新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー【先代との違いを実車画像で比較】

2017年12月、ネッツトヨタから発売されている高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)がマイナーチェンジを行い、後期型に移行をしました。

今回新発売された30型の後期モデルでは、外装・エクステリアが大幅に進化!

前期型でも十分に迫力のあるデザインでしたが、今回新発売された新型モデルは、さらに迫力のあるフロントマスクに変更!新型モデルと比較してしまうと、先代モデルが大人しく感じてしまうくらい違いがありました。

また、今回新発売された新型モデルは、見た目だけではなく、装備面がさらに充実したのも見逃せないポイントなのかなと思いました。

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の後期型の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、前期モデルとどのような違いがあったのでしょうか?

2017年12月にマイナーチェンジをして新しいデザインに生まれ変わった新型モデルの外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー:フロントビュー

2017年12月にマイナーチェンジをして新しいデザインになった新型ヴェルファイア(Vellfire)のフロントビューは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイア後期型のフロントマスク

ちなみに、特別仕様車のゴールデンアイズなのですが、マイナーチェンジ前のモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

■先代モデルのフロントマスク

今回私が見る事ができた新型モデルは、最上位の”エグゼクティブ ラウンジ”にエアロパーツを採用した新グレードの”エグゼクティブ ラウンジZ”だったのですが、先代モデルよりも迫力のあるフロントマスクに…。

また、バンパー左右のメッキ加飾が先代モデルよりも大きくなり、そして、フロントグリル下部の台形がより強調されるデザインになっており、先代モデルよりも”ずっしり”とした踏ん張り感のあるフロントマスクになっているように感じました。

ヘッドライトに3眼識&流れるウィンカーを搭載

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の外装・エクステリアの大きな特徴の一つが、ヘッドライトのデザインです。

今回私が見た”エグゼクティブ ラウンジZ(Executive Lounge Z)”を初め上位モデルでは、3眼識のLEDヘッドライトを標準装備。

■新型ヴェルファイアのヘッドライト

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯すると、このような感じ。

この新型モデルでは、オートマチックハイビームを装備しているため、常時3つの目が点灯するわけではないのが少々残念でしたが、先代モデルよりも精悍なデザインになっているように感じました。

また、最近搭載されているクルマも増えてきましたが、今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の”エグゼクティブ ラウンジ”では、LEDのシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)を標準装備。

■新型ヴェルファイアの流れるウィンカー

先代モデルよりもカッコよく、先進的なデザインになっているように感じました。

また、今回新発売された新型モデルのヘッドライトのレンズが、少し青みがかっているのも、オシャレでなかなか良いと思いました。

新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー:サイドビュー

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)を横から見ると、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアの横からのデザイン

フロントマスクは大きく変わったこの新型モデルですが、サイドビューに関しては、大きく変わっていません。

■先代モデルの横からのデザイン

ただ、前期型と後期型で大きな違いが無い新型ヴェルファイア(Vellfire)ですが、唯一異なるのが、タイヤ&ホイールのデザインです。

マイナーチェンジ前の”エグゼクティブ ラウンジ(Executive Lounge)”では、切削加工&ブラック塗装をしたスタイリッシュなデザインのアルミホイールを標準装備していました。

■先代モデルのタイヤ&ホイール(エグゼクティブ ラウンジ)

一方、今回新発売された新型モデルの”エグゼクティブ ラウンジZ(Executive Lounge Z)”では、先代モデルよりも細いスポークが特徴のタイヤ&ホイールを標準装備。

■新型モデルのタイヤ&ホイール

光沢感があるスパッタリング塗装をしており、ヴェルファイアらしいアグレッシブなデザインのタイヤ&ホイールのデザインになっているように感じました。

新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー:リアビュー

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の後期型モデルと、マイナーチェンジ前のモデルでは、後ろ姿もかなり異なります。

■後期モデルの後ろ姿

■前期モデルの後ろ姿

今回新発売された新型モデルでは、バックドアガーニッシュの形状が変更。

ボディ幅いっぱいに延長され、リアコンビネーションライトを貫通しており、ワイド感を強調したデザインになっていました。

リアコンビネーションランプのデザインも進化

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)で大きく変わったの装備の一つがリアコンビネーションランプです。

先代モデルはライン状に点灯するデザインになっていたのですが、今回新発売された新型モデルのリアコンビネーションランプは、ブロックが連なったデザインに…。

実際にこのリアコンビネーションランプを点灯してみると、このような感じに…。

先代モデルよりもさらにインパクトがあり、このライトを見ただけでもスグに新型ヴェルファイア(Vellfire)と言うのがわかるデザインになっているように感じました。

リアにも流れるウィンカーが装備

また、今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)のリアコンビネーションランプを点灯して驚いたのが、フロントだけでなく、リアにも流れるウィンカー(リアシーケンシャルターンランプ)を装備していた事です。

実際にこのリアシーケンシャルターンランプを確認してみたところ、このような感じに…。

■新型ヴェルファイアのリアシーケンシャルターンランプ

ブロックになったテールランプに沿って内側から外側に点灯をしていくリヤシーケンシャルターンランプは、かなりカッコいいです。

このリアシーケンシャルターンランプが標準装備されているのは、最上位モデルのエグゼクティブ ラウンジ(Executive Lounge)だけとなっており、ガソリン車のZGグレードなどの上位グレードでは、メーカーオプション設定となっています。

ただ、このシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)は、メーカーオプションでも十分に装備する価値はあるのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の後期モデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルよりも迫力のあるフロントマスクに…。
カタログやネットで見るよりも、実車の方が存在感があり、想像以上にカッコよかったです。

また、フロントとリアに搭載されたシーケンシャルターンランプなど最新の装備を備えているのも好印象でした。

前期モデルの外装・エクステリアもとても良いと思いましたが、個人的には、今回新発売された後期モデルのデザインの方が好みでした。(特に後ろ姿が…)

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする