4WDと2WDで装備が若干違う!?新型クロスビーのインパネ画像レビュー

2017年の東京モーターショーで世界初公開されたスズキのコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをする事が決定しました。

今回新発売された新型モデルは、スズキの軽自動車ハスラー(Hustler)をベースにしたリッターカーモデルと言う事もあり、外装や内装は、ハスラーっぽさを感じるデザインに…。

ただ、この新型モデルの内装・インテリアは、ハスラー(Hustler)よりも質感の高さを感じるになっていました。

>>> 新型クロスビーの内装の実車画像インプレ【ハスラーとの違いは意外と大きい!?】

そんな新型クロスビー(XBEE)を、先日、見る事ができたのですが、インパネを確認したところ、4WDと2WDで若干装備・機能に違いが…。

2017年12月にデビューをするこの新型モデルの内装・インパネは、どのようなデザインなのか?また、4WD車と2WD車では、インパネにどのような違いがあったのでしょうか?

スズキから新しく発売されるリッターカー新型クロスビー(XBEE)の内装・インパネの様子を、実車画像を使って、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スズキ新型クロスビーのインパネの特徴は?

2017年12月にデビューをするスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)のインパネ内装は、このようなデザインになっています。

■新型クロスビーのインパネ

この新型モデルでは、同様にホワイトの化粧パネルを採用。
また、左右の送風口は、ヘッドライトをモチーフにした丸いデザインに…。

■新型クロスビーの送風口

ここらへんは、弟分となるスズキの人気軽SUVハスラー(Hustler)に共通デザインです。

ただ、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、ただハスラー(Hustler)を真似しただけではなく、しっかりとオリジナリティーもありました。

>>> ハスラーとの内装・インテリアの違いが気になる方は、コチラから

その一つが、空調パネルやナビなどが配置されているインパネ中央部分のデザインです。

今回新発売された新型モデルでは、インパネの中央部分にシルバーの加飾デザインを採用しています。

■新型クロスビーのインパネ中央デザイン

また、インパネの左右には、SUVらしさを演出したボルトのような装飾が…

このようにコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)は、遊び心とSUVらしいチカラ強さを兼ね備えたデザインになっているは、好印象でした。

新型クロスビーのインパネの各装備を徹底チェック!

このように遊び心とSUVらしいチカラ強さを兼ね備えたデザインになっている新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアですが、インパネにある各装備や機能のデザインや使い勝手は、どうなっているのでしょうか?

ハンドルやシフトレバー、空調パネル、各スイッチ類など、この新型モデルにインパネに備わっている各装備や機能の使い勝手やデザインを確認していきましょう。

ハンドル・ステアリングホイール

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型クロスビーのハンドル・ステアリングホイール

同じスズキから発売されているコンパクトカーの新型スイフト(SWIFT)のハンドルは、下の部分をスパッと切りっとったような”D型”シェイプになっていました。

■新型スイフトのハンドル

なので、新型クロスビー(XBEE)のハンドルもスイフトのようにD型シェイプになっていると思っていたのですが、一般的な円状のハンドルを標準装備。

ただ、今回私が見た上位モデルでは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールになっており、グリップ感は、とても良かったです。

また、ハンドル・ステアリングホイールの左右の付け根には、マニュアル車のようにシフトチェンジができるパドルシフトが搭載されているのも好印象でした。

■新型クロスビーのパドルシフト

シフトレバー

2017年12月にデビューをする新型クロスビー(XBEE)では、このようにインパネにシフトレバーを配置した”インパネシフト”を採用しています。

■新型クロスビーのインパネシフト

このシフトレバーのパネルのデザインが垂直で少し使いづらい感じがしたのは、少し気になったところですが、本革巻き&メッキ調のボタンを採用するなど、上質感のあるデザインになっていました。

エアコンパネル

また、この新型クロスビー(XBEE)で印象的だったのは、円筒状になっている空調パネル(エアコンパネル)のデザイン。

■新型クロスビーのエアコンパネル

スズキのコンパクトカー”イグニス(IGNIS)”から流用したデザインになっているのですが、後から付けたような個性的なデザインに…。

SUVらしいチカラ強さを演出していて、とても良いと思いました。

また、温度調節や風量調整は、上下にカチカチと動かすレザー式になっているのですが、操作性も意外と良いように感じました。

カーナビ

今回新発売をするスズキの新型クロスビー(XBEE)のナビは、このようにインパネから独立した、まるで後付けをしたようなデザインに…。

■新型クロスビーのカーナビ

ピアノブラック調のパネルが、ワンポイントアクセントになっていて、良いですよね。

また、今回私が見たモデルでは、パナソニック製の純正ナビ(CN-RZ73W)が搭載されていたいたのですが、フルモデルチェンジをして新発売された新型スペーシア(SPACIA)に初搭載された”3Dビュー”が、このクルマに搭載されていました。

■新型クロスビーの3Dモニター

クルマの周囲360度を立体的に表示してくれる3Dビューが、新型クロスビー(XBEE)に搭載されているのも注目ポイントの一つなのかなと、思いました。

スイッチ類

今回デビューをするスズキの新型クロスビー(XBEE)は、ハンドル・ステアリングホイールの右側に、アイドリングストップのON/OFFスイッチや、自動ブレーキなど安全装備に関するスイッチがまとめて配置されています。

■新型クロスビーのスイッチ類

スイッチを操作する機会はそれ程多く無いと思いますが、手が届きやすい位置にスイッチがまとめて配置されているのは、使い勝手は良いように感じました。

新型クロスビーの4WD車と2WD車のインパネの違いは?

2017年12月に新発売されるスズキの新型クロスビー(XBEE)は2WD車と4WD車を用意していますが、内装・インパネのデザインが若干異なります。

4WD車では、アウトドアを運転する際や降雪地域に住んでいる人に役に立つ”スノーモード”や”マッドモード”と言うドライブモードが用意されています。

また、弟分であるハスラー(Hustler)の4WDに装着されていた、下り坂を下る時に重宝するヒルディセントコントロールやグリップコントロールも新型クロスビー(XBEE)の4WD車には装着されています。

今回デビューをする新型モデルの4WD車では、これらのドライブモード、ヒルディセントコントロール/グリップコントロールスイッチを、インパネ中央のシルバー加飾された部分に設置。

■4WD車に備わっているドライブモードスイッチ

一方、”スノーモード”や”マッドモード”などのドライブモード、ヒルディセントコントロール/グリップコントロールが備わっていない2WD車では、このようにハザードランプのスイッチのみです。

■2WD車のインパネ中央部分のデザイン

このスイッチが装備されているのとされていないのでは、SUVらしさに違いがある感じが…。

この新型モデルはボディサイズも小さく、使い勝手も良いため、街乗りにもピッタリですが、少しでもアクティブに乗りこなしたい方は、ドライブモードスイッチなどが装備される4WD車の方が良いのかなと思いました。

2017年12月に新発売されるスズキの新型クロスビー(XBEE)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの内装・インパネは、ハスラー(Hustler)の兄貴分と言う事もあり、車内に乗りこんだだけでワクワクするような遊び心のあるデザインに…。

また、SUV車らしくチカラ強さを感じるデザインになっているのも好印象でした。

東京モーターショー2017年でスズキのスタッフの方にお話を聞く機会があったのですが、この新型クロスビー(XBEE)の内装・インパネは、チカラを入れて開発をしたようです。

実際にこの新型モデルの運転席に乗りこんでみると、スタッフの方が仰っている事が納得できるデザイン性・使い勝手の良さになっているように感じました。

もしこれからこの新型モデルを実際に確認をする機会がありましたら、使い勝手や見た目のデザインを、しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする