新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの外装の3つの特徴とは?

2017年12月、ネッツトヨタの高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

フロントマスクの変更や安全装備の充実など、様々な変更があった今回のマイナーチェンジですが、最上位モデルの”エグゼクティブ ラウンジ”にエアロタイプがラインナップしたのも注目ポイントの一つです。

先日、新型ヴェルファイア(Vellfire)の”エグゼクティブ ラウンジ”のエアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”を直接見る事ができたのですが、ガソリン車のZGグレードなど他のエアロモデルと様々な違いが…。

今回、新登場をした”エグゼクティブラウンジZ”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、他のグレードのエアロモデルと、どのような違いがあったのでしょうか?

今回新たにラインナップされた新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルエグゼクティブ ラウンジZの外装・エクステリアの様子&特徴を、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの外装インプレ

2017年12月のビッグマイナーチェンジで初めて登場をした新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位のエアロモデル”エグゼクティブ ラウンジZ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの外装

ちなみに、こちらは3.5リットルエンジンを搭載したガソリン車ZGグレードの外装・エクステリアです。

■新型ヴェルファイア ZGグレードの外装・エクステリア

押し出し感が強くなったフロントマスクや3眼式になったLEDのヘッドライトなど基本的な外装・エクステリアのデザインに違いはありません。

>>> 新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー【先代との違いを実車画像で比較】

ただ、他のエアロモデルと異なるエグゼクティブラウンジZならではの装備やデザインもありました。

そんなネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の特徴、他のエアロモデルと異なるところを実車画像を使って、紹介したいと思います。

特徴 その1:タイヤ&ホイールのデザイン

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブ ラウンジZの特徴・注目ポイントの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

新型ヴェルファイア(Vellfire)では、切削光輝&ブラック塗装など、グレードやモデルによってデザインが異なりますが、エグゼクティブラウンジZでは、エアロモデルで唯一光沢感が強いスパッタリング塗装を施したタイヤ&ホイールを標準装備。

■エグゼクティブ ラウンジZのタイヤ&ホイール

光沢感が強く、かなりインパクトがありますよね。

このギラギラとした感じは、ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)らしくて、個人的には良いと思いました。

特徴 その2:エグゼクティブ専用のエンブレム

また、エグゼクティブ ラウンジ専用のエンブレムを搭載しているのも、他のエアロモデルと異なるこのグレードの特徴の一つです。

今回新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブ ラウンジZでは、リヤの左側にこのようなデザインの専用エンブレムを標準装備。

■エグゼクティブ ラウンジ専用エンブレム

ちなみに、このような専用のエンブレムを用意しているのは、”エグゼクティブ ラウンジ”だけです。

この特別感も、エグゼクティブ ラウンジZの特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

特徴 その3:サイドマッドガードのデザイン

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブ ラウンジZは、エアロモデルと言う事で、専用デザインのフロントバンパー、リヤバンパー、サイドマッドガードを標準装備しています。

しかし、エグゼクティブ ラウンジZと他のエアロモデルでは、サイドマッドガードのデザインが若干異なります。

■エグゼクティブ ラウンジZのサイドマッドガード

■ZGグレードのサイドマッドガード

この2台のモデルのサイドマッドガードを見比べて頂ければ分かると思いますが、エアロモデルの最上位車種”エグゼクティブ ラウンジZ”のサイドマッドガードには、メッキモールを装備。

このメッキモールが付いたサイドマッドガードのおかげで、ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルエグゼクティブ ラウンジZのサイドビューは、他のモデルよりもスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

また、メッキ調のウィンドウトリムとの相性も良く、”エグゼクティブ ラウンジ”らしい高級感と上質感のあるデザインになっているように感じました。

ちなみに、このサイドマッドガードに施されたメッキモールは、ノーマルモデルの”エグゼクティブ ラウンジ”にも装備されていない”エグゼクティブ ラウンジZ”専用の装備&デザインになっているようですよ。

2017年12月のビッグマイナーチェンジで初めてラインナップをした、新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロ車の最上位モデル”エグゼクティブ ラウンジZ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このエグゼクティブ ラウンジZは、専用デザインのタイヤ&ホイール、メッキ調パーツが付いたサイドマッドガードのおかげで、上質感のあるデザインに…。VIPが乗る”エグゼクティブ ラウンジ”に相応しいデザインになっているように感じました。

このエグゼクティブ ラウンジZは車体本体価格が高いのがネックですが、他のグレードでは体験できない特別感を味わいたい人には、新しくラインナップされたエグゼクティブ ラウンジZは、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする