新型ステップワゴン ガソリンのインパネ【内装の使い勝手は、HVよりも良い!?】

2017年9月、ホンダの人気ミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)から、待望のハイブリッド車が発売されいました。

ただ、実際にディーラーさんに話を聞いて見ると、車体本体価格の差などもあり、意外と1.5リットルのターボエンジンを搭載したガソリン車も売れているようです。

>>> 新型ステップワゴンの見積もり公開【ハイブリッド車とガソリン車の価格差は?】

そんなホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車を、先日見比べる事ができたのですが、意外とガソリン車の方が、インパネや内装の使い勝手は良かった感じが…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の内装・インパネは、どのようなデザインだったのか?ハイブリッド車と異なる注目ポイントは、どうだったのか?

実車画像を使って、今回新しいデザインに生まれ変わった新型モデルのガソリン車のインパネ・内装のデザインをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン ガソリン車のインパネ画像レビュー

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴン ガソリン車のインパネ

収納スペースが多く、左右にまっすぐ伸びた使い勝手の良いデザインは、ハイブリッド車と共通になっています。

ただ、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車には、ハイブリッド車には無い機能や装備もたくさんありました。

そんなガソリン車専用の装備に注目をして、インパネの各装備&機能を紹介していきたいと思います。

ハンドル・ステアリングホイール

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車のハンドル・ステアリングホイールのデザインは、ハイブリッド車と同じになっています。

■新型ステップワゴンのガソリン車のハンドル

ただ、ガソリン車のハンドル・ステアリングホイールの左右の付け根には、マニュアル車のような感覚でシフトチェンジを行う事ができるパドルシフトを標準装備しています。

■新型ステップワゴンのガソリン車のパドルシフト

パドルシフトが用意されていると、急な坂道でエンジンブレーキを掛けたい時、とても便利なんですよね。

パドルシフトが用意されている事はハイブリッド車には無い、ガソリン車の大きな特徴の一つなのかなと思いました。

シフトレバー

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車と異なり、ガソリン車は、前後にスライドする”ストレートゲート式”のシフトレバーを採用しているところです。

■新型ステップワゴンのガソリン車のシフトレバー

シフトレバーのボタン部分がメッキ調のデザインになっていて、オシャレですよね。
5ナンバーサイズとは思えない程の高級感があるデザインになっているように感じました。

使い勝手の良さも好印象

また、この新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車を試乗していて、意外と良いと思ったのが、シフトレバーの使い勝手です。

ハイブリッド車の電子式のシフトレバーは、シフトノブが短いためか、運転席から手を伸ばすと、ちょっと遠い感じが…。

■ハイブリッド車の電子式のシフトレバー

一方、ガソリン車のシフトレバーは、ハイブリッド車よりも長くなっており、手が届きやすい位置にあります。そのため、操作がしやすい感じが…。

ハイブリッド車で採用されている先進的なイメージのある電子式のシフトレバーも良いのですが、個人的には、ガソリン車のシフトレバーの方が操作がしやすく、好みでした。

センターテーブル

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車を見て良いと思ったのが、インパネ中央下部に用意されているセンターテーブルです。

■ガソリン車のセンターテーブル

実際に見てみると分かると思いますが、このセンターテーブルは、意外と大きいです。
また、底は凹凸のあるデザインになっており、滑らないような工夫が施されております。

コンビニなどで購入したスナックを置くときなど、便利そうですよね。

また、USBポートに接続をしたスマホ・iPhoneなどを置いておくのにも、このセンターテーブルは、とても良い装備だと思いました。

ちなみに、このセンターテーブルは、ガソリン車の最上位モデル”クールスピリット(クルスピ)”のみの専用装備となっています。ハイブリッド車は、センターコンソールが装備されているので、必要ないと判断したのかもしれません。

ただ、このセンターテーブルは、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の注目の装備の一つですし、また、とても使い勝手が良いので、個人的には、ハイブリッド車にも用意しても良かったのかなと、思いました。

ウォークスルー性の良さも魅力の一つ

また、新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の魅力の一つは、ウォークスルー性の良さです。

ハイブリッド車では、運転席と助手席の間のウォークスルースペースにこのようなデザインのセンターコンソールが備わっております。

■新型ステップワゴン ハイブリッドのセンターコンソール

一方、ガソリン車は、このように運転席と助手席の間にセンターコンソールは、備わっておりません。

■新型ステップワゴン ガソリン車の運転席と助手席の間のスペース

このセンターコンソールは高さが低くなっているため、跨いで(またいで)、フロントシートから2列目シート・3列目シートへ移動をする事ができます。ただ、やはりセンターコンソールがある分、ウォークスルーしにいくいです。

一方、運転席と助手席の間に障害物が何もないガソリン車では、スルスルっとフロントシートから2列目シート・3列目シートへアクセスする事が可能です。

なので、小さいお子さんや赤ちゃんがいるご家庭では、ウォークスルーがしやすいガソリン車の方が助かるかもしれません。

このウォークスルー性の良さもハイブリッド車には無い、ガソリン車の魅力の一つなのかなと、思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の内装・インパネを確認したところ、このようなデザインになっていました。

このガソリン車の内装・インパネには、ハイブリッド車に用意されていないセンターテーブルやパドルシフトを装備。インパネの機能や装備を見ると、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が良い感じがしました。

また、フロントシートから後部座席へのウォークスルー性も、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が良いように感じました。

以前、新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の乗り比べをした時、ディーラーさんが「ガソリン車も意外と人気が高いですよ~」と言っていましたが、このような内装・インテリアの違いの影響もあるのかもしれません。

>>> 新型ステップワゴンの内装【ガソリンとハイブリッドの違いを実車画像で比較】

このように、ハイブリッド車とガソリン車は、乗り心地だけではなく、内装・インテリアの装備や機能の違いもあるので、クルマ選びの際は、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする