新型ヴェルファイアのマニュアルウォークイン【使ってみて残念だった事とは?】

デビューをしてから3年がたったネッツトヨタの高級サルーン新型ヴェルファイア(VELLFIRE)が、2017年12月、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

安全装備の充実、さらに迫力が増したフロントマスクなど、注目ポイントが山ほどある今回のビッグマイナーチェンジですが、エアロ仕様がラインナップされるなど最上位モデルのエグゼクティブラウンジも大幅に進化をしていました。

>>> 新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZの外装の3つの特徴とは?

そんな”エグゼクティブ ラウンジ”に搭載された注目の機能が、3列目シートへのアクセスをしやすくするマニュアルウォークイン機能です。

ただ、今回のビッグマイナーチェンジで”エグゼクティブ ラウンジ”に初搭載されたマニュアルウォークイン機能はとても便利な機能&装備なのですが、あまり知られていないと欠点・デメリットもあります。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタ新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のマニュアルウォークイン機能は、どのような機能なのでしょうか?また、どのような欠点・デメリットがあるのでしょうか?

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジに搭載されたマニュアルウォークイン機能について、徹底的にレビューをしていみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアのマニュアルウォークインは、どんな機能?

ネッツトヨタ新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデル”エグゼクティブ ラウンジ”では、飛行機のファーストクラスに座っているようなラグジュアリーな体験をする事ができる2列目シートを備えています。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシート

VIPな気持ちを味われるこのエグゼクティブラウンジシートは、まさに特等席。

蒸れを防ぐベンチレーション機能やシートヒーター、折り畳み式のテーブルなど、誰もが満足できる機能と座り心地を備えていました。

しかし、従来のエグゼクティブラウンジシートには、3列目シートへアクセスがしにくいと言う欠点・デメリットがありました。

実際に確認して頂けると分ると思いますが、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”は、2列目の快適性・居心地の良さを最重要視しているため、このように3列目へのアクセスをする空間がとても狭くなっています。

また、従来のエグゼクティブキャプテンシートでは、3列目シートへアクセスをするには、シートの横や後ろに付いてるスイッチを操作して、シートバックを前方へ倒した後に、手動でシート全体を前方にスライドさせる必要がありました。

しかし、電動でシートバックを倒し、3列目シートへアクセスをするスペースを作るのに、すごい時間がかかります。私も何度かこの操作を行ったのですが、背もたれを前方に倒すのに時間がかかるため、すっごいヤキモキします。

その欠点・デメリットを解消したのが、今回のビッグマイナーチェンジで搭載されたマニュアルウォークイン機能です。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”に搭載されたマニュアルウォークイン機能とは、その名の通り、手動で2列目シートの背もたれを倒して、前にスライドできる機能の事です。

■新型ヴェルファイアのマニュアルウォークイン機能

このマニュアルウォークイン機能は、運転席側のみの2列目シートに装備されている機能なのですが、シートの横側に装備されているレバーを引くと、一瞬で背もたれがバタンと前方に倒れます。

そして、そのまま前方にスライドさせれば、あっという間に3列目シートへアクセスするスペースが登場。

従来の方法よりも3列目シートへの通り道を作るための時間は、格段に短くなっており、個人的な体感では、従来の時間の半分以下になっている感じが…。

この新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の”エグゼクティブラウンジ”をファミリーカーと使用する方にとっては、この”マニュアルウォークインは、とても便利な機能だと思いました。

新型ヴェルファイアのマニュアルウォークインの欠点

このように3列目シートへのアクセスをしやすくしてくれる新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のマニュアルウォークイン機能ですが、欠点・デメリットもありました。

それは背もたれのリクライニング幅です。

従来のエグゼクティブラウンジシート、また、マニュアルウォークイン機能が装備されていない助手席側のシートは、背もたれをフルフラットまで倒す事ができたのですが、マニュアルウォークイン機能を備えたシートは、リクライニング量が限られてしまいます。

実際にマニュアルウォークイン機能を備えたエグゼクティブラウンジシートと、マニュアルウォークイン機能を備えていないシートを一番後ろまでリクライニングしてみると、このような感じです。

■エグゼクティブラウンジシートをリクライニングした様子


※奥がマニュアルウォークインを備えたシート


※手前がマニュアルウォークインを備えたシート

奥にあるマニュアルウォークイン機能を備えていないシートとリクライニング幅が違うのがわかりますよね。

ちなみに、ディーラーさんに確認したところ、マニュアルウォークイン機能を備えたエグゼクティブラウンジシートの場合、リクライニング幅や約150度くらいになってしまうようです。

なので、マニュアルウォークイン機能を備えた新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジシートの場合は、シートをフルフラットにする事はできません。

2列目シートをフルフラットにして、足を伸ばして座りたいと思っている人には、注意が必要なのかなと思いました。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデルエグゼクティブラウンジに搭載された便利な機能”マニュアルウォークイン”は、このようになっていました。

今回搭載されたマニュアルウォークイン機能を使用すると、3列目シートへのアクセス・乗り降りがしやすくなるのは、とても良いと思いました。

ただ、シートの構造上、マニュアルウォークイン機能を装着すると、2列目のエグゼクティブラウンジシートのリクライニング幅が小さくなり、フルフラットにする事ができないのは、少々残念でした。

このように新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジの注目機能マニュアルウォークインを装着すると、このような欠点・デメリットもあるので、注意をしてくださいね。

ちなみに、このマニュアルウォークイン機能を搭載されたモデルの生産が開始されるのは、2018年4月以降となります。

>>> マイチェンをした新型ヴェルファイアの最新の納期【ガソリンとHVの違いは!?】

なので、マニュアルウォークイン機能を装着したモデルを注文すると、他のモデルよりもさらに納期・納車待ちが長くなるので、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする