外装の違いは少ない!?新型ステップワゴン ガソリンとハイブリッド比較

現在、売れ行きが伸び悩んでいるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、起爆剤として、2017年9月にハイブリッド車を投入しました。

先日、私がいつもお世話になっているディーラーさんに、新しく追加されたハイブリッド車とガソリン車が用意されていると聞き、試乗をさせて貰いに行ってきました。

乗り心地や運転中の静かさなどの静寂性、また、内装・インテリアのデザインは、ハイブリッド車とガソリン車で大きく異なります。

>>> 新型ステップワゴンの内装【ハイブリッドvsガソリンの違いを実車画像で比較】

ただ、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアを見比べたところ、思ったよりも違いが無い感じが…。

パッと見ただけでは、ハイブリッド車とガソリン車の違いに、気が付かないように感じました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっているのでしょか?また、どのような違いがあるのでしょうか?

2017年9月に新発売をした新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのガソリンとハイブリッ車の外装比較

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の外装・エクステリア

■ガソリン車の外装・エクステリア

思ったよりも違いは、少ないように感じませんか?

ホンダが発売している小型ミニバンのフリード(Freed)のハイブリッドでは、ブルーのクロームメッキを採用するなど、ハイブリッドらしい”エコ”なイメージを強調したデザインになっていました。

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車では、フリードで採用されていたような”エコ”なイメージを強調するような演出は、一切無し。

今回新発売されたこの新型モデルは、ホンダのハイブリッド車の中でも特に、ハイブリッドらしさを感じないデザインになっているように感じました。

ただ、この新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車をじっくりと見てみると、外装・エクステリアの装備に若干の違いがありました。

そんな新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの装備・機能の違いを紹介したいと思います。

違い1:アウトドアハンドル

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車では、それ程大きな違いはないのですが、数少ない違いの一つが、アウトドアハンドルのデザインです。

実際にこの2台のモデルのモデルのアウトドアハンドルを比較すると、このようになっています。

■新型ステップワゴン ガソリン車のアウトドアハンドル

■新型ステップワゴン ハイブリッド車のアウトドアハンドル

ガソリン車のアウトドアハンドルは、ボディカラーと同じ色の”カラード”タイプになっているのですが、ハイブリッド車では、メッキ調のアウトドアハンドルを採用。

このメッキ調のアウトドアハンドルは、良いワンポイントアクセントになっていて、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が、高級感・上質感のあるデザインになっているように感じました。

違い2:タイヤサイズ&ホイールデザイン

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)とガソリン車では、タイヤのデザイン&サイズも異なります。

ハイブリッド車とガソリン車のタイヤ&ホイールを見比べてみると、このような違いがあります。

■ハイブリッド車のタイヤ&ホイール

■ガソリン車のタイヤ&ホイール

ハイブリッド車は5本のスポークがまっすぐの伸びた、そして、ガンメタ塗装をされたハイブリッド車専用のタイヤ&ホイールを標準装備しています。

ちなみに、ハイブリッド車は全グレード共通して、全部このデザインになっています。

一方、今回私が見たガソリン車は、スパーダ(SPADA)のベースモデルだったのですが、風車のようなデザインになっているタイヤ&ホイールを標準装備。

この切削加工&ブラック塗装されてるガソリン車のタイヤ&ホイールは、ガンメタ塗装のハイブリッド車よりも見た目のインパクトがある、スタイリッシュなデザインになっているように感じました。

タイヤサイズも異なる

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車では、タイヤサイズも異なります。

今回新発売されたハイブリッド車では、全グレード通じて16インチのタイヤ&ホイールが標準装備されています。

しかし、新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の最上位モデルの”クールスピリット(クルスピ)”は、ハイブリッド車よりもひと回り大きい17インチタイヤを標準装備。

そのため、ハイブリッド車とガソリン車では、乗り心地も若干異なります。

キレイに舗装された道路を運転している時には、それ程乗り心地の違いを感じないのですが、ちょっと路面が荒れたアスファルト道路を運転すると、乗り心地の違いを実感します。

荒れた路面を運転すると、タイヤサイズが一回り大きいガソリン車の”クールスピリット(クルスピ)”の方が、コツコツとした感じを広い、下からの侵入が大きいような…。

この乗り心地の違いも、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の注目ポイントの一つなのかなと、思いました。

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアを確認してみたところ、このようになっていました。

タイヤ&ホイールのデザインやアウトドアハンドルの素材など、若干の違いはあったものの、思ったよりも違いは、小さい印象が…。なので、街中でこのクルマを見掛けても、一目でガソリン車とハイブリッド車を見分けるのは、難しいのかなと思いました。

ちなみに、ハイブリッド車とガソリン車では、乗り出し価格が大きく異なります。

>>> 新型ステップワゴン ハイブリッドとガソリンの乗り出し価格の差は?見積もりを公開

今回新発売されたハイブリッド車は、ワンランク上の高級ミニバンのオデッセイに採用されている2モーターシステムを採用されているため、車体本体価格が、かなり高め…。

このように乗り出し価格の差は大きいので、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする