【積載量&サイズを確認】新型ヴェルファイアの床下収納の画像レビュー

2017年12月、ネッツトヨタから発売されている高級ミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、初のビッグマイナーチェンジを行いました。

ミニバンと言えば、荷室の広さ・使い勝手の良さも重要なポイントですが、この新型モデルでは、広い開口部&フルフラットなフロアを備えたい使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを用意。

日産のエルグランド(ELGRAND)など、競合車・ライバル車よりも使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えているように感じました。

>>> 使い勝手は良い!?新型ヴェルファイアの荷室のアレンジ性を徹底チェック

また、今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを見て良いと思ったのが、床下収納(サブトランク)の存在です。

この新型モデルのサブトランクは、「えっ!?こんなに広いの!?」とビックリしてまうくらいの広さを確保。これだけでも競合車・ライバル車よりもアドバンテージがあるように感じました。

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースに備わっている床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、床下収納の積載量&サイズは、どのくらいだったのでしょうか?

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納(サブトランク)の使い勝手やサイズ、積載量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアの床下収納の使い勝手を確認

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアの荷室・ラゲッジスペース

フカフカとしたカーペットのようなフロアマットが荷室・ラゲッジスペースにも敷かれていますが、このフロアマットと一緒に荷室フロアを持ち上げると、このように巨大な床下収納のスペースが登場します。

■新型ヴェルファイアの床下収納(サブトランク)

かなり広いですよね。

今回私が見たモデルでは、メーカーオプションのスペアタイヤが装備されていたので、床下収納(サブトランク)の右半分が埋まってしまっていたのですが、スペアタイヤがなければ、床下全体が収納スペースになるそうです。

また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納を上から見ると、3列目シートのレールで左右が分割しているように見えますが、内部は左右が繋がっています。なので、機内に持ち込めるSSサイズのスーツケースなど大きい荷物もラクラク積みこむ事が可能のようですよ。

3列目を一番後ろにしても、しっかりとした収納力を確保

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の3列目シートを一番後ろにスライドすると、このように荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭く、荷物を載せるスペースがほとんどなくなってしまうのが、欠点・デメリットの一つです。

■3列目シートを一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペース

しかし、荷室・ラゲッジスペースの下にこれだけ広い荷室・ラゲッジスペースを備えていれば、普段使いの場合、3列目シートを使用した状態でも、収納スペースに困る事は無いのかなと思いました。

また、床下収納のボードは左右独立をしているので、別々に開け閉めできるのも、とても便利だと思いました。

ただ、大きい荷物の積み降ろしには不向き!?

広さが魅力の新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納(サブトランク)ですが、実際に使ってみて気になったのは、大きい荷物の出し入れのしにくさです。

この新型モデルの床下収納(サブトランク)の開口部の中央には、3列目シートのレールが備え付けられています。そして、このレール部分は、しっかりと固定されているため、取り外したり、開け閉めをする事はできません。

■3列目シートのスライドレール

なので、エアコンなど、横に長い荷物を積みこむ事は、少し難しいかもしれません。

また、床下収納(サブトランク)の開口部を貫通するようなデザインになっている3列目シートのスライドレールは、大きい荷物の出し入れを妨げます。

なので、新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納は、エアコンなどの大きい荷物を積みこむというよりも、小さいアイテムを気軽にどんどんと放り込んでおく方が良いのかなと思いました。

ヴェルファイアの床下収納のサイズ&容量はどのくらい?

競合車・ライバル車には備えていない広い床下収納(サブトランク)を備えている新型ヴェルファイア(Vellfire)ですが、実際のサイズ&容量はどれきらなのでしょうか?

ディーラーさんに確認してみたところ、この新型モデルの床下収納の容量は、次のようになっていました。

■新型ヴェルファイアの床下収納の容量
・スペアタイヤ無し仕様…148リットル
・スペアタイヤ有り仕様…66リットル

また、この新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納のサイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェルファイアの床下収納のサイズ
奥行き:約 710mm
横幅 :約1245mm
深さ :約 285mm

ちなみに、新型ヴェルファイア(Vellfire)の床下収納(サブトランク)は、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの高級ミニバン”オデッセイ(Oddesey)”よりも奥行きも深さもひと回り広くなっています。(オデッセイの場合は、3列目シートを収納するスペースなので、厳密には、床下収納ではありませんが…。)

■ホンダ オデッセイの床下収納(サブトランク)

また、日産のエルグランド(ELGRAND)には、新型ヴェルファイア(Vellfire)のような床下収納(サブトランク)は、用意されていません。

荷物の出し入れなど若干気になる部分はあるこの新型モデルの床下収納(サブトランク)ですが、この広い床下収納(サブトランク)がある事自体が競合車・ライバル車には無いメリットになっているのかもしれませんね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の荷室・ラゲッジスペースの下に備わっている床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっていました。

3列目シートのレールがあるため使い勝手の面では若干気になる部分はあるものの、十分満足できるサイズを確保しています。

また、床下収納(サブトランク)があるおかげで、3列目シートを一番後ろにした状態でも、多くの荷物を積みこめる事ができるのが良いと思いました。

ホンダのオデッセイ(Odyssey)や日産のエルグランド(ELGRAND)など、競合車・ライバル車にも良い部分はたくさんありますが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、新型ヴェルファイア(Vellfire)が一番良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする