3列目のシートの乗り降りはしやすい?新型ステップワゴンの乗降性をチェック

2017年9月、お子さんがいる家族に人気の5ナンバーサイズのホンダのミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

車内の広さや使い勝手の良さが魅力のこの新型モデルですが、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたのが、3列目シートの座り心地です。

シートサイズも小さく、また、座面や背もたれのクッションも硬く、座り心地は、あまり良いようには感じませんでした。

>>> 新型ステップワゴンの3列目シートの座り心地や足元空間の広さを確認してみる

このように座り心地は、競合車・ライバル車よりも劣るホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートですが、乗り降りのしやすさは、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した時に3列目シートの乗り降りのしやすさについても確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの3列目シートの乗り降りレビュー

今回ビックマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの3列目シート

競合車の日産セレナ(SERENA)やトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアの3列目シートはサイドに跳ね上げ式の収納方式を採用しているのに対し、新型ステップワゴン(STEPWGN)では、床下に収納するタイプを採用しています。

そのため、このクルマのシートサイズは、競合車よりも一回小さくなっています。

ただ、新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、6対4分割方式を採用しています。

そのため、シートの境目が中央からズレており、シート中央の座り心地が損なわれていないのは、好印象でした。

このようなデザインをしているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートですが、次の2つの乗り降りの方法を用意しています。

・スライドドア
・わくわくゲート

新型ステップワゴン(STEPWGN)に用意されている2つの乗り降りの方法ですが、実際にアクセスのしやすさは、どうなのでしょうか?

実際に3列目シートの乗り降りのしやすさを確かめてみました。

ライドドアから3列目シートのアクセスは悪い?

競合車・ライバル車と同様に新型ステップワゴンは、スライドドアから3列目シートにアクセスをする事ができます。

そして、今回新発売されたこの新型モデルのスライドドアの開口部は、このような広さになっています。

■新型ステップワゴンのスライドドア開口部

この新型モデルはフロアの高さも低く設定してあり、また、スライドドアの開口部も競合車・ライバル車と比較しても、勝るとも劣らない広さを確保しています。

ただ、実際にこのスライドドアを使って、3列目シートにアクセスをしてみると、思ったよりも狭くて、乗り降りがしにくい感じが…。

私が3列目シートにアクセスをする時に気になったのは、3列目シートへの通り道の狭さ。

新型ステップワゴン(STEPWGN)の場合、2列目シートを一番前にスライドして、また、背もたれを前方に倒して、乗り降りをします。しかし、2列目シートのスライド幅が競合車よりも小さいためか、一番前にシートをスライドしても3列目シートへの通り道が狭い感じが…。

実際にこの新型モデルの2列目シートを一番前にスライドした時の3列目シートへの通り道は、このような感じです。

ちょっと狭いと思いませんか?

小さいお子さんならなんなくアクセスする事ができますが、身長が175cmある私が3列目シートに乗りこもうとすると、体を小さくかがめて、この狭いスペースにねじ込むような感じが…。

サイズに制限がある5ナンバーサイズのミニバンなので仕方ない部分もあると思いますが、成人男性が乗り降りするには、ちょっと窮屈なのかなと、思いました。

ちなみに、3列目シートから降りる場合は、2列目のシートバックの足元にあるストラップとレバー使用すると、2列目シートの背もたれが前方に倒れ、また、前方にスライドできるようになります。

■2列目シートバックの足元にあるレバー

2列目シートを前方にスライドする際、それ程チカラを必要としないのも、個人的には、好印象でした。

わくわくゲートを使っての乗り降りは、意外と便利

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートには、スライドドアからだけではなく、縦にも横にも開ける事ができるバックドア”わくわくゲート”からでも乗り降りをする事ができます。

■新型ステップワゴンのわくわくゲート

ネットなどを見ると、賛否両論がある新型ステップワゴン(STEPWGN)のわくわくゲートですが、実際に使ってみると、意外と乗り降りがしやすい感じが…。

私が特に良いと思ったのは、開口部の広さです。

スライドドアから3列目シートに乗りこむ場合、先ほども申し上げた通り、開口部が狭く不自由さがありました。

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の”わくわくゲート”は開口部が広く、よりスムーズに乗りこめる感じが…。

また、”わくわくゲート”は、スライドドアの部分よりもフロアは若干高くなっているので、高く足を上げる必要はあります。ただ、このゲートの開口部には、グリップ(取っ手)が備わっているため、フロアの高さもあまり気にならないのも好印象でした。

■わくわくゲートのグリップ

“わくわくゲート”を使用する場合は、3列目シートの右側のみしか座れないという欠点・デメリットもありますが、3列目シートへのアクセスは、スライドドアよりも良いと思いました。

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、テールゲートの内側にもスイッチが用意されており、内側からも開け閉めをする事が可能です。

このような工夫も”わくわくゲート”の良いところだと、思いました。

今回ビックマナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートの乗り降り・乗降性を確認してみたところ、このようになっていました。

スライドドアからでも3列目にアクセスをする事はできますが、個人的には、”わくわくゲート”を使用した方が乗り降りをしやすい感じが…。

また、荷室・ラゲッジスペース側からもアクセスできる”わくわくゲート”を備えている分、競合車・ライバル車よりも3列目シートへのアクセスは、しやすいように感じました。

3列目シートを頻繁に使う人にとっては、アクセスがしやすい”わくわくゲート”を備えている新型ステップワゴン(STEPWGN)は、とても魅力的なクルマなのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする