【魅力が満載!】新型ステップワゴンのベンチシート実車画像レビュー

車内の広さ、使い勝手の良さが魅力のホンダの人気ミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)が、2017年9月に初のビックマイナーチェンジを行い、新発売されました。

今回新発売された新型モデルを確認してみて、驚いた事の一つが、2列目シートの仕様です。

この新型モデルの2列目シートは、2人掛けのキャプテンシートが標準仕様となっており、3人座れるベンチシートは、メーカーオプション設定に…。

>>> 足元空間は広い!?新型ステップワゴンの2列目シート乗り心地インプレ

なので、3人掛けのベンチシートを注文すると、メーカーオプション代がかかるので、若干高くなってしまいます。

ちょっとコレは、残念ですよね。

ただ、先日、メーカーオプション設定となっている3人掛けのソファーシートを見る事ができたのですが、キャプテンシートに負けず劣らず使い勝手が良い感じが…。

メーカーオプションとして用意されている新型ステップワゴン(STEPWGN)のソファーシートの使い勝手や座り心地は、どうだったのでしょうか?また、キャプテンシートには無い、ベンチシートの魅力&メリットは、何だったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの8人乗り用ソファーシートの座り心地や使い勝手、キャプテンシートには無い魅力を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのベンチシートの実車画像レビュー

メーカーオプション設定となっている新型ステップワゴン(STEPWGN)の3人掛けのベンチシートは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンの2列目ベンチシート

ちなみに、こちらは標準装備となっている2列目独立キャプテンシートです。

■新型ステップワゴンの独立キャプテンシート

見た目の雰囲気が異なりますよね。

左右が独立しているキャプテンシートの方が、上質感・高級感はあるように感じます。
また、隣の人を気にせずにプライベート空間を楽しめるのは、キャプテンシートならではの魅力の一つです。

ただ、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の独立キャプテンシートは、ウォークスルー性を考慮したためか、シートサイズが小さめ…。なので、座ってみると、意外と狭さを感じるのが欠点・デメリットの一つです。

しかし、メーカーオプション設定となっているベンチシートは、キャプテンシートで感じたような窮屈感・狭さは全くなく、ゆったりとした座り心地に…。

正直に言って、独立キャプテンシートよりもベンチシートの方が快適な感じがしました。

この広々とした座り心地・快適性は、3人掛けのベンチシートの魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

センターアームレストの使い勝手の良さに驚愕

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目ベンチシートで、意外と良いと思ったのが、シートの中央に備わっているセンターアームレストです。

独立キャプテンシートでもアームレストが備わっていますが、細くて、使い勝手が悪いんですよね。ちょっと腕を位置を動かすと、ズルっと、腕がアームレストから落ちてしまいます。

■新型ステップワゴンのキャプテンシートのアームレスト

しかし、このようにベンチシートのアームレストは、太めのしっかりとしたデザインに…。

■新型ステップワゴンのベンチシートのセンターアームレスト

なので、ちょっと動いても、腕がズレ落ちる心配はありません。

このセンターアームレストにドリンクホルダーが装備されていないのが、少々残念でしたが、この大きめサイズのアームレストは、キャプテンシートのものよりも、使い勝手が良いように感じました。

ソファーシートのスライド量は、どうだった?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目ベンチシートは、6対4分割方式を採用しており、左右独立して、前後にスライドする事が可能です。

こちらが、このクルマの2列目ベンチシートを一番前にスライドした時の様子。

そして、こちらが2列目ベンチシートを一番後ろにスライドした時の様子です。

このように見てみると、スライド量もかなり多いですよね。

この新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目ベンチシートのスライド量を確認してみたところ、610mmとなっており、標準装備されている独立キャプテンシートと全く同じ数値になっていました。

個人的には、もう少しスライド量が大きい方が良いなと、思ったのですが、標準装備されているキャプテンシートと遜色ない広さを確保しているのは、とても良いと思いました。

ベンチシートの一番の魅力は!?

センターアームレストの使い勝手やゆったりとした座り心地など様々な魅力がありますが、実際にこの新型ステップワゴン(STEPWGN)のベンチシート確認してみて、一番良いと思ったのが、フルフラットにした時の居住性・快適性です。

左右のシートが独立している2列目独立キャプテンシートの場合、2列目と3列目を密着させるリラックスモード(フルフラットモード)にした時、このようにどうしても隙間ができてしまうんですよね。

■キャプテンシートのフルフラットモード

しかし、一体型になっている新型ステップワゴン(STEPWGN)のベンチシートでリラックスモード(フルフラットモード)にすると、このように隙間がない広々とした空間に…。

■ベンチシートのフルフラットモード

キャプテンシートよりも、ベンチシートの方が使い勝手が良さそうですよね。

ちなみに、この時のシート長(カーペットサイズ)は、最大で183cmとなるそうです。
なので、家族みんなで寝転がる事もできちゃいます。

もし新型ステップワゴン(STEPWGN)で車中泊をする事を考えているのなら、2列目シートの間に隙間がないベンチシートの方が良いのかなと、個人的には、思いました。

メーカーオプション設定となっているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目ベンチシートを確認したところ、このようなデザイン&座り心地になっていました。

見た目の高級感や上質感は、標準装備の独立キャプテンシートよりも劣りますが、ベンチシートならではの様々なメリット

私が特に良いと思ったのは、2列目シートと3列目シートを密着させたフルフラットモードにした時です。

隙間ができない広々とした空間と快適性は、独立キャプテンシートでは味わえないベンチシートならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目ベンチシートのメーカーオプション価格は、2万2000円~2万2100円となっております。

オプション価格自体はそれ程高いとは思いません。ただ、個人的には、このベンチシートも標準装備にして、7人乗り/8人乗りを自由に選べるようにして貰いたかったです。

独立キャプテンシートには無い魅力が満載だったベンチシートですが、この点だけは、少々残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする