試乗で実感!試乗ステップワゴン ハイブリッドの加速の凄さとは?

2017年9月、ホンダの人気車種新型ステップワゴン(STEPWGN)から、2.0リットル直4エンジン&モーターを搭載したハイブリッド車が発売されました。

先日、このハイブリッド車を試乗させて貰ったのですが、仕上がりの良さにビックリ!

5ナンバーサイズのミニバンとは思えない程の上質感のある乗り心地、アクセルを踏み込んだ時の加速力やレスポンスの良さなど、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)を試乗して、良さを身をもって体験する事ができました。

また、このハイブリッド車の乗り出し価格は、5ナンバーサイズのミニバンとしては、ちょっと高めの設定になっているのが残念ですが、乗り心地や走破性に感じては、現状、このクラスのミニバンで、ほぼ敵なしと言っても過言ではないように感じました。

>>> 新型ステップワゴン ハイブリッドの見積もり公開【ガソリンとの価格差は?】

そんな新型ハイブリッド車ですが、加速力はどのような感じだったのでしょうか?
また、競合車・ライバル車と比較して、何が良かったのでしょうか?

試乗した際、この新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の加速力について確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン ハイブリッドの加速インプレ

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)は、3つのグレードをラインナップしていますが、今回私が試乗をさせて貰ったのは、最上位モデルの”スパーダ ハイブリッドG EX”です。

■今回私が試乗をさせてもらった新型ステップワゴン ハイブリッド

この新型ハイブリッド車をお借りして、街中の一般道だけではなく、高速道路や山道を約1時間程試乗をさせて貰ったのですが、パワーや加速力で驚く事ばかりでした。

私が実際に試乗をして、ビックリとした事、競合車・ライバル車よりも良いと感じた事を、包み隠さず紹介したいと思います。

停止状態からの発進加速の良さにビックリ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)を試乗して、驚いた事の一つが、発進時の加速の良さ&スムーズさです。

車体重量が重たいミニバンの欠点・デメリットの欠点・デメリットの一つは、発進時のもっさり感やアクセルに踏み込みに対するレスポンスの悪さですよね。

しかし、今回新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、他のミニバンを運転していて感じるようなもっさり感は全く感じず、軽くアクセルを踏み込むと、タイムラグなく、”ス~~”っと、前に動き出し、加速をしていってくれます。

そして、この加速の伸びは、途切れる事無く、法定速度ギリギリまでそのまま気持ちよく伸びていってくれます。

なので、運転をしていて、とても楽しかったです。
また、パワーに余裕がある感じも、好印象でした。

今回新発売されたこのハイブリッド車は、約1.8トンもあり、5ナンバーサイズのミニバンの中でも特に車体重量があるクルマです。なので、ある程度もっさり感があるのは、仕方ないと思っていたのですが、このもっさり感を感じないレスポンスの良さは、良い意味で予想を裏切られました。

また、今回、新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の発進加速で印象的だったのが、加速の滑らかさです。

今回新発売されたこの新型モデルでは、2.0リットル直4エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム”i-MMD(インテリジェント・マルチモードドライブ)”と言うのを採用しています。

この”i-MMD(インテリジェント・マルチモードドライブ)”は、基本的には、エンジンで発電をした電気でモーターを回す事によって、走行します。

なので、ホンダの新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の加速感は、とても滑らかで、ハイブリッド車というよりも、電気自動車に近い感じが…。

5ナンバーサイズのミニバンには、日産のセレナやトヨタのヴォクシー/ノアなど魅力的なクルマが多いですが、個人的には、ホンダから発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の加速力が一番良いように感じました。

ちなみに、試乗をしている時にディーラーさんに教えて貰ったのですが、このハイブリッド車の時速0-100km/h加速は、ガソリン車よりも約1.5秒ほど速いそうですよ。

EV走行する長さも魅力の一つ

また、今回ヴビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)は、発進&加速してからのEV走行できる距離の長さも魅力の一つです。

トヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアは、発進の時はモーターのみで走りだすのですが、時速30km/hくらいになると、エンジンが作動して、ハイブリッド走行に移行します。なので、運転をしていて、エンジンが駆動したのが分かります。

一方、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)は、先ほども紹介した通り、基本的にエンジンは発電用に利用しているので、ずっとEV走行のまま。

高速道路を運転する時など、高速域で走行する時は、エンジンで駆動をするか、エンジンとモーターの両方のチカラで駆動するドライブモードに移行をしますが、街中の運転では、ほとんどEV走行のまま。

ハイブリッド車でありながら、この電気自動車のようなレスポンスの良い加速感・静寂性を楽しめるのは、この新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の魅力の一つなのかなと、思いました。

Sモードにすると、さらなる加速力が…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、エンジン回転数を高め、スポーティな走りを演出するSモード(スポーツモード)を用意しています。

ちなみに、ホンダの人気コンパクトカーのフィット3のSモードは、シフトレバーと独立した個別のスイッチを用意していましたが、今回新発売された新型モデルでは、シフトレバーにSレンジを採用しています。

■新型フィット3 ハイブリッドのSモード

■新型ステップワゴンのSモード

街中を運転している時に、この電子式のシフトレバーを下に倒すして、ノーマルモードからSモードにしてみたのですが、

全くアクセルの踏み込み具合を変えなかったのですが、急に後ろからグっと押されたような加速感が…。

このSモードの凄さ&実力を実感したのは、山道の長い登り坂を運転した時です。

先日、ホンダの新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)を試乗させて貰った時、ディーラーさんの近所の山道も運転させて貰ったのですが、ノーマルモードだと、アクセルを深く踏み込んで、なんとか登っていく感じでした。

今回は大人3人が乗車しての試乗だったのですが、さすがに車体の重さ、パワー不足を感じました。(ミニバンと行く事を考えれば、仕方ありませんが…。)

しかし、Sモードにすると、ノーマルモードで感じたようなパワー不足は一切なく、グイグイと急な坂道をチカラ強く登っていってくれます。途中で息切れをするような感じも一切ありません。

山道をSモードで運転した時は、エンジンのチカラも使ってハイブリッドドライブモードで走行していたので、エンジン音・騒音はそれなりに大きく聞こえました。しかし、5ナンバーサイズのミニバンの加速力とは思えないパワーには、大満足でした。

Sモードに切り替えると、ノーマルモードでは味わえない新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の本当の実力&凄さを確認する事ができます。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひともSモードも試してみてくださいね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の加速力&パワーは、このようになっていました。

もっさり感を感じない発進時からの加速やレスポンスの良さ、Sモードのチカラ強さなどなど、どれをとっても大満足。

ディーラーさんが言っていた、「3.5リットル以上のパワーや加速力」と言うのは、少し過大表現のような感じもしましたが、競合車・ライバル車を遥かに凌ぐ加速力やパワーを備えているように思いました。

日産のセレナやトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアには、ホンダの新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)にない様々な魅力があります。ただ、加速力やパワーの良さでクルマを選ぶのなら、このクルマを選んで間違いはないのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする