大人でも快適!?新型ヴェルファイアの3列目シートの広さ&快適性レビュー

2017年12月、ネッツトヨタの高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)がビッグマイナーチェンジを行い、さらに迫力のあるデザインに生まれ変わりました。

また、今回新発売された新型モデルでは、新しい内装色も追加。
先代モデルよりもスタイリッシュな内装・インテリアになっているのも、好印象でした。

>>> 新色のシルバー木目調を施したエグゼクティブラウンジZの内装は、コチラ

このようにスタイリッシュななデザインに生まれ変わったこの新型モデルですが、競合車・ライバル車よりも優れていると感じた事の一つが、3列目シートのデザインと使い勝手の良さです。

ミニバンの3列目と言えば、補助シートのようなイメージがありますが、この新型ヴェルファイア(Vellfire)は、3列目シートでも、十分にラグジュアリー感を堪能できるデザインになっておりました。

そんなネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートの足元空間や頭上空間の広さは、どうだったでしょうか?大人でも、快適に座れるだけの広さを確保していたのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルの3列目シートの広さや快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの3列目シート周りは広い?居住空間をチェック

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアの3列目シート

かなりしっかりとした作りだと思いませんか?

この新型モデルの3列目シートは、収納時にはサイドに跳ね上げる機能を備えつつ、十分なサイズ&クッション性を確保。座った時のフィット感&サポート力もとても良く、3列目シートとは思えない十分に満足できる座り心地になっていました。

ちなみに、新型ヴェルファイアの3列目シートのスライド幅などの機能性やシート周りの装備はコチラに詳しくまとめておりますので、ご興味のある方は、コチラの記事を参考にしてください。

>>> 新型ヴェルファイアのスライド幅など、3列目の機能性&装備の詳細は、コチラから

このようなデザインになっている新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートですが、頭上空間(ヘッドクリアランス)や足元空間(ニークリアランス)を確認したところ、このようになっていました。

頭上空間は問題なく広い!

ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)は、LLサイズの大型ミニバンと言う事もあり、3列目シート周りの頭上空間(ヘッドクリアランス)は、かなり広くなっています。

身長が175cmある私が座っても拳を縦にして3個分以上の広さが…。

長時間座った時に軽く腕を伸ばしてストレッチできるくらいの広さがあるので、長時間ドライブでも快適にすごせるように感じました。

また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートに座ってみて意外と良いと思ったのが、圧迫感を感じなかった事です。

このクルマはブラックルーフを採用しているので、また、2列目シートの作りがしっかりとした作りになっているので、3列目シートに座ると、圧迫感や窮屈感を感じるのかも!?と、危惧をしておりました。

しかし、実際にこの新型モデルの3列目シートに座ってみると、前方の視界性が良いので、まったく窮屈感や圧迫感を感じる事はありませんでした。

2列目シートが特等席になのは間違いありませんが、3列目シートに座っても十分に満足できる広さ&快適性を備えているのは、ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の魅力の一つなのかなと思いました。

懸念だった足元空間の広さにも問題はなし!?

また、3列目シートに座る人が一番懸念をしている3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さなのですが、この新型ヴェルファイア(Vellfire)では、全く問題なし。

2列目と3列目のシート位置をキチンと調節すれば、成人男性でも快適に過ごせる広さ・空間があるように感じました。

では、実際にこの新型モデルの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、どのくらいの広さがあったのでしょうか?

こちらは、ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルの”エグゼクティブラウンジ”3列目シートと2列目シーを一番後ろにスライドした状態です。

■新型ヴェルファイアの3列目シートの足元空間

実際にこの状態で身長が175cmある私が座ってみると、このような感じ。

足元空間がスゴイ広いわけではありませんが、十分に座る事ができます。

一方、こちらは2列目シートを中間よりも少し後ろに設定した時の、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このようになります。

かなり広くなりましたよね。
また、この状態で私が座ってみると、このような感じ…。

3列目シートなのに全く足元空間に狭さがなく、足を前に投げ出して座る事も可能です。
また、3列目シートに座っているのに、足を組む事さえできちゃいます。

足元空間が狭くなりがちな3列目シートで、これだけ広ければ十分ですよね。

新型ヴェルファイア(Vellfire)は、お子さんが多くいるファミリー層にも人気が高いようですが、この3列目シートの足元空間の広さ、居住性の良さも大きく影響をしているのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートの足元空間・頭上空間の広さを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルは、LLサイズのミニバンだけあって、3列目シートまわりの広さは十分。

成人男性が3列目シートに座っても、窮屈さを感じない広さを備えているのは、サスガだなと思いました。

また、このクルマの最大のライバルでもある日産のエルグランドやホンダのオデッセイよりも3列目シート周りはゆとりがあり、居住性は優れているように感じました。

もし3列目シートの居住性・使い勝手の良さでクルマを選ぶのなら、個人的には、ネッツトヨタから発売されている新型ヴェルファイア(Vellfire)が一番良いのかなと、実車を見て思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする