【何個あるの?】新型クロスビーのドリンクホルダーの多さにビックリ!

個性的なデザインが特徴のスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

キュートな見た目が印象的なこの新型モデルですが、クルマとしての使い勝手の良さも魅力の一つです。

実際にこのクルマを確認して貰うと分るのですが、ボディサイズが小さい割には収納スペースも多く、趣味のクルマとしてだけではなく、ファミリーカーとしても、かなり優秀な部類に入るのかなと思いました。

>>> 小物入れは豊富!?新型クロスビーの収納スペースの配置&使い勝手をチェック

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアをチェックしていて驚いたのは、ドリンクホルダーの多さです。

グレードによって若干異なるのですが、この新型モデルでは、使いきれないくらいのドリンクホルダーを用意していました。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、ドリンクホルダーは、いくつ用意されているのでしょうか?また、ドリンクホルダーの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのドリンクホルダーの数や配置、使い勝手を確認してきたので、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型クロスビーのドリンクホルダーの数はいくつ?

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)ですが、運転席周り/後部座席周りのドリンクホルダーの数を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型クロスビーの最大のドリンクホルダー数
運転席周り… 5個
後部座席周り…8個
トータル個数…13個

今回新発売された新型モデルでは、運転席周り/後部座席周り合わせて13個のドリンクホルダーを標準装備。

最大乗車人数が5人と言う事を考えると、このドリンクホルダーの数は、かなり多いですよね。一人当たり2個以上のドリンクホルダー用意されているのですから…。

特に後部座席周りのドリンクホルダーの数には驚愕いたしました。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、それぞれのドリンクホルダーの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている各ドリンクホルダーの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型クロスビーの運転席周りのドリンクホルダーの使い勝手をチェック

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の運転席周りでは、4個ドリンクホルダーを用意しているのですが、次の場所に用意されていました。

・ダッシュボード左右 :2個
・ドア内側パネル :2個
・センターロアポケット:1個

そんな運転席周りに用意されているドリンクホルダーのデザインを確認してきたので、紹介したいと思います。

運転席周りのドリンクホルダー1:ダッシュボード

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)では、ダッシュボードの左右に備え付けタイプのドリンクホルダーを2個用意しています。

■ダッシュボードのドリンクホルダー:2個

このダッシュボードに設置されているドリンクホルダーは、正方形のようなデザインになっており、500mlリットルのパックのドリンクにも対応しています。

500mlのパックのドリンクにも対応しているのは便利でとても良いと思いましたが、ちょっと残念だったのは、ストッパーが用意されていない事…。

なので、このスペースに500mlのペットボトルやサイズの小さい缶コーヒーなどを置くと、走行中にガタガタと動いてしまいます。

もし500mlのパックのドリンクホルダーを併用するデザインにするのなら、置いたドリンクを安定させるストッパーを用意して貰いたかったです。

運転席周りのドリンクホルダー2:フロントドア内側パネル

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のフロントドアの内側パネルには、ペットボトルを収納できるドリンクホルダーを用意しています。

■フロンドドア部分のドリンクホルダー:2個

このドリンクホルダーに飲み物を置いてみると、このような感じに…。

置いたドリンクが若干斜めになってしまうのは、個人的に少々残念でしたが、意外と出し入れがしやすいデザインになっているのは、好印象でした。

運転席周りのドリンクホルダー3:センターロアポケット

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、インパネ中央下に備わっている収納スペース”センターロアポケット”にも、ペットボトルを1本収納できるデザインになっています。

■センターロアポケット:1個

実際にセンターロアポケットに500mlのペットボトルを収納してみると、このような感じになります。

若干強引な感じもしましたが、まだ蓋を開けていない予備のドリンクを収納しておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

これ以外にも、ドリンクホルダーとして使える収納スペースが…

このようにドリンクホルダーが充実している新型クロスビー(XBEE)ですが、運転性周り収納スペースをドリンクホルダー代わりとして使用する事も可能です。

例えば、インパネ中央にあるインパネセンターポケットは、このように500mlのペットボルトを収納しておくのにピッタリです。

■インパネセンターポケット

このインパネセンターポケットは、手が届きやすい位置にあるので、意外と使い勝手が良い感じが…。

この新型クロスビー(XBEE)の運転席周りには、十分なドリンクホルダーが用意されていますが、長時間ドライブをする際、この収納スペースもセンターロアポケットと同様に予備の飲み物を置いておくのも良いのかなと思いました。

新型クロスビーの後部座席周りのドリンクホルダーの使い勝手をチェック

一方、運転席周りに比べて、ドリンクホルダーの数が多い新型クロスビー(XBEE)の後部座席周りですが、どこにドリンクホルダーは、配置されているのでしょうか?

この新型モデルの後部座席周りのドリンクホルダーを確認してみたところ、次の2ヵ所に用意されていました。

・シートバックテーブル:4個
・ドア内側パネル :4個

そんな新型クロスビー(XBEE)の後部座席周りのドリンクホルダーのデザイン、使い勝手を確認していく事にしましょう。

後部座席周りのドリンクホルダー1:シートバックテーブル

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)ではシートバックテーブルが装備されているのですが、運転席側/助手席側の各テーブルに2個ずつドリンクホルダーが用意されています。

■シートバックテーブルのドリンクホルダー:4個

このシートバックテーブルのドリンクホルダーに飲み物を置いてみると、このように思ったよりも安定感があります。

また、手の届きやすい位置にドリンクを置いておけるのは、とても良いと思いました。

ちなみに、この後部座席用のシートバックテーブルは、上位モデルのハイブリッドMZのみの専用装備です。下位モデルのハイブリッドMXでは、シートバックテーブルは用意されていないので、ご注意ください。

後部座席周りのドリンクホルダー2:ドア内側パネル

また、後部座席のドア内側パネルに用意されているドリンクホルダーも、新型クロスビー(XBEE)の注目ポイントの一つです。

コンパクトカーのドア内側パネルのドリンクホルダーは、左右に一つずつ用意されているのが一般的ですが、この新型モデルでは、左右に2個ずつ用意。

■後部座席ドア内側パネルのドリンクホルダー:4個

このようなデザインになっているのは、珍しですよね。

実際に、後部座席のドア内側パネル部分のドリンクホルダーにペットボトルの飲み物を置いてみると、このような感じ。

ちょうど500mlのペットボトルがスッポリと収まるデザインに…。

フロントシート用のドア内側パネルと異なり、この後部座席用のドリンクホルダーは、斜めではなく、まっすぐに収納できるのが好印象でした。

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)のドリンクホルダーを確認したところ、このようになっていました。

運転席周り/後部座席周りともにドリンクホルダーの数は、かなり充実していましたよね。
特に後部座席周りのドリンクホルダーの充実ぶりには、かなり驚かされました。

また、小さいボディにこれだけのドリンクホルダーを備えるとは、さすがスズキだなと感心をいたしました。

これだけドリンクホルダーの数が多ければ、ドリンクを買い過ぎたとしても、飲み物の置き場に困る事はなさそうですね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする