大人でも快適!?新型ステップワゴンの3列目シートの広さを徹底チェック

シャープなデザインに生まれ変わったホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)が、2017年9月にデビューをしました。

日産のセレナやトヨタのヴォクシーなど強力なライバルもいますが、競合車は無いホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の特徴の一つは、床下に収納する事ができる3列目シートです

>>> 新型ステップワゴンの3列目シートの乗り心地【試乗で気になった事とは?】

シート自体は薄型で、フロントシートや2列目シートよりも座り心地で劣るこの新型モデルですが、3列目シートの足元空間の広さや居住空間は、どうだったのでしょうか?
大人でも快適に過ごす事ができたのでしょうか?

マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの3列目シートの広さや快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの3列目シートの広さを確認

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンの3列目シート

この新型モデルの3列目シートは、荷室・ラゲッジスペースの床下に収納しないといけないこともあり、競合車・ライバル車と比較しても薄型のデザインになっています。

また、シートのクッション性もあまり良く無く、かなり座り心地がかなり固いので、長時間、座れば座るほどお尻や腰がしんどくなってくるように感じが…。

個人的には、普段は荷室・ラゲッジスペースの床下に収納しておいて、親族や友人が来た時など乗車人数が多くなった時に使用する”補助シート”として、考えておいた方が良いのかなと、思いました。

このようなシンプルなデザインになっているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートですが、居住性や広さは、どうなっていたのでしょうか?

頭上空間(ヘッドクリアランス)、足元空間(ニークリアランス)に分けて、この新型モデルの3列目シート周りの居心地・快適性について、紹介したいと思います。

頭上空間は当然広い!

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)は、箱型のミニバンと言う事もあり、3列目シートの頭上空間(ヘッドクリアランス)は、拳(こぶし)の大きさで計測するのが、バカからしいくらいの広さが…。

背伸びをするような感じで手を真上に伸ばすと、天井に手が触れてしまいますが、身長が175cmある私が3列目シートに座っても、全く窮屈感を感じない頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、とても良いと思いました。

視界の抜けも良い

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートに座って良いと思ったのが、視界の抜けです。

2列目シートの左右のシートの間に隙間がある事や、2列目シートの着座位置が低くなっている事が影響していると思いますが、3列目シートからの前方の視界の抜けがとても良いです。

実際に3列目シートから前方を確認すると、このような感じです。

なので、3列目シートに座っていても、圧迫感や窮屈感を一切感じません。

また、3列目シート横のサイドウィンドウも広く、狭いスペースに閉じ込められているような孤独感も感じませんでした。

この3列目シートからの視界の良さも、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力の一つなのかなと、思いました。

3列目シートの足元空間は、やっぱり狭い!?

一方、新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうなっているのでしょうか?大人でも座れるだけの広さを、確保しているのでしょうか?

こちらは、2列目シートを一番後ろにした時の3列目シートの足元空間の広さです。

思ったよりも広くありませんか?

個人的には、新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートを一番後ろまで下げたら、3列目シートの足元空間は、全く無くなってしまうと、思っていました。

でも、実際は、このように3列目シートの足元空間に約300mm~400mmのスペースがあり、成人男性の私でも何とか座る事が可能です。

このように何とか座る事は可能なのですが、本当に何とか足を置けるだけのスペースしかありません。なので、大人の私がこの3列目シートに座ってしまうと、かなり窮屈です。

また、足を動かす事ができないので、座っているだけでも、かなり疲れます。
個人的には、この状態で長時間ドライブは、かなりキツイのかなと、思いました。

一方、新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートを中間位置に設定した時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このようになります。

先ほどと比べて、かなり足元空間(ニークリアランス)に余裕が…。
実際に座った時の足元空間の広さは、このようになっています。

また、この時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

2列目シートを中間位置に設定すると、2列目シートと3列目シートの足元空間の広さは、だいたい同じくらいに…。

「足元空間が広くて、快適!」と言うわけではありませんが、もし大人がこの新型モデルの3列目シートに座るのなら、このくらいの広さは、欲しいなと思いました。

ちなみに、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートには、前後の位置を調整するスライド機能は、装備されていません。

もしこの新型モデルにも、3列目シートの位置を調節できるスライド機能が装備されていれば、もう少し快適性がアップしたのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートの広さ、居住性を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの3列目シートは、大人でも何とか座れるだけの広さを確保。

ただ、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)はそれ程広くなく、また、アクセスもそれ程良く無いため、乗り降りもしにくいです。

新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、大人でも何とか座る事ができますが、快適性や居心地の良さを考えると、やはり大人が座るのには、不向きなのかなと思いました。

また、もし大人でも快適に座れる広い3列目シートを備えているクルマが欲しいのなら、トヨタの新型アルファードやヴェルファイアなど、もう一回りサイズが大きい高級ミニバンの方が良いのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする