新型ヴェルファイアのメーター比較【ハイブリッド vs ガソリン】

LLサイズの高級ミニバンの中でも特に人気が高いネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回新発売された新型モデルは大きく分けて、ガソリン車の2.5リットルモデルと3.5リットルモデル、そして、ハイブリッド車の3つをラインナップしています。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の内装・インテリアですが、ハイブリッド車とガソリン車でそれ程大きな違いはありません。

ただ、メーターのデザインやマルチインフォメーションディスプレイの表示項目に関しては、ハイブリッド車とガソリン車で全然違います。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のハイブリッド車・ガソリン車それぞれのメーターは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車のメーターは、どこが違うのでしょうか?

ビッグマイナーチェンジ後のモデルのハイブリッド車とガソリン車のメーターを見比べる事が出来たので、違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアのハイブリッド車とガソリン車のメーター比較

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)は4種類のメーターを用意しているのですが、ハイブリッド車・ガソリン車それぞれのメーターのデザインは、このようになっています。

ちなみに、私が見たハイブリッド車は、エグゼクティブラウンジ専用デザインとなっていたため、他のハイブリッドモデルと若干デザインは異なっております。

■新型ヴェルファイアのハイブリッドのメーター

■新型ヴェルファイアのガソリン車のメーター

ハイブリッド車とガソリン車では、メーターの違いが一目瞭然ですよね。

ただ、この2台のメーターを見比べると、意外な違いもありました。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のハイブリッド車とガソリン車のメーターの違いを、細かく確認していきたいと思います。

違い1:搭載されているメーター

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のハイブリッド車とガソリン車のメーターの大きな違いの一つが、用意されているメーターの種類です。

どちらも中央に様々な情報を表示してくるマルチインフォメーションディスプレイを配した自発光式のオプティトロンメーターを採用しているのは、共通となっています。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、2眼式メーターの左型に採用されているメーターに違いがありました。

ハイブリッド車では、ハイブリッドシステムの出力/回生状況やレベルを表示してくれる”ハイブリッドシステムインジケーター”をメーターの右側に搭載。

■ハイブリッド車のハイブリッドシステムインジケーター

このカラフルに色分けされたハイブリッドシステムインジケーターを見ると、ハイブリッド車と言う事を改めて実感します。

一方、ハイブリッドシステムインジケーターが搭載されているハイブリッド車と異なり、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のガソリン車では、一般的なタコメーターを標準装備。

■ガソリン車のタコメーター

ハイブリッド車よりも、タコメーターを配しているガソリン車の方が、メーターのデザインが若干シンプルに感じました。

ちなみに、タコメーターが用意されていないハイブリッド車ですが、スピードメーターとハイブリッドシステムインジケーターの間にあるマルチインフォメーションディスプレイにタコメーターが表示されるようになっていました。

■ハイブリッド車のタコメーター

違い2:メーターの加飾

また、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のハイブリッド車とガソリン車のメーターの大きな違いが、針やメーター内部の加飾です。

ハイブリッド車のメーターは、このように針&メーター内部にブルーの加飾が施されたデザインに…。

ちなみに、ハイブリッド車とガソリン車のメーターの違いをより分かりやすくするために、ハイブリッド車は、マイナーチェンジ前のモデルのものを使用しております。

■ハイブリッド車のメーター


※マイナーチェン前のモデルのメーター画像を使用しております。

一方、ガソリン車は、メーターの針&内部にレッドの演出を施したデザインに…。

■ガソリン車のメーター

基本的なメーターのデザインは一緒なのですが、カラーによって、雰囲気が全く異なりますよね。

ブルーを配したハイブリッド車のメーターは、爽やかでスタイリッシュな印象を持ちましたが、レッドを基調にしたガソリン車のメーターは、爽やかさよりも、スポーティーやチカラ強さを感じるデザインになっているように感じました。

違い3:マルチインフォメーションディスプレイの表示項目

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたトヨタの新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のメーターの中央には、4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイが備わっているのですが、ハイブリッド車とガソリン車で表示項目が異なります。

例えば、ハイブリッド車のみに用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、次のようなものがあります。

■ハイブリッド専用のエネルギーモニター

■ハイブリッド専用のタコメーター

一方、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のガソリン車には、このようにアイドリングストップ(アイスト)に関する表示項目が用意されていました。

■アイドリングストップの節約時間

■アイドリングストップの節約燃料

■アイドリングストップの設定画面

このような表示画面が用意されていると、アイドリングストップでどれだけ燃料などが節約されているかが一目で分かって良いですよね。

このように新型ヴェルファイアのハイブリッド車のガソリン車では、中央に備わっているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも違いがあるので、ぜひとも注目をしてみてくださいね。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のハイブリッド車とガソリン車のメーターを確認したところ、このような違いがありました。

基本的なメーターのデザインは同じになっていたものの、メーターの加飾などが異なるため、全く異なる雰囲気に…。また、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目に違いがあるのも印象的でした。

もしハイブリッド車とガソリン車のどちらを購入しようか迷われている方は、このメーターの違いのも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)は4種類用意されており、モデルやグレードによってデザインが異なります。

このグレードによるメーターのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする