【各モデルの荷室サイズを紹介】新型ヴェルファイアのラゲッジ画像レビュー

2017年12月、押し出し感が強いフロントマスクが人気の大型ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回新発売された新型モデルでは、3眼識のLEDヘッドライトやシーケンシャルターンランプを採用するなど、マイナーチェンジ前のモデルよりも、さらに迫力のある顔つきに…。

>>> マイチェンをした新型ヴェルファイアの外装レビュー【先代との違いは?】

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の魅力の一つが、広くて、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

ただ、この新型モデルは、2列目シートの形状によって、荷室・ラゲッジスペースのサイズに違いが…。なので、荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積みこむ方、車中泊を考えている方は、この荷室のサイズも考慮してグレード選びをした方が良いと思います。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どれくらいなのでしょうか?また、モデルによって、荷室サイズは、どれくらい異なるのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルの荷室寸法を確認してみたので、紹介したいと思います。
※今回のシートの画像では、ところどころアルファードの写真、またマイナーチェン前のモデルの写真を使用しております。予めご了承ください。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの荷室サイズ:3列目シート使用時

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このような広さになっています。

■新型ヴェルファイアの荷室の広さ:3列目シート最後端

こちらは、可動式の3列目シートを一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さなのですが、やはり3列目シートを一番後ろに設定すると、奥行き・ラゲッジスペースの奥行きが狭い感じが…。

一方、3列目シートを一番前にスライドすると、このような広さになります。

■新型ヴェルファイアの荷室の広さ:3列目シート最前端

3列目シートを一番後ろに設定した時と比べると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなった印象が…。

やはり荷室・ラゲッジスペースを有効活用するのなら、3列目シートを少し前に設定した方が良いのかなと思いました。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の3列目シートを使用した時の荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェルファイアの荷室サイズ:3列目シート使用時
荷室長:約 240mm(一番後ろにスライド時)
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

3列目シートを一番後ろに設定した時の荷室の奥行きは、約240mmとちょっと狭めなのですが、一番前にスライドすると約650mmとかなり広くなりました。

新型ヴォクシーなどミドルクラスの場合は、3列目シートを使用していると荷室・ラゲッジスペースは、かなり狭くなってしまいます。しかし、この新型モデルでは、3列目シートを一番前ににスライドすれば、日常使いでは十分に満足できる収納力を備えています。

また、3列目シートを展開していると、斜め後方の視界も妨げません。

この事を考えると、3列目シートは跳ね上げないで、普段から展開した状態にしておいても良いのかなと思いました。

新型ヴェルファイアは、荷室の高さも十分

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)を見て良いと思ったのが、荷室・ラゲッジスペースの高さです。

このクルマは、荷室高さが約1,150mmもあるため、背の高い荷物も楽々積み込む事ができちゃいます。

ディーラーさんに聞いたところによると、3列目シートを一番にスライドすると、9.5インチサイズのゴルフバックが最大で6個積み込めるようですよ。

この荷室高も新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の魅力の一つなのかなと、思いました。

新型ヴェルファイアの荷室サイズ:2列目シート使用時

3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、全モデル違いがなかった新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の荷室・ラゲッジスペースですが、次の2つのタイプで荷室・ラゲッジスペースの奥行きが異なります。

・7人乗りモデル
・8人乗りモデル

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どうなっているのでしょうか?

それぞれのモデルの荷室寸法を紹介したいと思います。

7人乗りモデルと8人乗りモデルの荷室サイズ比較

エグゼクティブパワーシートやリラックスキャプテンシートなど、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の7人乗りシートの荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■7人乗り仕様の荷室サイズ:3列目シート収納時
荷室長:約1,265mm (最後端時)
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

一方、2列目シートに3人掛けのベンチシートを採用した8人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースサイズは、このようになっていました。

■8人乗り仕様の荷室サイズ:3列目シート使用時
荷室長:約1,250mm (最後端時)
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

2列目にベンチシートを採用している8人乗りモデルよりも、左右が独立した2人掛けの独立客店シートを採用した7人乗りモデルの方が荷室・ラゲッジスペースは、約15mほど広くなっています。

ただ、どちらのモデルも十分な広さを確保しています。

また、実際に2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きを比べても、わからないくらいの差なので、2列目シートを一番後ろにした時の差に関しては、それ程気にしなくても良いのかなと思いました。

3列目シート収納すると、荷室幅が狭くなる

3列目シートを収納すると広々とした荷室空間と作り出す事ができる新型ヴェルファイア(VELLFIRE)ですが、実車を見て気になったのは、3列目シートの間の広さです。

この新型モデルは跳ね上げ方式を採用しているため、シートの間の荷室幅はかなり狭い感じが…。

実際に計測をしてみたのですが、この新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最大荷室幅が約1,245mmだったのに対し、3列目シートが張り出している間の荷室幅は、たったの約890mmでした。

最大部と比較すると、かなり狭いですよね。

3列目シートを収納した時のサイドの張り出しは、背の高い荷物を積みこむ時や多くの荷物を積みこむ時の妨げになるのかなと思いました。

ヴェルファイアの荷室サイズ:2列目&3列目を収納時

今回ビッグマイナーチェンジをした新型ヴェルファイア(VELLFIRE)では、2列目シートを一番前にスライドする事によって、荷室・ラゲッジスペースの広さを最大限にする事ができます。

ただ、2列目シートの大きさがデザインが異なるため、荷室・ラゲッジスペースの奥拭きが大きく異なります。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のそれぞれのモデルの2列目&3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さを紹介したいと思います。

2列目&3列目シートを収納した時に荷室サイズが一番狭いのは…

新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の中で一番荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭くなるのは、エグゼクティブラウンジシートとエグゼクティブキャプテンシートを標準装備したモデル。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブ ラウンジシート

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブ パワーシート

これらのモデルは、2列目シートに豪華なシートを採用しているため、どうしても荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭くなってしまいます。

そんなエグゼクティブ ラウンジシートとエグゼクティブ パワーシートを2列目に搭載したモデルの荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■エグゼクティブ系シートの荷室サイズ:2列目&3列目収納時
荷室室長:約1,750mm(最後端時)
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

新型ヴェルファイア(VELLFIRE)は、ボディサイズの大きいLLサイズミニバンなので、これらのシートを搭載しているモデルでも十分に満足できる荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、のちの紹介する2つのモデルと比較すると、このモデルの荷室・ラゲッジスペースの荷室の広さは、少し見劣りするように感じました。

エグゼクティブ系よりもひと回り荷室を備えているのは…

豪華な2列目シートが特徴のエグゼクティブ系よりも、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが一回り広くなっているのが、リラックスキャプテンシートを備えた7人乗りモデルです。

■新型ヴェルファイアのリラックスキャプテンシート

このエグゼクティブキャプテンシートを備えたモデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。(※助手席スーパースライドシートを搭載すると、荷室の奥行きが異なります。)

リラックスキャプテンシートの荷室サイズ:2列目&3列目収納時
荷室長:約1,780mm
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

このリラックスキャプテンシートを備えたモデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、エグゼクティブ系のモデルよりも約30mm程広くなっています。

また、リラックスキャプテンシートは、左右のシートの間に大きなスペースがあり、長尺物を積み込むのにも良いように感じがしました。

2列目&3列目シートを収納した時に奥行きが一番広くなるのは…

新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の2列目&3列目シートを収納した時に荷室・ラゲッジスペースが一番広くなるのは、座面を跳ね上げる事ができる8人乗りのベンチシートです。

■新型ヴェルファイアの8人乗りベンチシート

この8人乗りベンチシートの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみると、このような感じに…。

■7人乗り仕様の荷室サイズ:3列目シート使用時
荷室長:約2,025mm
荷室幅:約1,245mm
荷室高:約1,150mm
※荷室幅・荷室高は最大部分で計測

リラックスキャプテンシートを採用しているモデルよりも荷室・ラゲッジスペースの奥行きが、かなり広くなりましたよね。

正直に言って、ここまでの荷室・ラゲッジスペースが必要かは疑問が残るところですが、これだけ荷室・ラゲッジスペースが広ければ、いかなるシーンでも積載量で困る事は無いのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

このようにこの新型モデルでは、2列目シートのデザインが異なるため、モデル・グレードによって荷室・ラゲッジスペースの奥行きが異なります。

ただ、荷室・ラゲッジスペースのサイズ・容量は十分なので、どのモデルを選んでも、収納力&広さで困る事は無いのかなと、思いました。

>>> 【積載量&サイズはどのくらい】新型ヴェルファイアの床下収納の画像レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする