主な変更点は何!?新型ヴェルファイアの後期型の内装【実車画像レビュー】

2017年12月、高級感を追求したトヨタのミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

旧型でも十分な存在感があったフロントマスクですが、今回新発売された新型モデルは、さらに押し出し感の強いデザインに…。特に3眼式になったLEDヘッドライトは、印象的でした。

>>> 新型ヴェルファイア後期型の外装レビュー【先代との違いを実車画像で比較】

一方、今回新発売されたトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアに関しては、それ程大きな変更はありません。

ただ、インパネの加飾やメーターのデザインに変更があり、先代モデルよりも上質な内装・インテリアになっているように感じました。また、今回の新型モデルから搭載された新装備もありました。

今回ビッグマイナーチェンジをしてデビューをした新型ヴェルファイア(Vellfire)の後期型の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、先代モデルと変わった注目ポイントは、何だったのでしょうか?

2017年12月にデビューをしたトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアを実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの内装インプレ:マイチェン前との違いは?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルのインパネは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアの内装

ちなみに、こちらはビッグマイナーチェンジをする前の旧型(前期)モデルのインパネ・内装です。

■前期モデルの内装

ご覧いただければ分かる通り、今回新発売された後期型と今まで発売されていた前期型では、基本的なインパネや内装のデザインに違いはありません。

ただ、今回新発売されたトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)と旧型モデルでは、次のような違い・変更点がありました。

変更点1:インパネに新しい加飾パネルが追加

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルと旧型の大きな違いの一つが、インパネの加飾パネルです。

この新型モデルでは、エグゼクティブ ラウンジの専用デザインとして、シルバー木目調の加飾パネルを新たに追加。他のグレードと差別化を図りました。

そんなエグゼクティブ ラウンジの専用デザインのシルバーの木目調パネルを確認してみると、このような感じ。

■エグゼクティブ ラウンジ専用のシルバー木目調の加飾パネル

かなりオシャレなデザインだと思いませんか?

ブラウンカラーの木目調パネルを採用していた既存のデザインと比較すると、新しくエグゼクティブ ラウンジに設定された”シルバーの木目調パネル”は重厚感は劣りますが、スタイリッシュさはアップ。

モダンなデザインに生まれ変わったように感じました。

また、このシルバーの木目調パネルは、エグゼクティブ ラウンジ専用デザインという事で、特別感があるのも好印象でした。

変更点2:メーターデザイン

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)は、メーターのデザインにも変更がありました。

旧型モデルでは、ハイブリッド車用とガソリン車用の2つのメーターを用意していましたが、今回新発売された新型モデルでは、なんとグレード・モデルによって異なる4つのデザインを用意しています。

■新型ヴェルファイアに用意された4つのメーターデザイン
・エグゼクティブ ラウンジ用
・ハイブリッド車用
・ガソリン車用
・ガソリン車エアロタイプ用

この新型モデルのメーターは、エグゼクティブ ラウンジ用のメーターはゴールド、ハイブリッド車用のメーターはブルー、ガソリン車のエアロタイプ用にはレッドの加飾が施されるなど、各モデルのイメージにピッタリなデザインになっていて、好印象でした。

変更点3:シートのデザイン

今回新発売されたトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)は、シートのデザインにも変更がありました。

先代モデルと同様にこの新型モデルも、エグゼクティブパワーシート、リラックスキャプテンシート、8人乗り用の6対4分割チップアップシートなど、グレードによって機能やデザインが異なる2列目シートを用意しています。

■新型ヴェルファイアのリラックスキャプテンシート

しかし、今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)では、新しく設定された”エグゼクティブ ラウンジZ”専用となるホワイトの内装色&シートカラーを用意。

■エグゼクティブ ラウンジZ専用のホワイトカラーのシート

新しく設定されたシルバーの木目調パネルと相まって、今までのヴェルファイアとは異なるスタイリッシュなデザインの内装・インテリアを演出しているように感じました。

シート素材も一新

また、今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)はシート素材が変更され、質感がアップしたのも、大きな変更点&注目ポイントの一つです。

先代モデルの”ZA Gエディション”やVグレードでは、ファブリック素材と合成皮革を組み合わせたコンビシートを採用していました。

ただ、このコンビシートは、ちょっと安っぽい感じが…。

■先代モデルのファブリック×合成皮革のコンビシート

しかし、今回新発売された新型モデルでは、合成皮革に変更。

■新型モデルの合成皮革シート

今回新発売された新型モデルは、高級ミニバンに相応しい内装・インテリアになったのは、好印象でした。

また、また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルのエグゼクティブ ラウンジに使用されているシートの素材が、セミアリニン本革からさらに高級感のあるプレミアムナッパ素材に変更され、肌触り&座り心地が良くなったのも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

変更点4:新機能も搭載

このようにインパネやシートのデザインが変わった新型ヴェルファイア(Vellfire)ですが、新機能も搭載されています。

その一つが、バックカメラの映像をルームミラーに映してくれるデジタルインナーミラーです。

トヨタのヴォクシーやノア、エスクァイアなどにも設定されているデジタルインナーミラーですが、今回新発売されたこの新型モデルにも用意。

実際にこのクルマに搭載されていたデジタルインナーミラーを確認してみたところ、このようなデザインになっていました。

■新型ヴェルファイアのデジタルインナーミラー

普段使っているバックミラーと距離感が若干異なるので、最初少し違和感を感じましたが、カバーできる範囲が広く、また、後部座席に座っている同乗者や荷物が気に関係なくクリアな後方視界を確保できるのは、とても良いなと思いました。

ちなみに、このデジタルインナーミラーは、上位モデルの”エグゼクティブ ラウンジ”に標準装備、それ以外のグレードではメーカーオプション設定となっています。

新型ヴェルファイア(Vellfire)のような大きなミニバンの運転に不安を感じている人には、このデジタルインナーミラーは、強い味方になるのかなと思いました。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。また、先代モデルと比較して、このような違いがありました。

見た目の雰囲気が大きく変わった外装・エクステリアと比較すると、この新型モデルの内装・インテリアの変更は小さいです。

ただ、インパネやメーターが新しくなったこの新型モデルは、先代モデルよりも高級感のあるデザインになっているように感じました。

特に、今までの新型ヴェルファイア(Vellfire)のイメージとはかけ離れたデザインの”エグゼクティブ ラウンジZ”の内装・インテリアは、良かったです。

迫力が増した外装・エクステリアばかり注目を集めていますが、これから試乗に行かれる方は、新しいデザインに生まれ変わったこの新型モデルの内装・インテリアにも是非とも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする