新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの内装【3つの特徴を実車画像で紹介】

2015年にデビューをしたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

2017年12月に行われた今回のビッグマイナーチェンジの大きな変更点の一つが、最上位の”エグゼクティブ ラウンジ”にエアロパーツを装着したモデルがラインナップされた事です。

先日、新しくラインナップされたエアロパーツを装着したモデル”エグゼクティブ ラウンジZ”を見る事ができたのですが、他のエアロモデルよりも高級感・上質感があるデザインに…。

>>> 新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの外装の3つの特徴とは?

また、専用のデザインになっている”エグゼクティブ ラウンジZ”の内装・インテリアもとても良いと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデルの最上位”エグゼクティブ ラウンジZ”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?

今回のマイナーチェンジで新たに追加された”エグゼクティブ ラウンジZ”の内装・インテリアの3つの特徴を、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの内装画像レビュー

2017年12月にデビューをしたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

こちらは、エグゼクティブラウンジZのインパネの様子。

■エグゼクティブラウンジZのインパネ

また、この新型モデルでは、左右どちらからでも開閉できる大型コンソールボックスを標準装備。

■エグゼクティブラウンジZのセンターコンソール

サイズも大きく、また、内部には、おくだけ充電など機能が充実しているのも好印象でした。

また、この新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブラウンジZのシートは、エアロパーツが装備されていないノーマルモデルと同様に飛行機のビジネスクラスやファーストクラスのような快適性を誇るエグゼクティブ ラウンジシートを標準装備。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシート

このエグゼクティブラウンジシートには、折り畳みテーブルや電動で出し入れができるオットマン、シートヒーターなど、快適に過ごせる装備が充実しており、まさにVIPが座るのに相応しいデザイン&機能性を備えているように感じました。

>>> エグゼクティブ ラウンジシートの使い勝手レビュー【進化したポイントとは?】

このようなデザインになっている新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデルの最上位”エグゼクティブラウンジZ”の内装・インテリアですが、次のような特徴&魅力がありました。

特徴1:専用デザインの木目調パネルを採用

今回新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデルの最上位車種”エグゼクティブラウンジZ”の特徴の一つは、木目調パネルのデザインです。

この”エグゼクティブラウンジZ”では、インパネやハンドル、センターコンソールなどに専用デザインのシルバーの木目調パネルを採用。

■エグゼクティブラウンジZに採用されているシルバーの木目調

実際に専用デザインのシルバーの木目調パネルを採用している装備・パーツを見てみると、このようなデザインになっていました。

■インパネ

■センターコンソール

■ハンドル・ステアリングホイール

■シフトレバー

■ドア内側パネル

■2列目シート用折り畳みテーブル

ちなみに、こちらは一般的なブラウンの木目調パネルを標準装備をしたノーマルモデルの”エグゼクティブ ラウンジ”のインパネです。

■ノーマルモデルのエグゼクティブラウンジZのインパネ

重厚感とういう点では、ブラウンの木目調パネルを採用したエグゼクティブラウンジには劣りますが、エアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”の内装・インテリアは、スタイリッシュ&モダンな雰囲気に…。

木目調のパネルを採用すると、オヤジ臭いデザインになりがちですが、今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の”エグゼクティブラウンジZ”は、オヤジ臭さを感じないモダンなデザインになっているのが、好印象でした。

ちなみに、このスタイリッシュなシルバーの木目調パネルが採用されているのは、エアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”だけです。

ノーマルモデルのエグゼクティブラウンジを初め、他のグレードでは、このシルバーの木目調パネルは採用されていないので、注意をしてくださいね。

特徴2:装備・機能が充実

また、他のグレードでは、メーカーオプションになっている装備や機能が標準装備されているのも、新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”の特徴の一つです。

例えば、この”エグゼクティブラウンジZ”では、次のような嬉しい機能&アイテムが標準装備されています。

■Tコネクト ナビゲーションシステム&JBLスピーカー

■アクセサリーコンセント(4個)

■デジタルインナーミラー


今回新型ヴェルファイア(Vellfire)に初搭載されたデジタルインナーミラーなどが、標準装備されているのは、嬉しいですよね。

車体本体価格は高めの設定になっている新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”ですが、このグレードを購入すれば、ほとんどメーカーオプションを付ける必要がないのは、このグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

特徴3:専用のホワイトの内装色を用意

また、標準設定のブラックだけではなく、ホワイトの内装色を用意しているのも新型ヴェルファイア(Vellfire)の”エグゼクティブラウンジZ”の特徴の一つです。

ホワイトの内装色を選択すると、このようにホワイトカラーのシートになります。

■フロントシート

■セカンドシート

■サードシート

この”エグゼクティブラウンジZ”のシート素材には、メルセデス・ベンツなどにも採用されている本革”プレミアムナッパ本革(ナッパレザー)”を採用しており、座り心地・肌触りもとても良かったです。

また、ホワイトの内装色を選ぶと、シートだけではなく、ドア内側パネルにもホワイトのトリムが採用されます。

■ドア内側パネル

ホワイトのドアトリムを使用したドア内側パネルもオシャレですよね。

また、ブラックカラーのルーフとホワイトカラーのシート&ドア内側パネルのコントラストもとても良く、スタイリッシュな内装・インテリアになっているように感じました。

2017年12月のビッグマイナーチェンジでラインナップされた新型ヴェルファイア(Vellfire)のエアロモデル”エグゼクティブラウンジZ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

シルバーの木目調やホワイトシートを用意しているこの”エグゼクティブラウンジZ”は、スタイリッシュで上質感のある内装・インテリアに…。

また、この”エグゼクティブラウンジZ”の内装・インテリアは、他のモデルと全く異なり
洗練されたデザインになっているので、特に若い世代のファミリーに人気がでるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする