実車を見て気になった事とは?新型ヴェルファイアのラゲッジの不満

ラグジュアリーな空間を楽しめるトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)が、2017年12月、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

スタイリッシュな顔つきに生まれ変わったこの新型モデルですが、LLサイズの大型ミニバンならではの荷室・ラゲッジスペースの広さも魅力の一つです。

また、このクルマは、広い床下収納を備えており、3列目シートを一番後ろにスライドした状態でも十分な収納力を確保しているのも好印象でした。

>>> 【積載量&サイズを確認】新型ヴェルファイアの床下収納の画像レビュー

ただ、その一方、新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて、ちょっと気になったところ、不満に感じたところもありました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで気になったところ、不満に感じたところは何だったのでしょうか?

私がこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを実際に使ってみて、気になったところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの荷室インプレ:試乗して気になった2つの事とは?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

こちらは3列目シートを一番後ろにした状態です。

■新型ヴェルファイアの荷室の広さ:3列目シート最後端

やはり3列目シートを一番後ろの設定をすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが、かなり狭くなってしまいます。

ただ、新型ヴェルファイアの3列目シートを一番前にスライドすると、このように広い荷室・ラゲッジスペースが登場します。

■新型ヴェルファイアの荷室の広さ:3列目シート最前端

これだけ広ければ、十分ですよね。

また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートを収納すれば、大きい荷物を荷室・ラゲッジスペースに積みこむ事も可能です。

実際にこの新型モデル3列目シートを収納すると、このような感じに…。

■新型ヴェルファイアの荷室の広さ:3列目シート収納時

3列目シートを収納すると、成人男性が横になってもゆとりがある広い荷室・ラゲッジ空間が登場。これだけ荷室・ラゲッジスペースが広くなれば、家族4人で車中泊をする事も可能なのかなと思いました。

>>> 新型ヴェルファイアの荷室アレンジをもっと確認してみたい方はコチラ

このように3列目シートを収納するとさらに広くなる新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースですが、実際に確認をしてみて、次のような不満を感じました。

不満1:3列目シートの収納作業

今回、私が新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースを実際に様々な操作をしてみて、不満に感じたのは、3列目シートの収納作業です。

この新型モデルでは、3列目シートを収納するのに、次のような作業(操作)が必要となります。

■新型ヴェルファイアの収納作業

・ステップ1:シートの位置を調整する
フロアのマーキング位置に3列目シートの脚の位置をあわせる。

・ステップ2:ロックを解除して、シートを跳ね上げる
座面の脇にあるレバーを引き、座面を前方に収納し、シート全体を持ち上げる。

・ステップ3:ストラップで固定をする
左右に跳ね上げた3列目シートをストラップで固定をする

作業工程自体はとてもラクなのですが、新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートは重たいので、女性や年配の方には、面倒かも…。男性の私が3列目シートを収納する時は、少しチカラを入れたぐらいなので…。

ちなみに、このクルマよりもワンランク車格が下がるLサイズのコンパクトミニバンの新型ヴォクシー(VOXY)では、3列目シートの足元に備わっているレバーを引くだけで、自動的に3列目シートが跳ね上がります。

新型ヴォクシー(VOXY)では、わざわざ自分でシートを持ち上げる必要がないので、とってもラクです。個人的には、このシートを自動的に跳ね上げる機能を新型ヴェルファイア(Vellfire)にも搭載して貰いたかったです。

また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートを収納するためには、シートとフロアのマーキング位置をピッタリと合わせなけれならず、ほんの1cm~2cmでもズレているとシートのロックが解除されません。

このシートのスライド位置の調整も、個人的には、ちょっと面倒だなと感じました。

不満その2:3列目シートを跳ね上げた時の荷室幅

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースを確認していて気になったのは、3列目シートを跳ね上げた時の荷室幅です。

この新型モデルでは、跳ね上げ式を採用しているため、3列目シートを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの横幅がどうしても狭くなってしまいます。

実際に見てみると、収納した3列目シートの張り出しが、かなり気になります。
また、3列目シートを収納すると、3列目シート横のウィンドウをふさいでしまうため、斜め後方の視界も妨げます。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のエルグランド(ELGRAND)やホンダのオデッセイ(ODYSSEY)では、3列目シートを床下に収納する方式を採用しています。

■新型オデッセイの3列目シートを収納した時の様子

そのため、3列目シートを収納しても、新型ヴェルファイア(Vellfire)のように荷室・ラゲッジスペースの横幅を妨げる事はありません。また、斜め後方の視界も、オデッセイやエルグランドなど競合車・ライバル車の方が良いです。

3列目シートを収納した時のスッキリと、そして、広々とした競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースと比較すると、3列目シート収納時の新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室の広さや使い勝手は、少々劣っているのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたネッツトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

3列目シートを使用した状態でも十分な収納力を備えているところは、このクルマの荷室・ラゲッジスペースの良いところだと思います。

ただ、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手、そして、斜め後方の視界性は、競合車・ライバル車よりも劣るのかなと思いました。

もし、これからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、実際に3列目シートを収納してみるなどをして、3列目シート収納時の広さや使い勝手、後方の視界性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型ヴェルファイアの記事一覧はコチラ <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする