新型ステップワゴン ハイブリッドにAC電源は付いている?実車を確認してみた

今まではガソリン車しかラインナップをしていなかったホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、2017年9月、遂にハイブリッド車の発売を開始しました。

今回新発売されたハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つは、内装・インテリアの装備です。

今回新発売されたハイブリッド車の内装・インテリアは、ガソリン車と大きく異なり、USBポートや電動パーキングブレーキなどを装備。ガソリン車と比較して、装備面・機能面は、大幅にアップしているように感じました。

>>> 新型ステップワゴンの内装比較【ガソリン車とハイブリッド車は何が異なる?】

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)の内装・インテリアですが、AC電源(コンセント)は、装備されているのでしょうか?また、装備されているとしたら、どこに装備されているのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型ハイブリッド車のAC電源(コンセント)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン ハイブリッドのAC電源(コンセント)をチェック

結論から申し上げますと、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)では、全グレード共通して、AC電源(コンセント)は、標準装備されていません。

ただ、メーカーオプションで、AC電源(コンセント)を装着する事は、可能です。

実際に、メーカーオプションのAC電源(コンセント)を装着したモデルを見る事ができたのですが、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのAC電源(コンセント)

メーカーオプションのAC電源(コンセント)を注文すると、運転席と助手席の間にあるセンターコンソールの前方に1個装着。

AC電源(コンセント)のソケットの後方には、大きなトレーが用意されており、コンセントに繋いだスマホやiPhone、電化製品を置くことができるので、使い勝手は、とても良いように感じました。

このようなデザインになっているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のAC電源(コンセント)ですが、注意点・ちょっと残念に感じた事も…。

ハイブリッド車に装着する事が出来るAC電源(コンセント)の注意点・気を付けないといけないことを紹介したいと、思います。

注意点1:AC電源を装着できるのは、最上位モデルのみ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、3つのグレードを用意しています。

・スパーダ ハイブリッドB ホンダセンシング
・スパーダ ハイブリッドG ホンダセンシング
・スパーダ ハイブリッドG EX ホンダセンシング

このようにホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、3つのグレードを用意していますが、残念ながら、メーカーオプションでAC電源(コンセント)を装着できるのは、最上位モデルの”スパーダ ハイブリッドG EX”のみです。

“スパーダ ハイブリッドG ホンダセンシング”など、他の2つのグレードでは、AC電源(コンセント)を装着する事ができません。

これは、ちょっと残念ですよね。

最上位モデルの”スパーダ ハイブリッドG EX ホンダセンシング”の購入を促すホンダの戦略なのかもしれません。ただ、100V/1500WのAC電源(コンセント)は、とても実用性が高いオプションなので、ハイブリッド車の全グレードに装着できるようにしても、良かったのかなと、思いました。

注意点2:AC電源を装着すると、USBポートが…

また、AC電源(コンセント)を装着した時に残念だったのは、USBポートです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)では、センターコンソールの前方のUSBポートが2つ標準装備されています。

■新型ステップワゴンのUSBポート

しかし、メーカーオプションのAC電源(コンセント)を注文すると、USBポートは、装着されなくなってしまいます。

■新型ステップワゴンのAC電源(コンセント)

スマホやiPhoneを気軽に充電できるUSBポートがなくなってしまうのは、少々残念ですよね。元々、新型ステップワゴン(STEPWGN)は、USBポートは、それ程多くありませんし…。

>>> 新型ステップワゴンにUSBポートは、いくつ用意される?実車画像で確認してみた

個人的には、メーカーオプションのAC電源(コンセント)を装着しても、USBソケットは、そのまま残して貰いたかったなと、思いました。

注意点3:オプション価格も高め

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のAC電源(コンセント)で驚いたのは、価格設定です。

この新型モデルのAC電源(コンセント)は、本革シートとセットになって、オプション価格は、17万5340円。

>>> 新型ステップワゴンの本革シートは、どんなデザイン?実車画像で確認をしてみる

ちょっと高いですよね…。

この価格設定では、AC電源(コンセント)が欲しくても、装着できないお客さんもいる感じが…。また、AC電源(コンセント)のみを欲しいお客さんも多いように感じました。

個人的には、なぜAC電源(コンセント)と本革シートをセットにしたのか、とても疑問です。AC電源(コンセント)と本革シートをセットではなく、個別に用意しても良かったのかなと、思いました。

ちなみに、新型ステップワゴン(STEPWGN)の競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー(VOXY)でも、AC電源(コンセント)は、メーカーオプション設定になっています。

ヴォクシー(VOXY)のAC電源(コンセント)のメーカーオプション価格を確認してみたところ、2個装着されて43,200円のようです。

個人的には、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のAC電源(コンセント)も、このくらいの価格設定にして貰いたかったです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)に、AC電源(コンセント)は標準装備されているか確認してみたところ、このようになっていました。

AC電源(コンセント)は、残念ながら、メーカーオプション設定に…。
また、オプション価格もちょっと高い印象を持ちました。

ただ、この新型モデルでは、メーカーオプション設定になっている100V/1500WのAC電源(コンセント)以外に、純正アクセサリーで100V/100WのACコンセントも用意しています。

■新型ステップワゴンの100V/100WのACコンセント

この純正アクセサリーのACコンセントは、100Wなので使用できる家電は限られてしまいまが、この純正アクセサリーで100V/100WのACコンセントは、全グレード装備する事が出来るというメリットがあります。

また、オプション価格も19,440円と、お手頃です。

ちょっとした家電を使用するために、AC電源(コンセント)の装着を検討しているのなら、価格が高いメーカーオプションのAC電源(コンセント)ではなく、純正アクセサリーの100V/100WのACコンセントを装着しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする