マイチェンをした新型ヴェルファイアの見積もり公開【乗り出し価格は予想以上に高め!?】

デビューして以来、根強い人気を誇るネッツトヨタの高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、2017年12月に初のビッグマイナーチェンジを行いました。

先代モデルよりも押し出し感が強くなったフロントマスク、充実した安全装備がお客さんに好評のようで、納期・納車待ちもかなり長めになっているようです。

>>> マイチェンをした新型ヴェルファイアの最新の納期【ガソリンとHVの違いは!?】

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)のガソリン車の見積もりを、先日、貰って来たのですが、貰った見積もりを確認してビックリ!頂いた見積もりの金額が、私が想像していた以上の金額になっていました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルの見積もりの乗り出し価格は、どのくらいなのでしょうか?また、予想以上の金額になってしまった原因・理由は、何だったのでしょうか?

私が貰ってきた新型ヴェルファイア(Vellfire)のガソリン車の見積もりを、コッソリと公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアのガソリン車の見積もり:乗り出し価格はいくら?

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)は、ガソリン車だけでも9つのグレードを用意しているのですが、私が貰ったの見積もりは、ガソリン車の中でも特に人気が高い2.5リットルエンジンを搭載した”Z Gエディション”。

そして、こちらが、私が貰って来たガソリン車”Z Gエディション”の見積もりです。

■ガソリン車”Z Gエディション”の見積もり

ボディカラーは色々と悩んだのですが、有料色&人気色のスパークリングブラックパールをお願いしました。

この時のガソリン車の”Z Gエディション”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型ヴェルファイアのガソリン車の乗り出し価格
・グレード:2.5リットル ZGエディション
車体本体価格 :\4,362,120円
メーカーオプション代 :\ 147,960円
ディーラーオプション代:\ 981,396円
税金など諸経費 :\ 417,409円

乗り出し価格合計 :\5,908,885円

オプションや諸経費を含めた新型ヴェルファイア(Vellfire)のガソリン車”Z Gエディション”の乗り出し価格は、約600万。

合成皮革のエグゼクティブパワーシートや大型センターコンソールを標準装備するなど、機能や装備を考えると車体本体価格は妥当な金額だと思います。

■ZR Gエディションのエグゼクティブパワーシート

ただ、オプション価格に関しては、メーカーオプションとディーラーオプションを合計すると100万円以上に…。

オプション価格だけで、100万円はちょっと高すぎますよね^^;

正直に言って、オプション価格に関しては、「思ったよりも高くついたな。」と、見積もりを貰った時に思ってしまいました。

今回の見積もりでお願いをしたオプションは?

このようにオプション価格がちょっと高めになっている今回の私の見積もりですが、実は、ディーラーさんに、

「オプションに関してはお任せをしますので、もしご自分がこのクルマを購入する際につけるオプションを付けてください。」

と、お願いをして、おススメのオプションを教えて頂きました。

そして、実際にディーラーさんが選んだ新型ヴェルファイア(Vellfire)のディーラーオプション&メーカーオプションが、コチラです。

■営業さんおススメのディーラーオプション
・スパークリングブラックパール特別塗装料
オプション価格:32,400円
・3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプ
オプション価格:115,560円

メーカーオプション価格合計:147,960円

■営業さんが選んだディーラーオプション
・KTオリジナルフロアマット(ロイヤル)
オプション価格:113,940円
・SプレミアムコーティングEXG
オプション価格:270,000円
・サイドバイザー(ワイドタイプ)

オプション価格:417,636円
・ETCセットアップ
オプション価格:0円(サービス)
・ドライブレコーダー
オプション価格:62,964円
・12.1型後席モニター”V12T-R66C”
オプション価格:111,456円
・マルチビューバックガイドモニター
オプション価格:29,052円
・ETC2.0車載器

オプション価格:42,984円
・TCナビ 10インチモデル”NSZN-Z66T”
オプション価格:317,304円

ディーラーオプション合計金額:981,396円

ディーラーさんは基本的なアイテムを中心にまんべんなく選んでくださいましたが、実際にこの見積もりを見て、特に高いと感じたのが、ディーラーオプション設定になっている10インチサイズの純正ナビです。

この10インチナビのオプション価格は、約32万円。

ちょっと高すぎますよね。

10インチサイズのナビは画面が大きく視認性に優れているのは魅力ですが、この金額なら、市販のナビやアルパインのビッグXでも良いのかなと、思いました。

ディーラーさんが特におススメのオプションとは?

一方、このオプションの中で、ディーラーさんが絶対におススメと言っていたのが、メーカーオプション設定になっていた”3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプ”です。

今回、私が見積もりを貰った新型ヴェルファイア(Vellfire)ガソリン車”Z Gエディション”に標準装備されているヘッドライトは、2眼LEDヘッドライトなんですよね。

また、ウィンカーもシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)ではなく、良くある点灯/消灯を繰り返すタイプのデザインになっています。

私はまだこの”Z Gエディション”に標準装備されている2眼式のLEDヘッドライト&ウィンカーを見ていないのですが、ディーラーさんの話によると、ライトを点灯した時の迫&スタイリッシュさが全く異なるようです。

また、シーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)が装備されていないため、先進性もワンランク劣るようです。

■3眼LEDヘッドランプを点灯した時の様子


ディーラーさん曰く、「せっかく見た目のスタイリッシュさや押し出し感の強さが魅力のこの新型ヴェルファイア(Vellfire)を購入するなら、細部までこだわりたい。」との事。

やはり見た目のインパクトがあるこのクルマを購入するのなら、優越感に浸りたいですよね。

周りのドライバーから「おっ!」と思われたい方、注目を集めたい方は、見た目のインパクトがある”3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)”は、絶対装備すべきアイテムのようですよ。

ちなみに、ディーラーさんの話によりますと、”Z Gエディション”を購入する多くの方が、ヘッドライトを”3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプ”に変更していくようですよ。

2017年10月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)のガソリン車の”Z Gエディション”の見積もりを先日貰って来たのですが、乗り出し価格は、このようになっていました。

純正のナビや3眼LEDヘッドランプ&シーケンシャルターンランプなど、様々なオプションを装備したおかげで、乗り出し価格は、思ったよりも高くなった印象が…。

この新型モデルは、マイナーチェンジ後のモデルでも新型ヴェルファイア(Vellfire)は、値引き額は大きめですが、乗り出し価格を抑えるのなら、やはりメーカーオプションやディーラーオプションをしっかりと吟味するのが、良いのかなと思いました。

ちなみに、今回、新型ヴェルファイア(Vellfire)のガソリン車の見積もりだけではなく、ハイブリッド車の見積もりも貰って来たのですが、ガソリン車とハイブリッド車では、思ったよりも乗り出し価格に差がありました。

この価格差と燃費の差を考えると、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が人気が高いのは、当然なのかなと思いました。

>>> 【実車画像レビュー】新型ヴェルファイアの記事一覧はコチラ <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする