足元空間(ニークリアランス)が確保されていれば、長距離ドライブでも特に問題ないのかなと思いました。

新型ステップワゴンの2列目シートの座り心地をチェック

左右独立したキャプテンシートを標準装備している新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートですが、座り心地は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの2列目シートは、ふかふかとした柔らかいクッションと言うよりも、体をしっかり支えてくれる少し硬めの座り心地に…。

ただ、お尻のフィット感も良く、しっかり腰周りを支えてくれるので、長時間座っていても疲れにくいシートになっているように感じました。

ただ、座り心地でちょっと気になった事も…

この硬めの座り心地は私好みでとても良かったのですが、実際にこの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートに座ってみると、気になる事もありました。

それは、シートのサイズです。

シートの横幅が狭く、若干窮屈な感じが…。

中肉中背の体形をしている私が座っても、シートの横幅が狭く、少し窮屈な感じがしました。なので、ふくよかな体形の人がこの2列目シートに座ったら、居心地の悪さを感じるかもしれません。

左右独立シートの中央にある隙間の広さやウォークスルー性を意識したのかもしれませんが、個人的にはシートのメイン部分の横幅を1cm~2cmくらい広くしても良かったのかなと、思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、このようなデザインになっていました。

競合車・ライバル車よりも2列目シートのスライド量は小さめですが、一番後ろに設定した時の足元空間(ニークリアランス)は広く、とても快適でした。

ただ、個人的に気になったのは、2列目シートのサイズです。

個人的には、もう一回りシートのサイズ(特に横幅)が大きい方が、ゆったりと座る事ができて、良いのかなと、思いました。

この点だけは、少々残念でした。

もしこれから、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を見に行く方は、2列目シートのサイズや座り心地にも、注意をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする