新型ステップワゴン ガソリンのメーター画像レビュー【HV車よりもシンプル!?】

今まで、ガソリン車のみを用意していたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、2017年9月、新型モデルとしてハイブリッド車を追加しました。

今回新たに追加されたハイブリッド車と既存のガソリン車は、乗り心地や静寂性、加速感が全く異なりますが、外装・内装のデザインも異なります。

>>> 新型ステップワゴンの内装【ハイブリッドvsガソリンの違いを実車画像で比較】

先日、この新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車を見比べる事ができたのですが、この2台のモデルの内装・インテリアの中でも特にデザインが異なる装備の一つがメーターです。

実際にハイブリッド車と比較してみると、このガソリン車のメーターの方がシンプルな感じが…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新たなデザインに生まれ変わったホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車のメーターは、どのようなデザインだったのでしょうか?

また、マルチインフォメーションディスプレイには、どのような表示項目が用意されていたのでしょうか?

先日、このガソリン車のメーターのデザインを確認してきたので、実車画像を交えて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのガソリン車のメーター画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の内装やインパネは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンのガソリン車の内装・インパネ

左右にまっすぐ伸びた水平基調になっている事など、基本的なインパネのデザインは、ハイブリッド車と共通になっています。ただ、ガソリン車では、前後にスライドさせる一般的なストレートゲート方式のシフトレバーを採用するなど、内装・インテリアに若干の違いが…。

>>> 【関連記事】ステップワゴンのハイブリッドの内装を確認してみたい方は、コチラ

また、ダッシュボードの上段に置いたような”オンダッシュメーター”を採用しているところも、ハイブリッド車とガソリン車の共通部分です。

しかし、実際に新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車のメーターは、このようなデザインになっており、表示項目に違いがありました。

■新型ステップワゴンのガソリン車のメーター

一番右側には、ガソリンタンクの燃料計。

そして、ガソリンタンクの燃料計の隣には、ホワイトの文字で大きく表示されたデジタ式のスピードメーターを採用。

ここまでは、ガソリン車とハイブリッド車で大きな違いは無いのですが、スピードメーターの左となりにあるメーターに違いが…。

ハイブリッド車では、エネルギーの出力や回生状況を表示するパワー/チャージメーターを採用していたのに対し、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車では、エンジンの回転数を表示するタコメーターを標準装備しています。

■新型ステップワゴンのガソリン車のタコメーター

エンジンの回転数に応じて、白いメモリが増えていくのですが、ちょっと確認しにくい感じが…。

見慣れているという事もありますが、個人的には、アナログのタコメーターの方が、エンジンの回転数を確認しやすいように感じました。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも違いが…

また、新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車でも、燃費など様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイがタコメーターの左側に用意されています。

■新型ステップワゴンのマルチインフォメーションディスプレイ

ただ、このマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も、ハイブリッド車と異なります。

ハンドルの右下にあるマルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチを使って、表示項目を切り替えてみたところ、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車では、次のような表示項目を用意していました。

■瞬間燃費表示

■航続可能距離表示

■平均車速表示&経過時間

■オイルモニター表示

■警告画面

また、アイドリングストップをON/OFFすると次のような画面が、マルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

ただ、ハイブリッド車と比較して、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目が少なく、シンプルな感じが…。

個人的には、アイドリングストップの積載累計時間や節約ガソリン量など、ガソリン車ならではの項目を用意しても良かったのかなと、ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイを見て、感じました。

メーターのイルミネーションカラーも変更できるけど…

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車では、ガソリンタンクの燃料計やタコメーターの上段、そして、メーターのサイドの部分にブルーのイルミネーションライトが施されており、メーター全体を華やかに演出しております。

このようにメーター全体を華やかに演出しているメーターのイルミネーションライトですが、次のようなカラーを用意しており、自分の好みによって変更をする事が可能です。

■新型ステップワゴンのイルミネーションライト
・ブルー
・バイオレット
・ピンク
・レッド
・アンバー
・イエロー

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車では、この6種類のメーターイルミネーションライトを用意。また、これらの6種類以外にも、乗るたびにイルミネーションライトのカラーを変えると言うのも選ぶ事が可能です。

ただ、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が、選べるイルミネーションライトのカラーが少なくなっています。また、イルミネーションライトのデザイン自体も若干変わっています。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目やメーターのデザインだけではなく、このイルミネーションライトのデザインやカラーの違いも、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つだと、思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のメーターは、このようなデザインになっていました。

視線の移動が少なく、運転中に確認しやすいこの新型モデルの”オンダッシュメーター”は、とてもデザインだと思いました。また、各メーターの表示項目も大きく、視認性にも優れていると、思います。

ただ、ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目やイルミネーションライトのデザインは、ハイブリッド車と比較すると、シンプルな感じが…。

個人的には、ガソリン車ならではの表示項目や演出があっても、良いの良いのかなと、実際にこの新型モデルのメーターを見て、思いました。

>>> 新型ステップワゴンのハイブリッドとガソリンのメーターの違いを実車画像で紹介

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする