【試乗インプレ】新型ステップワゴンの視界はメリット&欠点が混在!?

以前から噂されていましたが、2017年9月、遂にホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)から、ハイブリッド車が発売されました。

先日、このハイブリッド車を試乗してきたのですが、乗り心地・静寂性ともに予想以上の出来!

ワンランクの上の高級ミニバン”オデッセイ”で採用されている2モーター式のハイブリッドシステムを採用しているため、パワー&乗り心地ともに申し分なし。しっとりと重厚さを感じる乗り心地になっており、個人的には、競合車の中で、一番好みの乗り味でした。

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、運転席からの視界性に関しては、良かったところと欠点が混在している感じが…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の視界で良かったことは、何だったのでしょうか?また、その一方、気になった事は、何だったのでしょうか?

実際にこの新型モデルを試乗した感想を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの試乗インプレ:前方視界をチェック

今回ビックマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、運転席に乗り込んで驚いたのが、前方の視界の良さです。

この新型モデルのインパネは、位置が競合車・ライバル車より薄型でスッキリとしたデザインになっており、また、位置も低く設定されています。

■新型ステップワゴンのインパネ

また、新型ステップワゴン(STEPWGN)はインパネの上部にメーターを設置する”オンダッシュメーター”を採用していいるのですが、このメーター自体も薄型になっているため、前方の視界を遮りません。

■新型ステップワゴンのメーター

このインパネとメーターのデザインのおかげで、競合車・ライバル車よりもフロントガラスが大きく、前方の視界が開けているように感じが…。

実際に運転席からの眺めは、このような感じ。

ちょっとこの画像からでは分かりにくいと思いますが、運転席からボンネットの半分少し手前まで確認する事ができます。なので、初めてミニバンを運転する人でも、比較的安心して運転できるのかなと、思いました。

斜め前方の視界の良さもビックリするレベル

また、前方の見切り&視界性と同様に私が良いと思ったのが、斜め前方の視界です。

今回新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、このように縦に長い大きめの三角窓を標準装備。

■新型ステップワゴンの三角窓

かなり大きいですよね。
また、Aピラー自体も、かなり細くなっています。

そのため、左右の確認がとってもラクです。

クルマによっては、斜め前方の死角が大きいため、右左折をする前に、体を前方に大きく乗り出して死角に人や歩行者がいないかを確認する必要があります。

しかし、斜め前方の視界が良い新型ステップワゴン(STEPWGN)では、体全体を前後に大きく動かす必要は、全くありません。その場で、左右に首を振るだけで、カンタンに斜め前方の確認ができちゃいます。

なので、運転がとてもラクです。
また、安心感が全く違います。

この左右の死角の少なさ、また、斜め前方の確認のしやさは、この新型モデルの大きな魅力の一つなのかなと、思いました。

新型ステップワゴンの試乗インプレ:後方視界をチェック

このように前方の視界に関しては、文句なく良かったホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、後方の視界性は、どうだったのでしょうか?

私が実際に試乗をして確認した限りでは、後方の視界に関しては、良かった事と欠点に感じた事、それぞれあるように感じました。

私が実際にこの新型モデルを試乗して、良かったと思った事、逆に少し気になった事・欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

斜め後方の視界は、大満足

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を試乗して、良いと思ったのが、斜め後方の視界(特に左側)です。

今回新発売されたこの新型は、左右非対称のアシンメトリーのデザインをしていますが、これは単なるデザイン性を良くするためだけではありません。

元々、この新型モデルは、後部座席の横のサイドウィンドウが大きめに設定されているのですが、なんと、3列目シート横のサイドウィンドウは、右側よりも左側の方が70mmほど大きくなっています。

そのため、斜め後方の確認はしやすです。

実際に運転席から、左後方を確認してみると、このような感じ。

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、車高が高く、ボディが大きいミニバンなので、斜め後方の死角がまったく無いわけではありません。しかし、日産のセレナ(SERENA)やトヨタのヴォクシー(VOXY)など、競合車・ライバル車よりも斜め後方の死角は、明らかに少ないように感じました。

わくわくゲートのせいで、ステップワゴンの後ろの視界は悪い!?

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)を試乗していて、気になったのは、真後ろの視界です。

この新型モデルでは、縦にも横にも開ける事ができる”わくわくゲート”を採用しているため、リヤガラスを縦に貫くように柱が貫通しています。

実際に運転席からリヤガラスを確認してみると、このような感じです。

また、バックミラーを通して、後方を確認してみると、このような感じ。

やっぱり縦に貫く柱は、邪魔ですよね…。
また、普段見慣れていないので、かなりの違和感を感じます。

今回の試乗に同行をしてくれたディーラーさんは、「わくわくゲートのピラー(柱)は、できるだけ細くして、死角ができにくいデザインしています。なので、慣れれば、特に問題なく運転できると思います。」と、仰っていました。

確かに慣れれば、問題なく運転する事ができると思います。

ただ、ネットなどを確認すると、新型ステップワゴン(STEPWGN)の後方の視界の悪さが気になって、購入を断念したという方が何人もいらっしゃいました。ホンダ党の私の友人は、このクルマの購入を諦めて、ワンランク上のミニバン”オデッセイ”に変更しました。

このように実際にこの後方の視界性が気になり、購入に至らなかった方も何人もいます。
もしこれから、新型ステップワゴン(STEPWGN)の試乗に行かれる方は、このリヤガラスを縦に貫く”わくわくゲート”の柱が気になるかどうかを、しっかりと確認をしてみてくださいね。

ちなみに、私は、この新型モデルの後方の視界には、馴染めませんでした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の視界性は、このようになっていました。

実際にこの新型モデルを試乗してみたところ、前方の視界・斜め後方の視界は、かなり良かったです。これだけなら、おそらく競合車・ライバル車の中でも、かなり良い方だと思います。

ただ、ちょっと気になったのは、真後ろの視界。

“わくわくゲート”の柱が縦に貫くリヤガラスのデザインや視界性に、全く馴染めない人もいるので、試乗する際は、忘れずに確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする