新型ヴェルファイアの収納レビュー【運転席周りの小物入れを徹底チェック】

迫力のあるフロントマスクが人気のトヨタの高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、2017年12月、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

押し出し感の強いスタイリッシュな顔立ちが人気のこの新型モデルですが、今回新発売された新型モデルでは、新しい内装色を用意。

新型ヴェルファイア(Vellfire)らしいスタイリッシュなデザインになっているのが、好印象でした。

>>> 新色を追加したマイチェン後の新型ヴェルファイアの内装・インテリアをチェック

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インテリアですが、ミニバンらしく収納スペース・小物入れも充実しています。特に運転席周りの収納スペースの充実度は、素晴らしかったです。

また、この新型モデルの収納スペース・収納スペースは、新型ヴォクシーなどミドルクラスのミニバンと異なり、上質感を損なわないデザインになっているのも好印象でした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の運転席周りでは、どのような収納スペース・小物入れを用意していたのでしょうか?また、大きさや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型モデルの収納スペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの収納スペース:運転席周り編

2017年12月にビッグマイナーチェンジをしてネッツトヨタから新発売さえた新型ヴェルファイア(Vellfire)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアのインパネ

今回私が見たモデル”エグゼクティブラウンジ”のインパネは、大型のセンターコンソールを備えるなど、高級ミニバンらしい重厚感のあるデザインになっていました。

また、このインパネの画像を一見すると、収納スペース・小物入れはあまりなさそうに見えますが、この新型モデルでは、リッド(蓋)が付いた収納スペースが至る所に用意。

ほとんどの収納スペースが蓋つきなので、気軽にポンポンと置ける収納スペースが無いのが少々残念でしたが、個人的には、十分に満足できる収納スペースの数と個数を備えているように感じました。

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の運転席周りの収納スペースの数と使い勝手を紹介したいと思います。

収納スペース1:運転席ロアボックス

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)のハンドル・ステアリングホイールの右側に用意されていた収納スペースが、”運転席ロアボックス”です。

収納スペース自体はそれ程大きくないのですが、外から確認しにくい場所に設置されているので、コインやカードなど貴重品を収納しておくのに、とても良い収納スペースなのかなと、思いました。

また、この運転席ロアボックスでは、ETC車載器が隠れるデザインになっているのも好印象でした。

収納スペース2:センターアッパーボックス

新型ヴェルファイア(Vellfire)のインパネの中央、シフトレバーの左脇には、ワンプッシュで開閉できる収納スペース”センターアッパーボックス”が用意されています。

ディーラーさんは、「財布なども収納できるサイズになっています。」と説明をしてくれましたが、女性用の長財布はちょっと入らない感じが…。(小銭入れや折り畳み財布は収納できますが…)

個人的には、サイズも奥行きも中途半端なサイズになっているため、どのように使ったら良いか、イメージが湧きにくい収納スペースでした。

収納スペース3:センターコンソールトレー

新型ヴェルファイア(Vellfire)のシフトレバーの後方には、トレーが2か所用意されていました。

■センターコンソールトレー

細長い方はボールペンなどを置くのに、また、大きい方は、スマホやiPhone置くのにちょうど良いサイズに…。また、トレーは底面は、ゴム状になっており、置いたスマホやiPhoneに傷がつかないようになっていたのも好印象でした。

収納スペース4:大型センターコンソール

今回私が見たモデル”エグゼクティブラウンジ”では、左右に開閉する事ができる大きなセンターコンソールを標準装備。

運転席・助手席どちらからも開閉できるデザインになっているのは、便利でとても良いと思いました。そして、子のセンターコンソールの内部を確認してみると、このような感じ。

かなり広くなっていますよね。

また、この大きなセンターコンソールは収納力があるだけではなく、内部にはUSBポートやアクセサリーコンセントを装備。

iPadなのタブレット端末やゲーム機などを充電する時にも重宝するのかなと思いました。

収納スペース5:グローブボックス

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)では、ワンプッシュで開閉する事ができるグローブボックスを標準装備。

奥行きはそれ程無いのですが、横幅が広いため、車検証を入れても、まだまだスペースに余裕があります。また、内部は起毛処理が施されており、ラグジュアリーな雰囲気があるのも好印象でした。

収納スペース6:オーバーヘッドコンソール

新型ヴェルファイア(Vellfire)のルームライト部分には、運転用の眼鏡やサングラスを収納しておくのに便利なオーバーヘッドコンソールを標準装備。

■新型ヴェルファイアのオーバーヘッドコンソール

オーバーヘッドコンソールの内部は布のような素材で覆われており、置いた眼鏡やサングラスが傷つかないような工夫が施されているのはとても良いと思います。

ただ、ちょっと気になったのは、サイズ。

このオーバーヘッドコンソールのサイズはちょっと小さいため、最近はやりの大きいレンズのサングラスやメガネは収納できません。個人的には、もう少しこのオーバーヘッドコンソールのサイズを大きくしても良いのかなと思いました。

収納スペース7:ドア内側パネル

新型ヴェルファイア(Vellfire)では、ドア内側パネルの下部にこのようなドリンクホルダーとドアポケットを標準装備。

このドアポケットはマチ(厚み)が広くなっており、厚さのある雑誌や地図を数冊収納してもまだ余裕があります。また、厚みがあるため、雑誌や地図の出し入れも、とてもラクです。

日産のエルグランドやホンダのオデッセイなど、競合車・ライバル車にもドアポケットは装備されていますが、個人的には、このクルマのドアポケットが一番使いやすいように感じました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の運転席まわりの収納スペース・小物入れは、このようになっていました。

この新型モデルの運転席周りには、使い勝手の良い様々なサイズの収納スペースを用意しているだけではなく、このクルマの特徴でもあるラグジュアリーな空間を損なわないデザインに…。

また、それぞれの収納スペースは、起毛処理などが施されており、収納したアイテムが傷つかないようになっているのも好印象でした。

大きな収納スペースも用意されており、ファミリーカーとして利用しても、収納スペースで困る心配はないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする