使い勝手は良い!?新型ステップワゴンのシートアレンジを確認してみた

2017年9月、ホンダの5ナンバーサイズのミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回のマイナーチェンジで上位モデルの”スパーダ(SPADA)”の顔つきが大きく変わりましたが、使い勝手の良さは相変わらず。

収納スペースの多さや、3列目シートを収納した時の広々とした荷室空間など、競合車・ライバル車には無い魅力がこの新型モデルには、あるように感じました。

>>> 使い勝手は競合車よりも良い!?新型ステップワゴンの荷室アレンジ画像レビュー

また、先日、マイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)を実際に見て、意外と良いと思ったのが、シートアレンジの豊富さです。

7人乗りと8人乗りで、若干違いがあるのですが、十分に満足できるシートアレンジを用意。種類も豊富で、ちょっとリラックスしたいシーンや車中泊など、様々なシチュエーションに対応できるようになっていると、思いました。

今回、ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)では、どのようなシートアレンジが用意されていたのか?

先日、試乗させて貰った際、この新型モデルのシートアレンジも確認させて貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのシートアレンジは何がある?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)は、大きく分けて、次の3つのシートアレンジを用意しています。

■ラゲッジモード(Luggage MODE)
3列目シートを収納するなど、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手を優先したシートアレンジ。

■アクセスモード(Access MODE)
“わくわくゲート”の使いやすさなど、車内の移動、ウォークスルー性を優先したシートアレンジ。

■リラックスモード(Relax MODE)/フルフラットモード(Fullflat MODE)
車中泊をする時などに便利な、居住空間の広さを優先したシートアレンジ。

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)に用意されている3つのシートアレンジを実際に試してみたので、紹介したいと思います。

シートアレンジその1:ラゲッジモード

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、荷物の量や大きさに応じて、様々ンシートアレンジをする事が可能です。

例えば、こちらは3列目シートを収納した4人乗りモードです。

■新型ステップワゴンの4人掛けモード
※7人乗りモデルを使用時

3列目シートを収納して、2列目シートを一番前にスライドすると、”2人乗り+広いラゲッジスペース”にする事も可能です。

■新型ステップワゴンの2人掛けモード

引っ越しする時や家電などの大きな荷物を積みこむ時には、便利そうですよね。

また、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、6対4分割方式になっており、左右独立をして、荷室・ラゲッジスペースの床下に収納する事が可能です。

なので、ベビーカーなどを積みこむ時に便利な、3列目シートの左側のみを収納する5人乗りモード(フロントシート2人、2列目1人、3列目1人)もすることができちゃいます。

■新型ステップワゴンの5人乗りモード

このように乗車人数と荷物の量やサイズによって、シートアレンジを自由自裁に変更できるのは、新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力の一つなのかなと、思いました。

シートアレンジその2:アクセスモード

バックドアを縦にも横にも開けれる”わくわくゲート”を用意した新型ステップワゴン(STEPWGN)は、車内のウォークスルー性を優先したアクセスモード(Access MODE)を用意しています。

このアクセスモード(Access MODE)の注目ポイントは、3列目シートの左側。

このように3列目シートの左側のシートを収納すると、”わくわくゲート”を搭載した荷室・ラゲッジスペースから車内に乗りこむ事が可能になります。

■新型ステップワゴンのワクワクゲート

■わくわくゲートを使用して乗りこんだ時の様子

新型ステップワゴン(STEPWGN)は、2列目シートを前にスライドした時の開口部が狭いため、スライドドアから3列目シートにアクセスするのが、ちょっと大変なんですよね。

ただ、”わくわくゲート”を使用すれば、3列目シートにらくらくアクセスする事が可能です。

また、標準仕様の7人乗りモデルの場合は、”わくわくゲート”からそのまま運転席までウォークスルーをする事が可能です。

この車内のウォークスルー性の良さもホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

シートアレンジその3:リラックスモード(フルフラットモード)

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、車内の居住空間を広くするシートアレンジ”リラックスモード(フルフラットモード)”を用意しています。

こちらは、フロントシートと2列目シートを密着させたリラックスモード(フルフラットモード)です。

■リラックスモード(フロントシート&2列目シート)

倒した座面がまっすぐなフルフラットではなく、若干デコボコとしていまっていますが、座り心地は、思ったよりも悪くありません。

7人乗りモデルの場合、シートの間に隙間もあるので、このまま車中泊をするのは、ちょっと大変だと思いますが、足を伸ばしてリラックスしたい時には、とても良いシートアレンジなのかなと、思いました。

また、新型ステップワゴン(STEPWGN)では2列目シートと3列目シートを密着させるシートアレンジを用意しています。

この新型モデルの7人乗りモデルの2列目シートのヘッドレストを取り外して、リラックスモード(フルフラットモード)にした時の様子は、コチラ。

■リラックスモード(2列目シート&3列目シート)

2列目シートと3列目シートを組み合わせたリラックスモード(フルフラットモード)をした時のシートの長さは、最大で約1825mmもあるそうです。

3列目シートのヘッドレストを取るとほぼフルフラットになりますし、家族みんなで車中泊をするのに、このシートアレンジは、とても良いのかなと思いました。

ちなみに、メーカーオプション設定になっている8人乗りのベンチシートにすると、リラックスモード(フルフラットモード)をした時に、2列目シートの間の隙間がなくなり、より広々とした空間を作り出す事が可能です。

>>>【魅力が満載!】新型ステップワゴンのベンチシートのシートアレンジを確認してみる

もし新型ステップワゴン(STEPWGN)で車中泊をするのなら、2列目が独立キャプテンシートになっている7人乗り仕様よりも、リラックスモード(フルフラットモード)をした時により広々と使える8人仕様の方が良いのかなと、思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、このようなシートアレンジが用意されていました。

競合車・ライバル車の日産のセレナやトヨタのヴォクシーなども様々なシートアレンジを用意していますが、この新型モデルも競合車に負けない、十分に満足できるシートアレンジの用意しているように感じました。

また、個人的には3列目シートの収納の手軽さなど、シートアレンジがしやすいのも、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力の一つなのかなと、思いました。

ただ、標準装備されている7人乗り用の独立キャプテンシートと、8人乗り用のベンチシートでは、シートアレンジした時の使い勝手や居住性が異なります。

>>> 【魅力が満載!】新型ステップワゴンのベンチシート実車画像レビュー

もし、どちらの仕様を購入しようか迷っている場合は、購入後に後悔しないように、ディーラーさんの試乗車や展示車をお借りして、しっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする