スペースは多い!?新型ヴェルファイアの後部座席の収納&小物入れ画像レビュー

乗る人全員が満足できる豪華な内装を備えているトヨタの高級サルーン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、2017年12月に初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回新発売された新型モデルは、使用する素材や色合いなど細部にもこだわった内装・インテリアは、乗車する人誰もが満足できるラグジュアリーな空間に…。

また、運転席周りには、このラグジュアリーさを損なわないように考慮された運転席周りの収納スペースのデザイン&使い勝手の良さも好印象でした。

>>> 新型ヴェルファイアの収納レビュー【運転席周りの小物入れを徹底チェック】

このように高級感と使い勝手の良さを兼ね備えた新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアの2列目シート、3列目シートなど、後部座席周りの収納スペースは、どうだったのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルの後部座席まわりの収納スペースの配置、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの2列目シート周りの収納スペース

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の2列目シートまわりの収納スペースは、フロントシートまわりと比較すると、当然のことながら収納スペースの数・個数は、劣ります。

ただ、比較的大きな収納スペースも用意されており、競合車・ライバル車の2列目シート周りよりも充実しているように感じました。

そんなネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の2列目シート周りの収納スペースを紹介したいと思います。

収納スペース1:コンソールリヤエンドボックス

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の注目の装備の一つである”大型センターコンソール”の後ろ側には、上段と下段の2ヵ所に分かれた収納スペース”コンソールリヤエンドボックス”を用意しています。

■新型ヴェルファイアのコンソールリヤエンドボックス(上段)

■新型ヴェルファイアのコンソールリヤエンドボックス(下段)

コンソールリヤエンドボックスの上段のサイズは奥行きがなく、あまり広くありません。
ただ、メーカーオプションで装着できるリヤモニターのリモコンを収納しておくのには、ピッタリのサイズになっているようです。

一方、下段の方は、意外と収納スペースが広く、このように500mlのペットボトルを収納する事も可能です。(ディーラーさんの話では、500mlのペットボトル2本まで可能のようですが…)

長距離ドライブなどをする際、予備のペットボトルを収納しておくのには、とても良い収納スペースなのかなと思いました。

ちなみに、コンソールリヤエンドボックスが用意されているのは、最上位モデルのエグゼクティブラウンジのみとなっており、それ以外のグレードでは、用意されていないので、ご注意ください。

収納スペース2:シートバックポケット

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)のフロントシートの後ろ側には、シートバックポケットが用意されています。

■新型ヴェルファイアのシートバックポケット

このシートバックポケットのデザインはグレード・モデルによって異なるのですが、今回私が見たモデルは、最上位の”エグゼクティブラウンジ”と言う事もあり、樹脂素材でできたボードタイプに…。

レクサスのシートバックポケットと同じようなデザインになっており、高級感がありました。また、マチが大きく、厚みのある雑誌や地図なども収納できるようになっていたのも、好印象でした。

ちなみに、今回私が見たエグゼクティブラウンジでは装着されていませんでしたが、グレードによっては、シートバックポケットの少し上の位置にコンビニフックも用意されているようですよ。

2列目シートのタイプによっては、さらなる収納スペースが…

また、トヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)は、エグゼクティブラウンジシートやエグゼクティブパワーシートなど、様々なタイプの2列目シートを用意していますが、シートのデザインによっては、シートの部分に様々な収納スペースが用意されています。

例えば、私が見た最上位モデルのエグゼクティブラウンジでは、折り畳み式のテーブルの他に、スマホやiPhoneを収納しておけるスペースを用意。

■エグゼクティブラウンジの折り畳み式のテーブル

■エグゼクティブラウンジのスマホ入れ

スマホ入れの近くには、USBポートも用意されており、走行中にスマホやiPhoneなどを充電しておくのにとても良いと思いました。

また、シートサイドには、このようなデザインのファイルフォルダーも標準装備。

このように新型ヴェルファイア(Vellfire)は、グレード&シートのデザインによって、収納スペースの数や使い勝手も異なるので、試乗をする際は、しっかり収納スペースの使い勝手や数も確認をしてみてくださいね。

>>> ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジのシート【先代より進化した注目点とは?】

新型ヴェルファイアの3列目シート周りの収納スペース

一方、ネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シート周りの収納スペースは、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、3列目シートまわりの収納スペース・小物入れの使い勝手や数を確認してみたので、紹介したいと思います。

>>> 【関連記事】新型ヴェルファイアの3列目は広い!?足元空間を徹底チェック

収納スペース1:ドリンクホルダー兼小物入れ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートの横には、ドリンクホルダーと小物入れが用意されています。

運転席側は、このようにドリンクホルダーが2つに小さめのポケット(小物入れ)を標準装備。

ドリンクホルダーは2つ繋がっているメガネのようなデザインになっており、スマホやiPhoneなどを収納できるように工夫が施されています。

また、助手席側は、ドリンクホルダーが1つになっている代わりに、運転席側よりも長い小物入れを標準装備。

ちょっと厚みがないので、スマホやiPhoneなどを置いておくのには少々厳しいですが、もガムやミントタブレットなどの小物を置いておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

そして、この新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートまわりの収納スペースで注目なのは、運転席側のドリンクホルダー&小物入れの下の部分です。

運転席側のドリンクホルダー&小物入れの下には、このようにちょっと大きめの収納スペースを用意。

このような収納スペースが用意されているのは、ちょっと珍しいです。

運転中にゲーム機やスマホ&iPhone、折り畳み財布を置いておくにピッタリなサイズになっているので、3列目に座る人は重宝するのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の2列目&3列目シート周りの収納スペースを確認したところ、このようになっていました。

2列目&3列目シートともに、収納スペースの数は、フロントシートまわりと比較してしまうと、それ程多くありません。

ただ、2列目シートも3列目シートともに比較的大きな収納スペースが用意されているため、2列目シート・3列目シートに座る人が不自由に感じる事は無いのかなと思いました。

ちなみに、個人的には、今回ビッグマイナーチェンジをしたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)では、取り出したiPhoneや財布を気軽に置いて置けるスペースが2列目シート・3列目シート周りにしっかりと用意されているのが、個人的には、好印象でした。

私はクルマに乗ったら、普段はポケットに入れているiPhoneや財布を取り出しておきたい方なので…。(財布などを身に着けたまま座った時のゴワゴワ感がイヤなので…)

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする