スズキ新型クロスビーの荷室アレンジ【使い勝手&広さを徹底チェック】

スズキの人気軽自動車”ハスラー(Hustler)”の兄貴分、コンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューする事が決定しました。

今回新発売された新型モデルは、ハスラー(Hustler)をベースに作られた事もあり、この新型モデルの外装や内装のデザインに、ハスラー(Hustler)らしさが…。

>>> 新型クロスビーの内装の実車画像インプレ【ハスラーとの違いは意外と大きい!?】

また、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースは、人気軽SUVのハスラー(Hustler)のものにソックリな感じが…

ただ、床下収納やサイズなど、この新型モデルの荷室・ラゲッジルームは、弟分のハスラー(Hustler)よりも使い勝手は良いように感じました。

2017年12月にデビューをするこの新型SUVの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのか?また、使い勝手やアレンジ、広さは、どのような感じになっているのか?

スズキの注目車種新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジルームの使い勝手や広さなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型クロスビーの荷室画像レビュー:広さや使い勝手を徹底チェック

2017年12月に新発売されるスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)のリヤ(後ろ姿)は、このようなデザインになっています。

■新型クロスビーの後ろ姿

ちなみに、軽SUVのハスラー(Hustler)のリヤ(後ろ姿)は、このようなデザインになっています。

■ハスラーの後ろ姿

サイズに制限のある軽SUVのハスラー(Hustler)は、真四角のデザインになっていたのに対し、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、台形のようなデザインに…。

ハスラー(Hustler)よりもドッシリとしていて、安定感のあるデザインになっているように感じました。

そんな新型クロスビー(XBEE)のバックドアを開けてみると、このような感じ、

■新型クロスビーの荷室開口部

若干荷室フロアの高さは気になったものの、荷室・ラゲッジスペースの開口部が真四角になっており、荷物が積みやすい形状・サイズになっているように感じました。

ハスラーと同様に汚れに強い素材を荷室フロアに採用

このように広くて荷物が積みやすいデザインになっている新型クロスビー(XBEE)ですが、荷室・ラゲッジスペースを確認してみて、まず印象的だったのが、使用されている素材です。

この新型モデルでは、荷室フロアに、汚れや傷に強く、また、掃除がしやすいプラスチック素材を採用。

軽SUVのハスラー(Hustler)でも同じ素材の荷室・ラゲッジスペースが採用されていましたが、泥で汚れたり水で濡れてしまったアイテムなどを気軽にガンガン積みこめるので、使い勝手は、とても良いように感じました。

荷室アレンジの豊富さも魅力の一つ

また、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、荷室アレンジのバリエーションの多さも魅力の一つです。

例えば、前後にスライドする事ができる後部座席を備えているこの新型モデルは、荷物の量や大きさに応じて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

こちらは、後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

■後部座席を一番後ろにした時の新型クロスビーの荷室の広さ

  

後部座席を一番後ろにスライドすると、若干荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭い感じが…。

一方、こちらは後部座席を一番前にスライドした時の新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

■後部座席を一番前にした時の新型クロスビーの荷室の広さ

奥行きの広さがかなり異なりますよね。

また、このように後部座席を一番前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなり、大きな荷物も積みこめそうです。

このように荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを調整できるのは、この新型モデルの魅力&特徴の一つなのかなと、思いました。

後部座席を収納すると、さらに広い荷室に…

また、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、後部座席を収納して、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事が可能です。

また、このように左右独立して、後部座席の背もたれを収納する事も可能です。

このように荷室・ラゲッジスペースのアレンジの豊富さは、他のクルマには無い新型クロスビー(XBEE)の良さだと、思いました。

ただ、この新型モデルの荷室アレンジで気になった事も…

ただ、一般的なコンパクトカーでは、6対4分割方式の後部座席を採用しているのに対し、この新型モデルの後部座席は、シートの境目が中央にある5対5分割方式を採用しています。

なので、新型クロスビー(XBEE)では、後部座席を収納してしまうと、最大で3人しか乗車できなくなってしまいます。

個人的には、他のコンパクトカーと同様に6対4分割方式の後部座席を採用して、後部座席を収納した状態でも、最大で4人乗車できるようにして貰いたかったです。

荷室アレンジの豊富さはとても魅力に感じた新型クロスビー(XBEE)ですが、この後部座席を収納した時の乗車人数の少なさは、少々気になるところでした。

床下収納(サブトランク)の広さは要注目!

また、床下収納(サブトランク)を備えているのも、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の魅力の一つです。

荷室フロアを持ち上げると、このようなデザインになっている床下収納(サブトランク)が登場します。

■新型クロスビーのサブトランク(4WD)

床下収納(サブトランク)に施された”X”マークが印象的ですよね。

この新型モデルでは、サブトランクもプラスチック素材でできているため、簡単にお手入れ・掃除ができるのも好印象でした。

また、新型クロスビー(XBEE)の2WD車では、先ほど紹介した4WD車よりもさらに広い床下収納(サブトランク)を備えています。

■新型クロスビーのサブトランク(2WD)

なので、この床下収納(サブトランク)を活用すれば、背の高い荷物もラクラク積みこむ事ができちゃいます。

ちなみに、東京モーターショー2017にいたスズキのスタッフの方の話では、この新型モデルの最大の荷室高は、120cm以上に達するようです。

このように深い床下収納(サブトランク)を備えており、背の高い荷物の積みこむを苦にしないデザインになっているのは、他のコンパクトカーには無い、新型クロスビー(XBEE)の魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

2017年12月に新発売されるスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、スズキの人気軽SUVのハスラー(Hustler)にソックリな感じがしましたが、大きな床下収納(サブトランク)など、このクルマならではの収納スペースが用意されているのが、とても良いと思いました。

また、後部座席を一番前にスライドすれば、十分に満足できる荷室・ラゲッジスペースの広さ・サイズを確保しているのも好印象でした。

このコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)の荷室は、アレンジも豊富ですし、個人的には、コンパクトカーの中でも特に使い勝手の良い荷室ラゲッジスペースを備えているなと、実車を見て思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする